よくある質問

Webを使った経営戦略において、企業の財産ともなる「オウンドメディア・コラム」制作に関する「よくある質問」をQ&A形式でまとめています。

Q:オウンドメディアとは?
A:オウンドメディアとは、「自社で保有するメディア」の総称となります。紙媒体であるパンフレットやカタログなど、そして自社サイトといった商品やサービスがわかるものすべてのことを指します。Webマーケティングにおいては、自社で運営を行い商品やサービスに関連した情報の発信を行うコラムサイトのことを対象としています。
Q:SNSで発信する宣伝との違いは?
A:Facebook・Twitter・InstagramなどのSNS(ソーシャルネットワークサービス)を活用している企業も多くあります。違いには以下のことがあげられます。
【SNS】
・検索エンジンでヒットしない
・SNSでは投稿した文章が下へ流れていくため、最新の情報を維持することができない(単発型)【オウンドメディア】
・検索エンジンでヒットする
・コラムがストックされていくと、自社の財産となる(蓄積型)したがって、中期長期的な戦略はオウンドメディアが向いています。また、SNSと組み合わせることで、効果を発揮します。
※SNSの投稿からオウンドメディアへの動線を張るとよい

Q:オウンドメディアの目的
A:目的には大きく分けてふたつあります。

  1. 商品やサービスを知ってもらうために、ユーザーと接触することが狙い
    入り口を広げれば広げるほど、アクセス数が増えて認知してもらえるきっかけになります。
  2. 商品やサービス、強いては企業のファンになってもらうことが狙い
    公式サイトや商品・サービスを紹介するページだけでは伝えられない、企業の想いを載せたせたコンテンツの配信を行うことで、認知してくれたユーザーが顧客へと切り替わる可能性が高まります。

 

Q:オウンドメディアを活用するメリットは?
A:オウンドメディアでは、ユーザーの有益となることを常に意識しながら発信していきます。そうすることで、自社の商品やサービスに興味を持つユーザーが増えていくのです。
商品やサービスを直接的にアピールしなくとも、利点や魅力を知ってもらえる幅が広くなることで、ユーザーとの接点が増えるようになります。ユーザーとの接点が増えると、マーケティングに必要となる多くの情報を入手することができるようになるのです。
たとえば、オウンドメディアでGoogleアナリティクスを活用すれば、サイトにアクセスするユーザーの分析を行うことができます。分析結果では、アクセスするユーザーの性別、地域、時間帯などがわかるので、Web集客の戦略を具体的に行うことができるようになるのです。
また、ユーザーとの接点が増えることで、新しい気づきも増えていきます。自社の分析をより深く行うことができて、次の一手が狙えるようになります。
Q:オウンドメディアの始め方は?
A:一般的なオウンドメディアの始め方について、要所だけをお伝えすると以下のとおりになります。

  1. 商品やサービスを利用するターゲット層やペルソナ(読者・ユーザー)を設定する
    「誰が(どんな人)」「何を(ニーズや困っていること)」「文章の目的(この文章を読んでどうなるのか)」などを掘り下げます。コンテンツや執筆する内容を明確にします。
  2. キーワードを抽出して文章を執筆するための企画案を作成する
    文章の目的を明確にしたら、執筆する内容を決めていきます。企画案とは、ユーザーが使用する適切なキーワードを使って、話の方向性や展開など、統一性を持たせるための指示書となります。
  3. Webサイト制作とコンテンツ制作を同時進行で進めていく
    WordPressなど、後に自社で比較的編集がしやすいシステムを利用してサイト制作を行います。タイムラグが発生しないように、同時にコンテンツ(記事を執筆)制作も進めていきます。執筆は2.で作成した企画案をもとに、目的に沿った記事をつくりあげていきます。

オウンドメディアを初めて行う場合は、コンテンツが揃うまでの間は当社のような専門会社に依頼をする方が、早く進めていくことができます。
サイト立ち上げ時は、少なくとも30~50記事ほど揃えてから公開されることをおすすめします。