1.自社でライティングスクールを運営

ワーククリエーションは、ライターの育成およびライティングの指導を行うために自社でスクールを運営しています。

2016年10月からスタートしたライティング事業。ワーククリエーションは、ライターの育成およびライティングの指導行うために自社でスクールを運営しています。

沖縄県・東海エリア・関東エリア・関西エリアを中心にライターの育成を行ってきました。

当時より、在宅で仕事が行えるリモートワークを導入し、結婚・出産、そして子育て中や親の介護をする女性が時間にとらわれず遠隔で作業が行える仕組みづくりに、注力を行ってきました。

2. 質の向上を追求する

インターネットの普及や社会情勢が進むにつれて、近年では時間に制約のある人に限らず、働き方そのものが自由に選択できる時代となりました。

そのことから、多くの人が「副業」や「フリーランスという働き方を選びはじめている」傾向にあります。その中でもWEBライターは、もっとも注目されている職業のひとつです。

さまざまな情報が混在して始めたことから、ライターという職業の本質を知らずに、テクニックだけに走ってしまう人も多くいます。

すると、本来のライティング技術が磨かれないまま仕事を始め、WEBメディアもそのような文章を取り扱い『粗悪な記事が多く目立つ』という残念な結果になっているのも事実です。

今後、さらに需要が高まっていくWEBライター。当社は、「短期間で高額な収入を得る」といった過大広告と競わずに、あくまでも「コトバの大切さ」「質の向上」にこだわり続けます。

3.ひとりでも多くの女性が生涯にわたり社会で活躍していけるように

男性と比べると、女性はライフイベントが多くあります。

ライティング事業は、『女性のライフステージが変わっても、キャリアアップし続けられる場所をつくりたい』という想いから始まりました。

「人の心を動かす執筆力」は一生モノの技術です。

テクニックだけでなく「言葉の大切さ」「伝えることの大切さ」といった、ライティングの基礎をしっかりと身に付けることで、如何なる環境下においてもキャリアアップがめざせます。

ライティングを身に付けることでWEBライターとしての活躍はもちろん、実力をつけていくことで「校正・編集ライター」や「ライティング講師」として収入を得ることも可能です。

さらに、マーケティングの知識をつけていくことで、SEOやWEBコンサルタント業務を行うこともできるようになります。

「ライティング・ビジネスアカデミー」では、ひとりでも多くの女性が生涯にわたり社会で活躍していけるように、未来へのサポートを行っています。

4. 『学ぶ』『仕事』『稼ぐ』が一体になったスクール

ワーククリエーションでは、『学ぶ』『仕事』『稼ぐ』は一体であると考えています。

なぜなら、技術を取得しても実践で使えなければスキルを磨くことができないからです。

また、スキルが身についても仕事を獲得できなければ、収入を得ることはできません。

そして、同じ収入を得るならば、経済的自立をめざすために『稼ぐ力』を養うことです。

そこで、ワーククリエーションは学びながら『実践』できるスクールの運営を開始しました。