公式サイトとは異なる、自社で保有するメディア(コラム文やSNSなどを利用したオウンドメディア)を、制作サポートいたします。ディレクションからライティングまで、目的に合わせて一括してお任せください。

当社のメイン事業である「コンテンツマーケティング企画」。企業や個人事業主の方の商品やサービスを、より多くのユーザーに知ってもらうために、“Web戦略”のサポートを行っています。

インターネットにおけるマーケティング(調査)からコンテンツ(宣伝のための自社メディア)づくりまで、ワンストップ支援を行っています。

コンテンツマーケティングとは、商品やサービスの情報を適切な状態でユーザーに届けていき、その発信を定着させることで売り上げを拡大していくこと。当社が行うサービスの目的は、貴社の経営戦略の一環となります。

貴社の想いとともに、私たちライターやマーケッターが手掛ける“質の高い技術”が“ユーザーに喜んでもらえるコンテンツ”をつくりあげて、世界へ拡散されていくのです。

コンテンツマーケティングを使ってできること

コンテンツマーケティングとは、これまでのように、自社の商品やサービスの広告やPRを、見込み客に直球で投げるような販売方法ではありません。隠れているニーズの見込み客に対して、コンテンツを通して自社の存在や魅力を認知してもらい見込み客をファン化し、顧客へと導いていくのが特徴です。

あなたが提供するコンテンツと見込み客が触れ合う度にステップを踏みながら、購入などの意思決定へ進んでいきます。

(1)「売り込み型」から「ユーザーファースト」の時代へ

インターネットが未だなかった時代は、お金を掛けて広告をつくり、商品販売に繋げる。あるいは、BtoBでは、できるだけたくさんの顧客に会うためにアポイントを取ることに一生懸命でした。

しかし、今やインターネットを使って必要な情報を入手することが簡単にできてしまう時代であるため、一生懸命にアポイントを取ろうとすることがむしろ逆効果である場合も考えられます。

紙メディア(媒体)ではない、Webメディアの特性は、ユーザーとなる可能性のある人が、知りたい情報・必要とする情報を自ら積極的に検索して、企業ホームページや情報、サービスを見つけていくメディアです。

そのため、コンテンツマーケティングを利用して「有益な情報を発信している企業」として「見つけて選んでもらう」というところに視点を置くことが、事業拡大への近道となるでしょう。

(2)コンテンツマーケィングを利用するメリット

コンテンツマーケティングには、従来からある広告とは違い、そこに力を入れれば入れた分だけ、「コンテンツという財産が蓄積されていくというメリット」があります。

一度制作したコンテンツは、更に編集して活用することでそこからまた新たなコンテンツへの価値が生まれます。

(3)欠かすことができないSEO対策

蓄積されていくコンテンツをより生かすには「コンテンツSEO」(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)を行う必要性があります。

SEO対策は、見込み客やユーザーが知りたい情報を検索したときに、検索結果の上位に表示されるようにするための手法です。

コンテンツとは、文章をはじめ、画像や動画などによってつくられるものですが、ここでSEO効果と高めるために重要となるのは、Webライティングの技術です。ユーザーのことを考えた制作した質の高いコンテンツは徐々に評価されていき、検索順位を上げていくには絶大な効果をもたらします。

しかし、たとえばターゲット層が非検索者だった場合、SEO重視のコンテンツに頼りきりの場合は的外れになる可能性も出てきます。

(4)コンテンツマーケティングで購買意欲を高める

『コンテンツSEO』と『コンテンツマーケティング』の違いは、ターゲット層や見込み客が必要とする情報の変化に対応が可能かどうかというところです。

消費者側が必要とするものを自身でリサーチしているうちに、商品サービスに対する知りたい情報が変化していきます。その変化した段階で必要とする情報を適度に差し出せるのが『コンテンツマーケティング』です。

商品・サービス・考えられる行動を予測しながら、使い分けていくことも戦略のひとつではありますが、購買への成果率は『コンテンツマーケティング』の方が高いと考えられます。コンテンツマーケティングの中に、コンテンツSEOがあるという位置づけで効率的に活用しましょう。

(5)広告の役割は?

集客することを目的とし、お金を掛けて広告を出した場合、たくさんの見込み客が目にすることができれば、即効性が高いものではあるでしょう。そして、広告を手にしたその時点で、集客が見込めればその費用対効果は期待できるかもしれません。

ただし、広告の場合は、先行投資をすることをやめてしまうと、その時点で集客への効果が落ちてしまう可能性も考えられます。

対して、コンテンツマーケティングの場合は、コンテンツが評価されて、順位が上位に上がってくるまでの時間とその効果が実感できるまで、時間がかかります。
しかし、その分コンテンツが財産となっていくため、その事業を継続している限りは自社サイトに残りつつ、実績が積み上げられていくものなのです。
長期的に考えた場合、SEO対策を強化してコンテンツマーケティングを行うことの方が、コストが削減できることは明らかでしょう。

ご要望にお応えします!

このようなことから当社は、価値あるコンテンツづくりのご提案、質の高いライティング力でご対応できるご依頼に力を注いでおります。
お客様のご要望にお応えするために、コンテンツマーケティングに関するサービスを経験と実績のもと誠心誠意込めて提供しています。