コンテンツマーケティングの一環であるオウンドメディアとは、「自社で所有するメディア」の総称です。
本来は、自社のサイト全般を指しますが、コンテンツマーケティングの中ではブログのように記事で情報発信を行うことを意味します。

オウンドメディアは戦略的に行うものであり、ブログは発信者側の伝えたい想いを伝えたいときに発信するといった違いがあります。

ブログは、パソコンとインターネット環境があれば誰でもつくれる情報発信メディアです。
そのため、「個人ブログを集客に利用しようと考える」人は、多くいます。

しかし、個人ブログを活用した場合、戦略的に行われていないことが多いため、現実的には「確実な集客効果を得ることは難しい」といえます。

ここでは「個人ブログはなぜ、確実に集客できないのか」といった理由を明らかにします。
また、個人ブログよりも集客効果が高いといわれる、ビジネス向けの「オウンドメディア」を紹介します。

個人ブログでは集客効果が薄い理由

個人ブログは、一般的に集客媒体として向いてないと考えられています。ここでは、その理由を解説します。

ブログとオウンドメディア

ブログとは、英語でWebLogと表記し、Web上に日記などの文書をLog(記録)するための媒体のことをいいます。ホームページの1種です。

ブログには、「個人向けブログ」と企業向けの「ビジネスブログ」の2種類があります。
ブログという言葉は、多くの場合「個人向けブログ」の意味で使われています。ビジネスブログの場合「オウンドメディア」「自社サイト」といった呼ばれ方をします。

ここでは、個人向けブログを「ブログ」ビジネスブログを「オウンドメディア」と定義して話をします。

ブログは「形式」や「内容」の点で個人向けに特化しており、集客という点ではオウンドメディアに及びません。

オウンドメディアとの違いに見るブログが集客に弱い理由

以下で詳しく見ていきましょう。

・形式の違い

個人ブログを運営する場合、プラットフォーム一体型の無料ブログを使用することが多く、オウンドメディアに比べてユーザーが知りたい情報を探す案内の機能が不足していることがあります。
具体的には、画面の上部にある「ヘッダー」や、下部にある「フッター」左右どちらかにある「サイドバー」などの「ナビゲーションメニュー」がデフォルトでは簡素なつくりになっているため、充実した運営が行えないことが多々あるのです。

また「お問い合わせ」や「資料請求」などの「フォーム機能」が不足している場合も少なくありません。

対して、オウンドメディアは専用のテーマなどを使用する傾向にあるため、ナビゲーションメニューが充実しており、サイトに訪れてくれたユーザーを誘導しやすいつくりになっています。さらに、運営者がユーザーに対して読んでもらいたい記事や、紹介したい商品に関する記事を意図的に目立たせることもできます。

また、フォーム機能を目的に応じて設置しやすいため、記事を読んで資料や商品が欲しいと思ったユーザーがスムーズに問い合わせることができるようになっています。

・内容の違い

ブログでは、個人の体験や、ニュースなどの情報や出来事に対する考えを自由に発信する媒体です。そのため、個人がプライベートで使用するのに便利な機能に特化しています。

それに対して、オウンドメディアは、ユーザーが知りたい情報や役立つ情報に絞って発信する媒体です。「このサイトの情報、役に立つな」と思ったユーザーが次第に商品やサービス、企業に興味を持つような仕掛けが随所にあります。

そのため、コンテンツの内容も「誰に」「何を」「どんな風に伝えるか」が意図されており、計画的に書かれています。

また、このようにユーザーに役立つ情報は、GoogleやYAHOOなどの「検索エンジン」にも評価されやすく、検索結果の上位に表示されやすいのです。そのため、オウンドメディアは調べ物のためにネットで検索したユーザーのアクセスを集めやすい媒体でもあります。

以上のことから、ブログはオウンドメディアに比べて「ユーザーが求める情報を発信できる」機能や「ユーザーを購買に誘導する設計」が不足していることがわかります。そのため、ブログは商品の売り上げに結びつきにくい媒体といえます。

オウンドメディアが個人に向いている3つの理由

オウンドメディアは、以下の3つの理由から、企業だけではなく個人(事業主)の運用にも向いている集客メディアといえます。

  1. 広告費をかけずに集客できる
  2. 資産になる
  3. 更新が負担なく行えて便利

1.広告費をかけずに集客できる

テレビやラジオ、新聞、WEB広告などの集客方法は、一般的に数十万円~数千万円といった多額の広告費がかかります。対して、オウンドメディアであれば、広告会社に支払う費用が発生しないので、WEBサイトの立ち上げや運用に必要な少額のコストで運営できるメリットがあります。その点、宣伝に多額の費用をかけられない個人に向いています。

2.資産になる

広告費を支払わないと集客効果が途絶えてしまう広告と違って、オウンドメディアは一度作ってしまえば、特別なコストをかけなくても半永久的に集客効果を発揮するため、資産になります。また、集客力の高いオウンドメディアは売買することもできます。

3.更新が負担なく行えて便利

オウンドメディアの作成で近年主流となっているWordPressなどのCMSというシステムは、HTMLやCSSなどWEBの専門的な知識が無くても、WEBサイトの立ち上げや運用ができます。ブログのように投稿ボタン一つで記事を公開できるCMSもあり、更新するのが非常に便利です。そのようなCMSは、個人でも作業に負担感を感じることなく運営できるという点で優れています。

オウンドメディアはブログより効果的な集客方法!

以上のことから、オウンドメディアは、ブログに比べて集客に適したメディアです。広告に比べて費用がかからず、正しい知識を学べば運用も比較的簡易なので、個人でも集客メディアとして運営することができます。

オウンドメディアの集客効果が認知されるに従って、多くの企業がWEB集客の中心メディアと位置づけています。また、アフィリエイトなどの手法によってオウンドメディアを運営することで、多額の収益を得ている個人もいます。

そのため、今やオウンドメディアは集客に必須のツールといえるでしょう。