当社は、ユーザーファーストを第一に考えた『集客型ホームページ』『コラム型コンテンツのオウンドメディア』を制作します。企画から執筆・制作、運用まで一括してお受けいたします。また、WEB集客の内製化をお考えの企業様は、コンサルティングにてサポートいたします。お気軽にご相談ください。

当社のメインサービスである『売り込まなくても自然にお客さまが集まるオウンドメディア制作』。企画・制作、そして運用までワンストップでサービスを展開しています。

重要となるコンテンツの企画は社内にて、記事作成においてもクラウド型で外注を行わず自社で育成したライターのみが手掛けているため、同業他社からも執筆依頼をいただくほど品質には定評があります。

 

長期的・安定的にファン化させるコンテンツマーケティング

顧客に価値ある情報を定期的に届けることによって、顧客との信頼関係を築き、購買行動につなげるマーケティングの施策をコンテンツマーケティングといいます。

自社のサービスの情報を一方的に配信するこれまでのマス広告(マスメディアという媒体を通して掲載される広告)とは異なり、ユーザーにとって有益な質の高い情報をコンテンツとして配信していく手法を指します。

ユーザーファーストを考えたコンテンツマーケティングは、多くの広告手法がある中で、最もユーザーを惹きつけているマーケティングのスタイルです。

 

 

オウンドメディアとは

オウンド(owned)とは所有しているという意味で、直訳すると『自社が所有するメディア』になります。広義の意味では、コーポレートサイトやECサイトなども含まれますが、狭義の意味ではビジネスブログやコラム型コンテンツのWEBサイトのことを指していることが大半です。

当社は、コラム型コンテンツを主軸にした『オウンドメディアの企画から制作まで』をメインサービスとしています。コンテンツマーケティングはオウンドメディアを取り巻くマーケティング施策全体のことを指します。

コンテンツマーケティングはオウンドメディアを取り巻く施策

オウンドメディア集客を行う5つのメリット

オウンドメディアは成功すれば、広告費を掛けずに長期的・安定的に集客・成約率を高めることができます。
ここでは、オウンドメディア集客を行う5つのメリットについて紹介します。


1. 広告費用を抑えられるメディア

クリックされるごとに費用が発生するリスティング広告や、インプレッション課金の広告は、表示される度に費用が発生します。

しかし、オウンドメディアに公開されているコラム記事は、Googleなどの検索エンジンで上位表示されてユーザーが何度訪れても、当然ながら費用は発生しません。広告に依存しなくても、検索されてお客さまが自然に集まってくるのがオウンドメディアです。ユーザーに読まれれば読まれるほど費用対効果が良くなっていくのが特徴です。


2. 自社の資産になるメディア

広告は費用を掛けている間しか効果が現れませんが、オウンドメディアとなるコンテンツは自社の資産となります。

また、オウンドメディアのコンテンツとなるコラム記事などは「公開して終わり」ではなく、アクセス数やコンバージョン(CV)を意識しながら、リライトや加筆するなどして育てていきます。手を掛ければかけるほど、大きな資産になっていきます。

※CVとは:サイトごとに設定されているゴールにユーザーが辿り着くこと。

コンバージョン(CV)達成したい目標

3. ブランディング効果があるメディア

オウンドメディアで専門性・権威性の高い記事を公開していくことで、ユーザーの安心感を生むことができます。

すると、記事がないときよりも必然と、集客や商品サービスの成約率アップへとつながりやすくなります。また、自社の取り組み、商品やサービスに関連したお役立ち情報などを発信していくことで企業のブランドイメージが確立されていきます。


4. 潜在的顧客から集めていけるメディア

オウンドメディアは、今直ぐに商品やサービスの購入を考えていない潜在顧客に対してもアプローチできるのが特徴です。

企業名や商品名を知っていなくても、その人が解決したいと思っている悩みや問題点に触れたコンテンツを発信することで、検索されて見つけてもらうことができるのです。

 

5. 顧客をリードナーチャリングできるメディア

コンテンツSEOに特化した記事であれば、売り込まなくてもお客さまが自然に集まってきます。

幅広く集まってきた潜在顧客に対して、コラム型コンテンツやステップメールを活用して段階的に伝えていくことで、ユーザーの検討度合いを進めることができ、リードナーチャリングを行うことができます。

※リードナーチャリングとは:見込み客を将来的に購買につなげるために育成するためのマーケティング手法のこと

 

オウンドメディア集客を行うための3つの注意点

オウンドメディア集客にはメリットが大きい反面、注意点があります。
オウンドメディアを使って、長期的・安定的に集客率と成約率を高めるためには、以下の注意点に気を付けておきましょう。

1.自然流入で効果が出るまでに時間がかかる

有料のWEB広告は、設定をして審査が通ればその瞬間からユーザーや見込み客の目に触れます。オウンドメディアの場合、SNSで拡散すると多くの人の目に触れることはできますが、確実にターゲットにしたい層に届けられるとは限りません。また、Googleなどの検索エンジンからの自然流入でアクセスを得る場合は、少なくとも1カ月以上の時間が必要です。オウンドメディアで成果を得るためには、運用が安定軌道に乗るまで待つ時間が発生します。

 

2.運用を継続するためには人的なリソースの確保が必要

オウンドメディアを立ち上げるには、「企画・制作・ライティング・編集・図解の作成など」が必要になり、コンテンツを公開するまでに複数の人的リソースが必要です。一部を外注化し、一部を内製化する場合においてもWEBの知識を持った担当者の育成や人材を確保をすることで、継続性が高くなります。

 

3.オウンドメディアで集客・成約率を高めるためにはノウハウが必要

オウンドメディアは単に「アクセスを増やせばよい」だけではなく、あらかじめ設定しておいた目標を達成してはじめて「成功」といえます。多くの企業がオウンドメディアを運営をしていても、必ずしも満足がいく結果を出せているわけではありません。充実した集客・成約率を高めるためのコンテンツを制作するにはノウハウが必要になります。そのためには、専門業者にコンサルティングを依頼しながらトライ&エラーを繰り返してノウハウをためていくことが非常に重要になります。

 

オウンドメディアを通じたリードナーチャリングが注目を集めている理由

リードナーチャリングとは直訳すると『見込み客を育成する』という意味になります。本来、はじめから購買意欲の高い顧客は少数派です。目的の商品やサービスが決まっている顧客なら、該当する商品のページを見れば即購入につながる可能性が高いですが、そうではない多くの見込み客にアプローチしていかなければ新規顧客が途絶えてしまいます。

そのため、商品やサービスにニーズがあり、まだ顕在化していない潜在層に対してもアピールしていく必要があります。まだ、貴社の商品サービスの事を知らない潜在層の顧客にとっては、「はじめて見た商品の価値」は、すぐに理解できません。つまり、時間をかけて商品サービスについて知ってもらう必要があるのです。このように、段階を経てコンテンツを通じて顧客を育成していくことで、数が限られている購買意欲の高い顧客だけではなく、潜在的なニーズを持った見込み顧客に対してもアプローチができます。

長期的・安定的に集客を行うために、購買層を広げていくことが大事です。したがって、オウンドメディアを通じたリードナーチャリングは現代において必要不可欠なのです。

リードナーチャリング(顧客教育)

『ホームページへのアクセスが増えない』『ブログを書いているけど集客につながらない』とお悩みの企業様へ。当社は長期的・安定的に集客・成約率を10倍にするオウンドメディア制作のノウハウと、さまざまな職種に対応したクオリティの高い記事制作の実績を持っています。

効果的なオウンドメディア運用をお考えの企業様はぜひ、お問合わせください。担当者が責任を持って貴社の問題・課題をヒヤリングしアドバイスさせていただきます。

 

電話によるお問い合わせ

052-253-9893
平日9:00~18:00

 

メールによるお問い合わせ

48時間以内にお返事いたします
お問い合わせ