• HOME
  • COLUMN
  • SEO
  • Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携方法を解説!

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携方法を解説!

SEO

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

オオニシ
オオニシ
GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの違いは、分析がWEBサイトの訪問前か後かという点です。Googleアナリティクスは、WEBサイトへの訪問者の反応を分析するツールです。WEBサイトの目標を達成するための課題を洗い出し、改善していくために利用します。対して、GoogleサーチコンソールはWEBサイトに訪問する前の検索エンジンの状況を分析するツールです。

Googleアナリティクスと並び、WEBサイトの運営には欠かせないといわれるGoogleサーチコンソール。どちらもGoogleが提供する計測ツールとして人気があります。

一見、両者は似ているため、「初心者には区別がつきにくい」という声も聞かれます。

ところが、2つのツールを使う目的には明確な違いがあり、連携させることでより効率的な分析ができるのです。

ここでは、Googleアナリティクスとサーチコンソールの違いと連携について解説します。

 

Googleアナリティクスとサーチコンソール

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの違いや連携についての前知識として、それぞれの特徴について解説します。

 

Googleアナリティクスはアクセス解析ツール

Googleアナリティクスは、Googleが提供するアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスではアカウント登録をして、解析したいWEBサイトにタグを埋め込むことで、アクセスデータの収集や解析ができます。

WEBサイトの制作をWordPressで行う場合は、「プラグイン」の設定で行うこともできます。

※「GoogleアナリティクスとWordPress」のリンクを貼る

Googleアナリティクスを使用すると、主に以下のことがわかります。
・WEBサイトへのアクセス数
・ユーザーの属性
・WEBサイトへの流入経路
・訪問者のWEBサイトでの行動
・WEBサイトの目標の達成状況

Googleアナリティクスは、訪問者のWEBサイト内での行動について分析するツールです。また、広告やSEOでどれだけ効果が出ているのかも分析できます。

 

GoogleサーチコンソールはSEO解析ツール

Googleサーチコンソールは、Googleが提供するSEO解析ツールです。
GoogleサーチコンソールもGoogleアナリティクスと同じく無料で利用できます。Googleサーチコンソールを利用するためには、Googleアカウントでログインしてサイト情報を登録します。

Googleアナリティクスと同じく、登録は数分で終わる簡単な作業です。

サーチコンソールを使用することで、主に以下のことがわかります。
・サイト訪問者が検索時に使ったキーワード
・WEBサイトの検索順位
・WEBサイトが検索順位に表示される状態かどうか
・ページごとのクリック数
・WEBサイトに発生した問題の確認

Googleサーチコンソールは、訪問者がWEBサイトにアクセスするまでの行動について分析し対策をするツールです。Googleサーチコンソールは、サイトへの集客力を分析するためには必須のツールであるといえます。

 

Googleアナリティクスとサーチコンソールの違いと連携

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールには明確な違いがあり、連携することでWEBサイトのより詳細な分析が可能になります。

 

アナリティクスとサーチコンソールの違い

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの違いは、分析がWEBサイトの訪問前か後かという点です。

Googleアナリティクスは、WEBサイトへの訪問者の反応を分析するツールです。WEBサイトの目標を達成するための課題を洗い出し、改善していくために利用します。

対して、GoogleサーチコンソールはWEBサイトに訪問する前の検索エンジンの状況を分析するツールです。ユーザーをWEBサイトに呼び込むためにGoogleに評価されるWEBサイトを作るために利用します。

また、サーチコンソールには、クローラーの巡回を促すなどのサイト運営の施策に関する機能が備わっています。

 

連携することによるメリット

Googleアナリティクスとサーチコンソールは連携させて利用できます。
2つを連携させるメリットは、WEBサイトへの集客から目標達成まで一貫して分析や管理ができるという点です。

Googleアナリティクスでは、訪問者の属性やWEBサイト内での行動を分析することで、WEBサイトの内容改善や目標達成のための施策を立てることはできます。しかし、訪問者をWEBサイトに流入させるための対策を立てることはできません。

そこで、Googleサーチコンソールを連携させることによって、Googleアナリティクスの画面で検索キーワードやクリック数といった、WEBサイトへの流入に関するデータが分析できるのです。

Googleサーチコンソールの分析によって、検索結果でWEBサイトを上位に表示させユーザーの流入を促すための対策を行います。

ユーザーが流入した後は、Googleアナリティクスの分析によって行動や属性を分析して目標の達成のための対策をします。

2つを連携させることで、これらのWEBサイト訪問前後の分析が一貫してできるようになります。

 

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを連携方法とレポートの確認について解説します。

 

連携の手順

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携は以下の手順で進めます。連携は数分で終わる作業です。

1.Search Consoleのデータ共有設定

Googleアナリティクスにログインして、「集客レポート」の「Search Console」の「検索クエリ」をクリックします。
Googleサーチコンソールとの連携ができていなければ、「このレポートを使用するにはSearch Consoleの統合を有効にする必要があります」という画面が表示されます。
ここで、「Search Consoleのデータ共有を設定」をクリックします。

 

googleanalytics-sc1

 

2.プロパティ設定

プロパティ設定画面が表示されるので、ページ下部にある「Search Consoleを調整」を選択します。

 

googleanalytics-sc2

 

3.Search Console設定

「Search Consoleの設定」という画面が表示されるので、説明文の最後にある「追加」をクリックします。

googleanalytics-sc3

4.連携するサイトの選択

「Google Search ConsoleとGoogleアナリティクスのプロパティを関連付ける」という画面で、サーチコンソールに登録されているWEBサイトの一覧が表示されます。

ここで、Googleアナリティクスと連携したいWEBサイトを選択します。

 

googleanalytics-sc4

 

すると、「Googleアナリティクスにプロパティを関連付ける」という確認画面が表示されるので、「関連付ける」をクリックします。

 

googleanalytics-sc5

 

「関連付けられているサービス」という画面が表示されれば連携が完了です。

 

googleanalytics-sc6

 

レポートの確認

連携が完了すると、Googleアナリティクスからサーチコンソールのレポートを確認できるようになります。
Googleアナリティクスにログインし、「集客レポート」の「Search Console」にグラフが表示されていれば、正常に動作しています。

 

確認できる主なデータ

Googleアナリティクスからは、Googleサーチコンソールの以下のデータを確認できます。

・クリック数:Google検索結果でWEBサイトのURLがクリックされた回数
・表示回数:検索結果にWEBサイトのURLが表示された回数
・クリック率:表示回数のうちWEBサイトのURLがクリックされた割合
・平均掲載順位:検索クエリに対するWEBサイトの平均順位

 

確認できるレポート

Googleアナリティクスからは、以下の項目別にデータが見られます。項目別のデータを見ることによって、キーワードが適切であるかということやSEO対策ができているかなど、より細かい分析ができます。

・ランディングページ
ランディングページとは、訪問者が最初に閲覧するページです。ランディングページで離脱してしまう訪問者が多ければ、WEBサイトの目標達成が難しいということがわかります。

・国
訪問者が居住している国です。海外からの顧客を想定している場合はチェックするようにします。

・デバイス
訪問者がWEBサイトを閲覧する際に使っていたデバイス(パソコンやスマートフォン、タブレットなど)です。デバイスを分析することで、検索ボリュームが多いデバイスに合わせたサイト作りをします。

・検索クエリ
検索クエリとは、訪問者がWEB検索をする際に検索窓に入力するキーワードのことです。検索クエリ別の分析をすることで、設定したキーワードがニーズに沿ったものであるかなどを確認できます。

 

連携させることでより便利になるツール

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールは、どちらもWEBサイト運営には必要なツールです。

Googleアナリティクスが訪問者のWEBサイトでの行動を分析するツールであるのに対し、Googleサーチコンソールは訪問者をWEBサイトへ誘導するための対策を立てるためのツールです。

2つは連携させることで、訪問者がWEBサイトにアクセスする前後の行動を一貫して管理分析できるようになります。

効率的なWEBサイトの運営を目指すのであれば、Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携は欠かせないといえます。

ピックアップ記事

関連記事一覧