ブログとWEBサイトは、WEB集客の代表的な方法です。どちらも同じホームページの仲間ですが、特徴や集客効果はまったくの別物です。

WEB集客では、媒体そのものが成果を大きく左右します。そのため、集客効果を出せるメディアを選択することが大切です。それぞれの特徴を知り、集客として活用するメディア選びに役立ててください。

ブログの集客効果とは?

ブログには大きく分けて「個人ブログ」と「ビジネスブログ」の2種類があります。

個人ブログとは、個人の体験や考えを自由に発信するWEB媒体のことです。ビジネスブログとは、企業が集客用に展開しているWEBサイトのことをいいます。ここでは、個人ブログを「ブログ」ビジネスブログを「サイト」として話を進めます。

ブログは一般的に集客効果が薄いといえます。その理由は、以下のようになります。

  1. 1.SEOに弱い
  2. 2.作りが簡素なため内部構造がわかりにくい

1.SEOに弱い

WEB集客は、SEO対策無くして成功させることは不可能です。SEOとは、日本語で「検索エンジン最適化」と訳される施策のことをいいます。私たちは、GoogleやYAHOO!などで調べものをするときに検索窓にキーワードを入れて検索します。すると、検索結果の一覧が表示されます。SEO対策は、自分のサイトが検索結果の1ページ目、さらには同じページ内でも上部に表示されることを目指す施策です。

Google社は「ユーザーの役に立つサイトを上位に表示させる」と公言しており、その基準は、キーワードに沿ったコンテンツ内容になっていることや、他のサイトからリンクをもらっていることなど、さまざまです。

個人が思い思いに記事を書くブログでは「ユーザーの役に立つサイト」と評価してもらいにくいため、検索結果の上位表示は難しいのです。

作りが簡素なため内部構造がわかりにくい

サイトを開設してユーザーに資料請求やお問い合わせなどの行動をしてもらうには「導線」の設計が大切です。導線設計とは、役に立つ情報を求めてやってきたユーザーがサイト内の記事を読むうちに商品の魅力を理解し、購買に繋がる行動を起こすまでの一連の流れを仕組むことです。

ブログは案内役となる「ナビゲーション・バー」やお問い合わせページなどの「フォーム機能」が不足していることが多いため、アクセスを集めても購買に繋がらないことが多々あります。

WEBサイトの集客効果とは?

WEBサイトを正しく運営すると、高い集客効果を見込めます。WEBサイトには、集客に有利な以下のような特徴があります。

  1. 1.SEOに強い
  2. 2.文字数やレイアウトにほとんど制限がない

1.SEOに強い

集客用のWEBサイトは、ターゲットとなるユーザーの絞り込みやテーマの設定、キーワード選定など、ユーザーを集めるための設計を綿密に立てます。そのため、ユーザーが知りたい情報をピンポイントで届けることができ、検索エンジンから「このサイトはユーザーの役に立つサイトだ」と評価されやすいのです。

2.文字数やレイアウトにほとんど制限がない

WEBサイトはブログやSNSと違って、伝えたい情報を伝えたいだけ、好きな形で発信することができます。その結果、商品紹介を存分に行い魅力を伝えたり、おすすめの記事を目立たせたりすることができます。

また、ユーザーを購買行動に導く導線の設計も自由自在です。充実したコンテンツ内容は検索エンジンだけでなくユーザーからも高い評価を得やすく、集客の成果を得やすいといえます。

こうして顧客を獲得する!Webサイトの集客戦略

WEBサイトが顧客を獲得する具体的な手法を解説します。

顧客を育てる

検索エンジンからサイトにやってくるユーザーの大半は、運営者や商品について知りません。純粋に欲しい情報があると思ったからアクセスするのです。そのようなユーザーの期待に答えるような「役に立つ情報」を提供し続けることで、ユーザーはサイト運営者に「その道の専門家」としての信頼感を抱くようになります。

時間をかけてユーザーの信頼を積み重ねることで、サイト内の商品ページに興味を示してくれる可能性が高まります。そのことは、やがてユーザーの購買行動に結びつくかもしれません。さらには、運営者や商品の魅力を知ってファンになる可能性もあります。

このように、WEBサイトを運営することで、運営者や商品について関心のなかったユーザーを顧客に育てて購買に結びつけます。

SEO対策で幅広いユーザーのアクセスを集める

WEBサイトが検索結果で上位表示するためには、SEO対策が欠かせません。現在の主流なSEO対策は「ユーザーの役に立つ記事を書くこと」です。ターゲットを絞り込み、悩みを明らかにし、解決策を提示する。この一連の流れを繰り返すことで、検査エンジンから「価値あるコンテンツを積み重ねている優良サイトだ」と評価してもらうのです。その結果、検索結果の上位表示を獲得できるようになり、アクセス数を増やすことができます。

集客をするなら「自分メディア」のWEBサイトを持とう!

WEBで集客をするなら、ブログよりもWEBサイトが優れていることが分かりました。

WEBサイトの集客の要は「ユーザーの役に立つ情報発信」です。価値あるコンテンツをこつこつと積み重ねていくことで、WEBサイトは継続的に集客効果をもたらしてくれる「資産」となるでしょう。

WEBサイトを立ち上げて、成果を上げてくれる「自分メディア」に育てましょう。