ライティング

話し言葉・書き言葉の違いとは?使い分けると文章の評価が上がる

2021-06-15

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

オオニシ
ファン化させるためのブログは、格式ばった口調よりも話し言葉が親しまれます。とはいえ、不特定多数の人が閲覧する可能性の高いWEB記事は、『話し言葉』と『書き言葉』の違いや特徴を知ったうえで使い分けることはマストです。一覧表で紹介しています。

こんな方におすすめ

  • 話し言葉・書き言葉の違いや特徴を知って文章力を上げたい人
  • WEBライティングのスキルと同時に正しい日本語を身に付けたい人
  • ターゲットに合わせて言葉の使い分けができるスキルを身に付けたい人

 

文章の書き方には、話している言葉をそのまま文章にする『話し言葉』と、ビジネス文章などのように格式ばった書き方をする『書き言葉』があります。

 

文章を書くことを仕事にしているライターは、話し言葉と書き言葉の違いを確実に理解して実践することが求められます。

 

違いを知らずに混在させて使っていると、文章の質の低さを問われてしまうため注意が必要です。

 

一方で、2つを理解して書き分けられることで、相手や目的に合わせた文章がつくれるようになるため、ライターの場合は仕事のチャンスが増えるでしょう。

 

自営業者の人なら、ブログやホームページなどのWEB記事が必要な場面で、集客や成約率などの効果を発揮します。

ここでは、話し言葉と書き言葉の違いや使い分けについて解説します。

 

 

『話し言葉』と『書き言葉』の違い

 

話し言葉と書き言葉の違いについてあらためて学習しなければ、ほとんどの人は使い分ける必要性を感じていないのが実情です。

 

なぜなら、学校の国語教育で学んでいたとしても、人は日常生活に支障がないことはすっかり忘れてしまうものです。

 

話し言葉と書き言葉のそれぞれ特徴と、役割について理解して実践できることはライターや自営業者、あるいは文章を書く機会が多い人にとって大きなメリットになります。

 

話し言葉の特徴

話し言葉とは、音声によって伝えられる言語です。普段の会話の際に使われるのが話し言葉であり、口語ともいいます。

 

話し言葉には、親しみやすく理解しやすいという特徴があります。

 

話し言葉のイメージ図

 

話し言葉は会話というコミュニケーションの中で使われるため、相手とのスムーズな言葉のやり取りが前提となります。

 

そのため、話し言葉にはわかりやすく柔らかい表現が必要となります。

 

話し言葉では、言葉の省略やくだけた表現、方言が使用されることなどが多くあります。

 

伝えるという効率を重視するため、文法にはあまりこだわらないことも話し言葉の特徴です。

 

書き言葉の特徴

書き言葉とは、文字によって伝えられる言語です。書籍や新聞など文章を書く際に使われるのが書き言葉であり、文語ともいいます。

 

書き言葉は文法に則った正確な文章であり、読み手を選ばないという特徴があります。

 

書き言葉のイメージ図

 

書き言葉は、話し言葉のようにリアルタイムでやり取りされる言語ではなく、文字として書き手から読み手へ一方通行で発信されることが前提となります。

 

そのため、言いたいことを相手に正確に伝えることが必要とされます。

 

書き言葉は、正確な文法や表現を使うことから、固い表現になるため親しみを感じにくいことがあります。

また、読解に時間がかかる場合もあります。

 

 

『話し言葉』『書き言葉』一覧表(代表例)

代表的な『話し言葉』『書き言葉』一覧表を記載します。

参考にしてください。

 

 
話し言葉(口語体)
書き言葉(文語体)
副詞
今 (今まで)現在(これまで)
やっぱりやはり
全然全く(まったく)
全部全て(すべて)
一番最も / 最大 / 最適(文面に合わせて)
絶対に必ず
たぶんおそらく
とっても / とても / すごく非常に / 大変
ちょっと少し
いっぱい / たくさん多くの / 多い / 最大
もっとさらに
だんだん次第に / 徐々に
どんどん急速に
やっとようやく
いつも常に
ちゃんときちんと / 正しく
だいたい約 / およそ
疑問詞
どうして / なんでなぜ
どんなどのような
どっちどちら / いずれ
指示詞
こっち / そっち / あっちこちら / そちら / あちら
こんな / そんな / あんなこのような / そのような / あのような
こんなに / そんなに / あんなにこれほど / それほど /あれほど
接続(助)詞
~けど~が
~から~がため
~たら~ば / ~と
でも / だけど / ですが / けれどもしかし / だが / とはいえ
なので / ですから / だからそのため / したがって
その他
~とか
なんかなど
いろんな色々な / 様々な (さまざまな)
いいよい
~みたい~のよう
~って~と

 

 

『話し言葉』と『書き言葉』の使い分け

話し言葉と書き言葉は使い分けが必要

 

話し言葉と書き言葉は、求められる役割が違います。そのため、場面によって使い分けが必要です。

 

文章で話し言葉を使う場合

前述のとおり、話し言葉は、なじみがありコミュニケーションがとりやすいという特徴があります。

 

話し言葉のカジュアルな言い回しは相手に安心感を与え、親近感を持たせます。

 

そのため、相手とのコミュニケーションを図りたいときは話し言葉を使います。

 

また、読者や購入者の感情に訴えるような場面でも話し言葉を使うと有効です。

 

話し言葉は、個人が発信するブログやSNSなどで用いられます。

 

企業が発信するオウンドメディアや、ビジネスブログ、SNSでは基本的には書き言葉を用いますが、ターゲットを惹きつけるためにあえて話し言葉を使うこともあります。

 

 
「話し言葉」でもよいとされるケース
「書き言葉」を用いるべきケース
各項目
小説・エッセイ・SNS・ブログ・コラム社内の公式文書・企画書・報告書
講義・スピーチレポート・論文
親しい友人宛てのメール他社や顧客宛てのメール・年賀状
キャッチコピー新聞記事

 

WEB記事では基本的に書き言葉

WEB記事を執筆する際は、基本的には書き言葉を使います。

 

「書き言葉」という名称のとおり、書籍や新聞記事、論文、ビジネス文書、WEB記事など文章全般では基本的には書き言葉を使います。

 

しかし、前述のとおり記事の目的や内容によっては、あえて話し言葉を用いる場合もあります。

 

大切なのは、話し言葉と書き言葉を混同させないことです。

 

書き言葉で書かれた文章の中に話し言葉が混同すると、文章全体の品位が下がります。

 

また、正しい文法を理解していない人が書いているかのような印象を読み手に与えてしまうためです。

 

話し言葉・書き言葉の注意点イメージ図

 

WEB記事であえて話し言葉を用いる場合も、相手を惹きつけるという話し言葉の特徴を理解した上で効果的に使用します。

 

明らかに文法が間違っている表現と、あえて馴染みのある言葉で読者の心へ訴える効果を狙っている表現では読み手が受ける印象が違うためです。

 

 

文法上の間違いとなるケース

文法に注意する

 

口頭で発する場合には使いがちな言葉でも、文章として書くと文法上の間違いとなるケースもあります。

 

たとえば、以下のようなケースです。

 

ら抜き言葉とい抜き言葉

日常の会話の中でも意識せずに使われているため、文法の間違いと気付かれにくいのが「ら抜き言葉」と「い抜き言葉」です。

 

 

「ら」抜き言葉

ら抜き言葉とは、可能を表す助動詞の「ら」が抜けて「~れる」となった言葉です。

 

[×]来れる ⇒ [◎]来られる

[×]食べれる ⇒ [◎]食べられる

 

「い」抜き言葉

い抜き言葉とは、「~している」の「い」がぬけて「~てる」となった言葉です。

 

[×]来てる ⇒ [◎]来ている

[×]食べてる ⇒ [◎]食べている

 

オオニシ
どちらの言葉も会話の中では違和感が少ない表現ですが、文章に使う際には正確に表記しましょう

 

二重表現

二重表現とは、同じ意味を持つ言葉を重ねることです。

「まず初めに」「一番最後」「必ず必要です」などが二重表現にあたります。

 

二重表現は実際の会話の中では使ってしまうことが多々ありますが、文章としての書き言葉では過剰表現とされます

 

「まず初めに」という表現は、「まず」あるいは「初めに」のどちらかになります。「一番最後」という表現は「一番後ろ」などと適切に書き換えましょう。

「必ず必要です」は「必ず」は不要で、「必要です」となります。

 

です・ます調(敬体)

「です・ます調」(敬体)とは、文章の語尾が「~です」や「~ます」で終わる形です。

文章でよく用いられていますが、実は、『ですます調』も話し言葉に分類されます。

 

書き言葉にする場合は、「~だ」や「~である」で終わる「である調」(常体)で表記します

 

ただし、「だ・である調」は読み手に堅苦しい印象や強い印象を与えることがあります。

そのため、多くのメディアでは柔らかい表現として「ですます調」が用いられています。

 

文章の媒体やイメージによって使い分けが必要な表現といえます。

下記は、「です・ます調」(常体)と「だ・である調」(敬体)を一覧表にしたものです。参考にしてください。

 

 
です・ます調(敬体)
だ・である調(常体)
名詞
問題です問題だ / 問題である
問題ではありません問題ではない
問題でした問題だった / 問題であった
問題で、問題で、/ 問題であり、
形容詞
新しいです新しい
新しくありません新しくない
新しくて、新しく、
新しくなくて、新しくなく、
動詞
書きます書く
書きません書かない
書いて書き、
書かなくて/書かないで、書かず(に)、
~ています
考えています考えている
考えていて、考えており、
考えていなくて、考えておらず、
~んです
言えるのです言えるのだ / 言えるのであろう
言えるのではありませんか言えるのではないか
~でしょう
必要でしょう必要だろう / 必要であろう
~てください
説明してください説明してほしい
~ましょう
調べましょう調べよう
~て(で)は
行ってはいけません行ってはいけない/ならない
飲んではけません飲んではいけない/ならない
~なければ
選ばなければいけません選ばなければならない
~しまい(う)
困ってしまいました困ってしまった

 

『書き言葉』と『話し言葉』の違いを理解して使い分ける

コミュニケーションを目的として使われる話し言葉は、読者に親しみをもたせることができます。

 

対して、相手に情報を伝える目的で使われる書き言葉は、情報を正確に伝えて信ぴょう性をもたせる効果があります。

 

WEB記事の執筆をする時は基本的には書き言葉を用います。

文章には品位とわかりやすさが求められるためです。

 

しかし、読者の心に訴えかけたい場合などは、例外として話し言葉を使うこともあります。

 

そのため、とくにWEBライターの場合は、話し言葉と書き言葉の双方の特徴を理解して使い分けるようにしなければなりません。

日ごろから意識して文章に触れて、違いを理解して使分けられるようにしましょう。

 

参考ロジカルライティングとは?文章を劇的にわかりやすくする書き方

続きを見る

 

 

-ライティング
-,

error: Content is protected !!

© 2021 女性の起業をサポート│株式会社ワーククリエーション