ブログコンテンツ

ビジネスブログで集客する方法!コツをマスターして売上に直結させる

2021-04-24

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

オオニシ
オオニシ
集客を目的としたビジネスブログは、日記や雑記のようなものではなく、『お役立ち情報』や『お悩み解決型』であることが必須です。SEO対策とも非常に相性がよいので、書き方ルールをマスターしましょう。

こんな方におすすめ

  • ビジネスブログ集客の始め方を知りたい人
  • 毎日個人的な日記ブログを書いてきてしまった人
  • 顧客層を広げてファンを増やし集客を楽にしたい人

万能なWEB集客の方法といえば、真っ先に『ブログ』が挙がります。しかし、「とりあえずブログを始めてみよう」と思い付きで取り組んでいては、目的を達成できません。

集客を目的としたブログには、必ず戦略が必要です。その日の出来事だけを書くような日記ブログや雑記帳のような記事では、時事ネタになってしまうため長期的に集客に結び付けることは難しいといえます。

長期的な集客を狙う場合は、お客さまになってもらいたいターゲット層をイメージして、Googleなどの検索エンジンからブログにたどり着いてもらうことが必要です。

そのためには、ブログの方向性として、ユーザーのためのお悩み解決型のビジネスブログやコラム記事などが有効です。

ここでは、ブログ集客をする方法とコツを『方向性』『高品質』『満足度』の3つに分けて紹介します。

お好きなところからお読みください

Contents

ブログで集客を図るための基礎知識

ブログで集客を図るためには、露出を増やしてターゲット層に見つけてもらうところから始まります。

インターネット上にはサイトが無数にあるため、自分のWEBサイトやブログに訪問してもらうためには、戦略と対策を行わなければなりません。

 

ブログで集客を図るための方法

ブログで集客を図るためにはいくつかの方法があります。中でも検索エンジンによる方法(SEO)が、お悩み解決型ブログの集客方法には有効です。

SEOとは、Search Engine Optimization(サーチ エンジン オブティマゼーション)の頭文字を取って略した用語です。

GoogleやYahooなどの検索エンジンで検索結果が上位に表示されるための手法や施策のことを指します。

 

主な集客方法

ブログを活用して集客する方法の中でも、代表的なものを紹介します。

 

検索エンジンからの集客(SEO)

もっとも代表的な集客方法が、検索エンジンによる集客です。

読者がサイトを訪れる際には、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンを使って悩みや疑問を検索し、検索結果に表示されたサイトに訪れます。

 

SNSからブログへ繋げる

TwitterやFaceBook、InstagramといったSNS(ソーシャルネットワークサービス)からブログへ繋げるケースです。

SNSのメリットは、個人でも情報を簡単に発信できるところです。フォロワーを増やすことで、ブログへの流入を促すことができます。

 

有料広告を活用する

有料広告には、Googleなどの検索結果の上位に掲載されるリスティング広告や、SNS上に掲載されるものがあります。

有料広告と、検索エンジンやSNSとの違いは、お金を払うことで多くの人の目に触れるという点です。

 

他サイトにリンクを貼られることによる集客

他サイトに、ブログのリンクを貼ってもらうことで流入を促す方法です。

ある程度の流入が見込める方法ではありますが、他サイトからの評価次第なので自分では具体的には何かできるわけではありません。

他サイトから評価にしてもらえるような、良質な記事を長く書き続けることが必要です。

 

有効な集客方法は検索エンジンによる集客(SEO)

個人のビジネスブログで集客を図るには、検索エンジンからの流入が有効です。

検索エンジンとは、インターネット上の情報を検索システムのことです。利用者が多い代表的な検索エンジンとしては、GoogleやYahoo!、Bingなどがあります。

検索エンジンからの集客が有効な理由は主に3つあります。

 

1. 集客したい層を集めることができる

検索者は悩みや問題を解決するために、検索エンジンにキーワードを入力し検索をして表示されたお悩み解決型ブログやWEBサイトにたどり着きます。

そこで、検索者の悩みや問題点を解決できる情報や必要としている情報を提供することで、リピーターになってくれる可能性が高くなります。

また、実際にブログを読んだ後に、ユーザーにどういったアクションを取ってもらうのか考えたうえで、CTAボタンを設置することで商品購入やサービスの利用といった行動につなげることもできます。

※CTAとは:『Call To Action』の略。自社ホームページを訪れたユーザーに購入や資料請求など、何かしらの行動を起こしてもらうための要素

 

2. 広告費がかからない

検索エンジンからの自然流入は、広告費は不要です。SEOのルールをしたがってブログを書くことができれば、集客へとつなげられます。

ブログから集客ができれば、「広告費がかからない」のは大きなメリットです。

 

3. お悩み解決型ビジネスに特に有効

私たちは、悩みや問題を解決するときや情報を集めるときには、Googleなどの検索エンジンを使って検索をします。

ブログを書く前に、あらかじめ設定しておく検索者イメージ(ペルソナ)に求められている情報を提供することで、信頼関係が築いていけます。

そのため、検索エンジンを使った集客方法は、お悩み解決型ビジネス(医療系・美容系・健康系・コーチ・コンサルティング系など)が特に有効です。

 

検索結果で上位に表示させる方法

検索からの潜在顧客(未来のお客様)や見込客を増やすためには、検索結果で記事を上位に表示させなければなりません。そのためには「SEO対策」が有効です。

 

SEO対策とは

SEO対策とは、「Search Engine Optimization (サーチ エンジン オブティマゼーション)」の頭文字をとったもので、日本語にすると「検索エンジン最適化」となります。

SEO対策は、検索エンジンの検索結果ページの上位にWebサイトを表示させるための施策のことです。

検索エンジンにキーワードを入力して検索すると、検索結果の一覧が何ページにも渡り表示されます。

その中から読者に自分のブログを見つけてもらうためには、なるべく上位に表示させる必要があります。

たとえば、オーガニック(自然)検索の場合は、1ページに10件表示されます。80%の検索者は、1ページ目に表示された結果から目的の情報ページを探します。

そのため、できる限り1ページ目に表示されることが重要になります。そこで必要になるのがSEO対策です。

SEO対策では、Google検索で上位に表示させるための対策を行います。日本で使用されている検索エンジンの代表的なものがGoogleとYahoo!です。

Yahoo!の検索エンジンはGoogleのものを借りて行っているので、GoogleへのSEO対策ができていればYahoo!への対策もおおむねできているということになります。

 

SEO対策の考え方

SEO対策はGoogleの理念に基づいて行います。理念に沿ったものが評価され、より高品質なWEBサイトであると判断されます。

 

SEO対策で重視されるのはユーザーファースト

SEO対策では、「検索してたどり着いた読者が満足する記事を提供する」ということを最も重要視します。

Googleは、検索者が入力して検索した内容に対して、よりよい検索結果を得られることで満足してほしいと考えているためです。

そのため、検索者・読者が求める情報であること、つまり「ユーザーファースト」であることが非常に重要であり、検索エンジンからの評価のポイントにもなります。

 

WEBサイトの評価を行うのはクローラー

クローラ&インデクサ

Googleからの評価は、『クローラー』という検索ロボットが行います。

WEBサイトがインターネット上に公開されると、クローラーがWEBサイトを巡回します。クローラーはインターネット上のあらゆる情報を可能な限り収集します。

それらの情報をもとに、検索データベースにWEBサイトやブログなどの記事・ページが登録されてインデックスされていきます。インデックス作業を行うのが『インデクサ』というロボットです。

すると、WEBサイトが検索エンジンに表示されるようになります

検索結果で上位に表示させるためには、クローラーに高品質なサイトであると判断される必要があります。

 

クローラーに評価される具体例

クローラーが高品質であると判断するのは、読者が満足する記事を提供しているWEBサイトです。Googleはユーザーファーストを掲げているためです。

具体的には、以下のとおりです。

  • 読者が求めている情報を得られる
  • 読みやすくわかりやすい
  • 独自性がある
  • 被リンクが貼られている(他のサイトから評価されている)

これらの条件を満たすことで、高品質なWEBサイトであると判断されます。

ブログで集客を図る上では、SEO対策は欠かせません。SEO対策では、「ユーザーファースト」と常に意識し、読者にとって有益なWEBサイトをつくっていくことが基本となります。

 

集客をするためのコツ[1] ~方向性~

ペルソナ設定とは顧客ターゲットを絞り込むこと

 

ブログで集客を図るためには、ブログ全体の方向性を決める必要があります。ブログの方向性を決めるもととなるのが、ターゲット設定とキーワード選定の2つです。

 

1. ターゲットを決める

ブログの方向性を決める際に、まず必要なのが「ターゲット設定」です。具体的なターゲットを設定することで、ブログのテーマや目的を明確にすることができます。

 

ターゲット設定はブログで集客をするために必須

ブログで集客を図るためには、ターゲットの設定が非常に重要です。ターゲットとは、ブログにたどり着いてくれるお客さまのことです。

「誰」に向けた「どんな悩みを解決する」文章なのかを明確にすることで、お客さまを呼び寄せやすくなります。

ターゲット設定が必要な理由は、ブログに書いている情報を必要とする潜在顧客(未来のお客さま)に届けるためです。

どのように優れた商品やサービスであっても、万人受けすることは難しいといえます。年代や性別、立場などによって、必要とするものが違うためです。

同じようにブログの情報も、どんなに良質な記事であったとしても、すべての人に沿った内容にすることはできません。

 

より明確なターゲットを設定することが重要

根強いファンを獲得するためには、どの層にアプローチをすればよいのかをよく考えることが必要です。

すなわち、より明確なターゲット設定をすることが重要となるのです。

明確なターゲットを設定することで、どのような記事を書けばいいのかといったテーマが見えてきます。

例えばダイエットの記事を執筆するとします。一言で「ダイエットの情報」といっても、ターゲットが「男性なのか女性」や「若者なのか中高年なのか」「独身なのか既婚」などによって、記事の内容が変わります。

ターゲットを明確にした記事を書くことで、より必要としている人に情報を届けることができます。

不特定多数の誰かではなく、明確なひとりのターゲットに情報を届けることで、情報を必要とする読者が集まるのです。

 

ターゲット設定の仕方

ターゲットを設定する際には、必要となるポイントを押さえながら具体的な人物像を考えます。ブログのテーマや目的が曖昧になってしまわないように、ターゲットは1つに絞るようにします。

 

ターゲット設定のポイント

ターゲットを設定するポイントは主に以下のようなものがあります。

  • 性別
  • 年代
  • 職業
  • 家族構成
  • 趣味
  • 悩み・解決したいこと
  • 記事を読んで取ってもらいたい行動

必ずしもすべての内容を網羅する必要はありません。記事の内容によっては必要でない情報もあるためです。執筆する内容に合わせて、必要な情報を取捨選択します。

 

より具体的なターゲット像

ターゲットを設定する際は、より具体的なものにします。設定するターゲット像が具体的であればあるほど、記事の方向性が決まります。

例えば、ダイエットの記事であるならば、「40代の男性」というだけのターゲット像よりも、「自炊はほとんどしない」や「仕事が忙しく時間がとれない」という情報があった方が、記事の内容がより読者に沿ったものになります。

具体的なターゲット設定をする際には、身近な人物を参考にするのがよい方法です。

また、ターゲットにしたいような人物が身近にいない場合は、インターネットのお悩みサイトなどを見て参考にするという方法もあります。

 

1記事1ターゲット

ターゲットを設定する際は、基本的には1つの記事に対して1つのターゲットを設定します。複数のターゲットを設定してしまうと、記事の内容が定まらなくなります。

ターゲットを1つに絞ると、入口が狭くなってしまい集客に結びつかないのではないか、という不安もあります。

しかし、情報をより必要としている読者に届けるためには、不特定多数ではなく、たったひとりを意識した記事にする必要があるのです。

 

2. キーワードを決める

ターゲットが決まったら、次は「キーワード」を選定します。キーワード選定は、ターゲット設定と並んでSEO対策では重要な要素です。

SEO対策は検索意図を考えてキーワードを選ぶ

ユーザーの検索意図を満たす、SEOコンテンツの制作を行いましょう。

 

キーワード選定はSEO対策では必須

キーワードとは、インターネットで検索する際に、Yahoo!やGoogleなどの検索窓に入力する言葉のことです。

読者は悩みや疑問をキーワードとして検索を行い、検索結果として表示されたWEBサイトを閲覧します。よって記事を書く際には、適切なキーワードを選定することが必要となります。

また、どんなに良質な記事を書いていたとしても、検索で上位に表示されなければ読んでもらうことはできません。そこで、キーワードを選定する際には、検索で上位に表示されるものを選定する必要があります。

 

キーワード選定の方法

キーワードは(1)(2)(3)の方法に沿って選定していきます。

 

(1)ブログの目的を明確にする

まずはブログが誰にどのような情報を提供するものなのかを明確にします。ブログの目的が曖昧であると、選定したキーワードも曖昧なものになってしまいます。

 

(2)キーワードをリストアップする

ブログの目的が決まったら、キーワードをリストアップしていきます。

目的に関係のありそうなものや読者が検索しそうなワードを挙げていきます。

この際には、類義語や同義語、関連するワードについてもリストアップします。競合するサイトがどのようなキーワードを用いているのかを調査するのも有効です。

 

(3)キーワードを選別する

ある程度のキーワードが洗い出せたら、次に選別を行います。

この時に見るのが検索ボリュームです。検索ボリュームとは、月にどれだけ検索されているキーワードなのかということです。

ほとんど検索されていないキーワードを選定したとしても、そもそも検索されていないのですからそこから読者がブログにたどり着くことはありません。

メインとなるキーワードはある程度の検索ボリュームがあり、かつ競合が少ないものを選びます。

メインとなるキーワードは1語でなくても構いません。1語の場合は競合サイトが多くなるためです。

例えば、「ダイエット」という1語をメインのキーワードにするよりも、「ダイエット レシピ」という2語にした方が、競合が少なくなる上に、より読者を絞り込むことができます。

 

キーワードの配置

選定したキーワードは、適切に配置するようにすることで、SEO対策となります。キーワードをむやみに多用するのは良い方法ではありません。
主に配置するのは、「タイトル」や「見出し」、「ディスクリプション」です。

 

タイトル

タイトルとは、検索した際に出てくる記事の題名です。タイトルはSEO対策では最も重要視されます。

よって、選定したキーワードはすべてタイトルに必ず入れるようにするのが基本です。

タイトルにキーワードを配置する時は、なるべく前方に配置するようにします。

 

見出し

見出しとは、ブログ内で情報ごとのまとまりにつけるタイトルです。WEBページでは目次のような役割を果たします。見出しにキーワードを入れる際は、文章の内容を簡潔に示すキーワードを入れるようにします。

 

ディスクリプション

ディスクリプションとは、検索結果が表示された際にタイトルの下に表示される、記事の概要や要約を書いた文章のことです。

読者が検索したキーワードがディスクリプションに含まれている場合は太字で表示されるため、目につきやすくなります。

 

集客をするためのコツ[2] ~高品質~

SEO対策はコンテンツの質が重要

 

集客を図るためには、高品質なコンテンツを提供する必要があります。読者が必要としている情報と専門性・権威性・信頼性の高い情報を提供している記事は高品質なコンテンツであると判断されます。

 

読者が必要としている情報を提供する

ブログを書く上で大切なのは、読者が必要としている情報を提供することです。これはGoogleが掲げるユーザーファーストにもつながる、重要な要素です。

よくありがちなのが、記事の内容が個人の日記のようなブログになってしまうことです。

例えば、美容室のブログであるのに、投稿されている記事の内容が店主の趣味や日常の食事といったものばかりであるとします。

趣味や日常をブログにすることで集客を図ることができるのは、芸能人や有名人といった著名な人物の場合です。一般人が個人の日常を投稿し続けたとしても集客にはつながりません。

読者は悩みや疑問があって、解決するためにインターネットで検索をしています。よって、記事は読者の悩みや疑問に沿うものでなければならないのです。

ブログに投稿する記事の内容は、ターゲットとキーワードから選定したものにします。

 

専門性・権威性・信頼性の高い記事を提供する

google検索では、専門性・権威性・信頼性が高いサイトやページを評価することが明示されています。この3つが満たされた記事は高品質であると判断されます。

 

専門性の高い記事

専門性が高い記事とは、1つのジャンルに特化した記事です。専門性の高い記事は、読者のニーズに素早く的確にこたえることができるために重要視されています。

記事の専門性を高めるためには、先述したターゲットとキーワードが重要となります。

サイトのテーマを1つに絞ることで、関連した内容の記事やより詳しい内容の記事が増えていくことになります。

1つのジャンルに特化した記事を提供し続けることで、専門性の高いサイトであると判断されます。

個人のビジネスブログでは、特に専門性を特に意識するようにします。専門性を高いブログを運営し続けることで、読者の目に留まりやすくなり自然と権威性と信頼性が高まるためです。

 

権威性の高い記事

権威性の高い記事とは、知名度やブランド力のある記事のことです。有資格者や専門家、実績を持つ人物の記事であると、それだけで信頼度が高くなります。

自身のブログの知名度が上がりブランド力のあるものになるのが一番確実な方法ですが、時間も労力もかかります。

権威性を高めるためには、まずは著者名や運営会社名をきちんと開示することから始めます。

また、すでに権威性のあるWEBサイトからリンクを貼られることで、自身のブログの権威性が上がります。他のWEBサイトから評価されるためには、より良い記事を発信し続ける必要があります。

 

信頼性の高い記事

信頼性の高い記事とは、いかにその記事の内容が信用できるのかという記事のことです。

信頼性の高い記事を書くには、情報を詳しく正しく開示するということが重要です。

また、専門性の高いWEBサイトからの引用をするという方法もあります。信頼のおけるWEBサイトからの引用があるサイトは信用性が高いと判断されます。

信頼性をより高めるためには、先述したように専門性の高いブログを運営し続けるということも必要です。

 

集客をするためのコツ[3] ~満足度~

集客を図るためには、満足度の高いコンテンツを提供する必要があります。読者にとって読みやすい記事を提供し、定期的に修正・更新している記事は満足度の高いコンテンツであると判断されます。

 

読みやすい記事を書く

読者に読んでもらうためには、読みやすい記事を書く必要があります。読みやすい記事とは、構成に則って書かれたわかりやすい記事のことです。

 

執筆前に文章構成をつくる

記事を書く前は、必ず文章構成をつくるようにします。文章構成とは、文章を書く上での設計図のようなものです。

 

わかりやすい記事には文章構成が必須

いざ記事を書く際に、いきなり執筆を始めてしまうのはよくありません。家を建てる際には、どういう間取りにするか、どこにどの材料を使うかなど、必ず設計図を描きます。

同じように記事を書く際にも設計図となる文章構成がなければ、伝えたいことが伝わらない曖昧な文章になってしまいます。

また、書く内容を整理しながら執筆することになるので、非常に時間もかかります。

記事執筆前には文章構成を必ず作成して、どういう内容をどういう順番で書くのかをあらかじめ考えておきます。

そうすることで、記事の内容が逸脱してしまうことを防ぐだけでなく、執筆時間を短縮することもできます。

 

文章構成の作り方

文章構成は、必要な要素をピックアップし、見出し、内容の順に考えていきます。文章構成が完成して初めて執筆に取り掛かります。

 

(1)必要な要素をピックアップ

文章構成をつくる際は、ターゲットとキーワードから記事に必要な要素を洗い出すことから始めます。

キーワードからの検索結果で上位に表示される競合サイトに記載されている内容を確認しながら、執筆に必要な要素をピックアップしていきます。

 

(2)見出しを構成

要素や内容が出揃ったら、記事の目次となる見出しを考えます。見出しを考える際も、検索結果で上位表示される競合サイトを参考にします。

記事にする上での全体の流れや読みやすさを考えながら、見出しを構成していきます。

 

(3)内容を構成

見出しが構成できたら、内容を箇条書きにします。

内容を考える際は、記事をどういう順番で書くのか、読者が読む上で流れが悪くないか、不要な内容はないかなど、細かくチェックしながら作成します。

 

記事は簡潔で読みやすい文章にする

ブログの記事を執筆する際は、簡潔な文章で書くことを意識します。読みやすい文章にするポイントはたくさんありますが、代表的なものを4つ挙げています。

 

(1)一文を短くする

一文が長いと冗長な文章になってしまい、読者は理解しにくいだけでなく疲れてしまいます。一文は長くても60字程度までを目安とし、それ以上長くなる文は二文に分けるようにします。

 

(2)結論から先に書く

小説の場合は順を追って読み進めていくので、結論を最後にかく起承転結という形が一般的です。

しかしブログの文章の場合は、まず結論を書くようにします。結論が後回しの文章は読むのに時間がかかりそうであると判断され、読む前に読者がサイトを離れてしまう可能性があるためです。

 

(3)1つの見出しに対して1つのテーマで書く

伝えたいことがたくさんあるからといって、1つの見出しの中に複数の内容を書くと何を伝えたい記事なのかがわからなくなり読者が混乱します。
1つの見出しに対しては1つの記事内容を書くことを徹底し、話題が変わる場合は新たに見出しをつけるようにします。

 

(4)指示語を使わない

指示語とは、「この」「あの」など前に出てきた言葉を置き換える「こそあど言葉」です。

指示語が出てくると読者は前の単語や文章に戻って読み直さなければならない場合があります。また、WEBサイトを評価するクローラーも、前の単語に遡って指示語を理解することはできません。

ブログの文章ではなるべく指示語は使わずに、きちんと単語で書くようにします。読者が読みやすいだけでなく、SEO対策にもなります。

 

記事のリライトをする

読者を満足させるコンテンツを作るには、記事を公開した後のリライトが必要です。リライトにはやり方があり、すべての記事を見直すというわけではありません。

 

リライトを行う理由

リライトとは、一度公開した記事をより読者が求める記事へと加筆修正を行うことです。記事は公開することで終わりではなく、定期的にリライトが必要となります。

リライトを行う最も大きな理由は、検索順位を上げるためです。集客を図るためには、検索順位を定期的に検証して、上位表示されるようにリライトをしなければなりません。

リライトをすることで、Googleに再評価されることになって順位が変動します。

また、公開した記事は時間が経てば情報が古くなります。公開時点では最新であった情報も、時間の経過によって間違った情報になることがあります。間

違った情報を公開し続けることは、ブログ自体の信用問題に関わってきます。古い情報や間違った情報がないか、定期的に見直してリライトをする必要があります。

新規記事を投稿し続けるだけで集客を図るのは難しいものです。

公開した記事をよりニーズに沿ったものへとブラッシュアップしていくことで、WEBサイト全体の質が上がります。リライトは、ブログを運営し集客を図っていく上で欠かせない作業なのです。

 

リライトのやり方

リライトは長い目で見た作業となるので、まずはブログ内の記事を充実させるところから始めます。

リライトとはすでにリリースされている記事を、テーマや書いている意味は同じ状態でより良い文章に書き換え、ユーザーの利便性を考慮したコンテンツへとブラッシュアップしていく作業のことです。

リライトはメディアを成長させるために欠かせない施策ですが、公開直後は検索エンジンに評価されている確率が低いので、ある程度の時間が必要です。

記事を公開してから2カ月から半年後くらいを目安にしましょう。

 

記事の選定

記事を公開して1~2カ月後に、検索順位を確認して見ましょう。

リライトを行う記事を選定します。リライトの対象となるのは検索順位が比較的上位にある記事です。(30~50位圏内)

あまりにも検索順位が低い記事の場合は、リライトを行っても検索順位が大幅に上がることは考えにくく、根本的な見直しが必要となります。

対して、検索順位が1~5位といった上位の記事も、ある程度の評価を得ていることになるのでリライトの対象とはなりません。

ひとつの考え方としては、必ずしも1位になることが必要ではなく、複数のキーワードで常に10位以内に入っていれば、ユーザーに印象付けやすくなります。

情報が古くなってしまったものもリライトの対象となります。

検索順位は、Googleのサーチコンソールで測定できます。

 

記事の見直し

リライトする記事を選定したら、次は記事を見直します。記事の見直しは読者のニーズや競合するサイトを調査しながら行います。

リライトを行う際にも、ユーザーファーストは必ず意識するようにします。また、SEO対策としてキーワードが適切に配置されているかも見直します。さらに古くなった情報の更新も行います。

 

効果検証

リライトをした記事は、必ず効果の検証をするようにします。リライトによって検索順位が下がる場合もあるためです。

効果検証はリライトした記事の公開後、1カ月後を目安に行います。効果が見られないようであれば、ニーズや競合の調査を行い、さらにリライトを繰り返します。

 

ブログ集客にはSEO対策のための3つのコツがある

ブログで集客を図るには、検索結果で上位に表示されるための「SEO対策」が必須です。

まずはターゲットとキーワードを設定してブログの「方向性」を決めます。記事を書く際には、読者が必要としている情報と「高品質」な記事を提供することを意識します。

また、読みやすい記事を書くことと更新をすることで読者の「満足度」を満たす記事となります。

この3つのコツを理解し、集客できるブログの運営をしていきましょう。

-ブログコンテンツ
-,

© 2021 SEOライティングスクール / 株式会社ワーククリエーション