ライター

オウンドメディアの成功はライターが鍵を握る!必要な3つのスキル

2021-08-28

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

オオニシ
オオニシ
企業のWEB集客に欠かせないオウンドメディア制作には、ライターの存在とスキルが重要になります。

コンテンツマーケティングのひとつに、オウンドメディアを構築し運営する方法があります。

 

オウンドメディアは、中長期的に集客を行うには最適なマーケティング手法です。

 

オウンドメディアを成功させるためには、コンテンツづくりが重要であり、ライターのライティングスキルが鍵を握ります。

 

本記事では、「オウンドメディアの性質」と「オウンドメディアを制作できるライターのスキル」を紹介します。

 

オウンドメディアはWEB集客の母艦

オウンドメディアとは、「企業や組織が自ら保有しているメディア」を意味します。

 

オウンドメディアのイメージ図

 

オウンドメディアは広義の意味と狭義の意味に分かれますが、日本では狭義の意味となるビジネスブログやコラム記事を指しています。

 

こちらもCHECK

オウンドメディアとは?初心者のための基礎知識と注目されている理由

続きを見る

 

オウンドメディアをつくる目的

企業や事業主がオウンドメディアをつくり運営するのは、商品やサービスの存在をまだ知らない潜在顧客と接触回数を増やしながら、認知度を高めていくことが目的です。

 

顧客教育イメージ図

 

認知度を高めた次には、集客・成約率を高めて売上につなげていくために、コンテンツを通じて顧客教育を行いながら、見込み顧客から優良顧客へと引き上げていきます。

 

以下では、「オウンドメディア運営を行うメリット」を紹介します。

 

見込顧客の獲得・ファン化が望める

オウンドメディアは、記事などのコンテンツを通して、見込顧客を獲得できます。

 

主に、オウンドメディアではユーザーが知りたいと思っている事柄を取り上げて、解決するための手段や方法をコンテンツ化します。

 

解決するための手段や方法を惜しみなく伝えていることで、WEB検索でたどり着いた見込顧客は、やがてメディアの発信元が提供する商品やサービスにも興味を持つきっかけとなります。

 

商品・サービスを利用してくれた後も、顧客が興味を持てる情報を発信し続けることやサポートを行うことで、紹介やリピーターになってくれることが期待できるでしょう。

 

「コンテンツのファン」から「サービスのファン」までを生み出すことができるのが、オウンドメディアを運営するメリットです。

 

広告費の削減とエリアを問わない

オウンドメディアは有料広告のように即効性はありませんが、中期長期に安定した集客を狙ったマーケティング法に適しています。

 

クリック課金型の有料広告とは違い、どれだけ検索されてもページをクリックされても課金されるわけではありません。

 

広告となるランディングページ制作同様、オウンドメディアをつくるための労力や更新を行うメンテナンスの費用は必要ですが、公開後安定してからの費用対効果は非常に高いといえます。

 

また、WEBサイトは地域や国を問わず発信できるため、事業を拡大していくにも向いています。

 

自社のサイトが資産化する

オウンドメディアとして発信したコンテンツは、WEB上でいつでも閲覧できるアーカイブとして蓄積していきます。

 

有料広告は広告費を止めたら何も残りませんが、オウンドメディアとして蓄積された良質なコンテンツは、唯一無二の自社の資産となり長期に渡り公開し続けることができます。

 

SEO対策やSNSで記事を紹介していくことで、作り上げた各記事から集客できるようになれば、オウンドメディア全体の利用価値は大きく上がります。

 

オウンドメディアの資産化を目指して、ユーザーが必要とする魅力的なコンテンツを発信していく姿勢が大切です。

 

 

オウンドメディア記事の管理ができると有利

オウンドメディアを制作して運営するには、専門的な知識や良質なコンテンツが必要になります。

 

そのため、外部にオウンドメディアに精通した人材を求める企業が増えています。

 

オオニシ
SEOライティングと編集スキルを持つWEBライターは非常に重宝されます。

 

企業がオウンドメディアをつくる人材を求めるのは、具体的には以下のような理由があります。

 

オウンドメディアの構築には時間がかかる

オウンドメディアを構築するには、企画からコンテンツ制作・集客情報の整理・対策などさまざまな準備や施策を行わなければなりません。

 

また、オウンドメディアは継続的に運営をしていかなければ、大きな集客効果を得ることはできません。そのため、集中して作業ができる人材が求められます。

 

ライターは有益なコンテンツ制作に欠かせない職業です。

 

オウンドメディアを企画・制作を行うことができれば、より企業に求められるライターになることができます。

 

オウンドメディアを運用するノウハウが不足している

オウンドメディアを運用するには、記事のメンテナンスができるスキルやアクセス解析の知識が必要です。

 

しかし、限られた人材で事業を行っている企業では、マーケティングの一環としてオウンドメディア運用に取り組みたくても、知識やノウハウを取り入れる余裕がないことが大半です。

 

企業が専門業者に依頼することもひとつの選択ですが、実際は細かいところまで手が届く、社内の一員のように関わってくれるライターを必要としています。

 

 

オウンドメディアを構築するために必要なスキル

「オウンドメディアがつくれるライターになるにはどうすればよいのか」「どのようなスキルが求められるのか」を、より実践的な目線で紹介します。

 

1.正確なペルソナ・記事コンセプトの設定

オウンドメディアを運用する上で対象となるのが「ペルソナ」です。

 

ペルソナとは、自社が情報を提供する「ターゲットとなる架空の人物像」のことを指します。

 

ペルソナ設定とは顧客ターゲットを絞り込むこと

 

オウンドメディアは、ペルソナが求めている情報をピンポイントに発信する必要があります。

 

ペルソナが求める情報をイメージすることで、顧客が求めるコンテンツの制作につながります。

 

また、記事コンセプトを設定することも重要になります。

 

記事コンセプトとは、「ユーザーが持つさまざまな課題」と「企業のサービスによる解決」を結びつける共通のテーマです。

 

コンテンツから顧客を獲得するためには、自社の情報やサービスを一方的に発信せず、ユーザーが求める結果にも着目しなければなりません。

 

記事のコンセプトを設定することが、魅力的なコンテンツをつくり、顧客を獲得することにつながります。

 

2.SEO対策・SEOライティングで記事をつくる

オウンドメディアにとって、Googleなどの検索エンジンで最適化を図るSEO対策は必須です。

 

SEO対策とは、WEBサイトや記事が『Googleなどの検索結果で上位表示されこと』を指します。

 

SEOの解説図

 

その際、大切なのは下記の2点です。

  1. キーワード選定の重要性
  2. 競合記事のリサーチ

 

キーワード選定の重要性

キーワードは、検索される際の重要なワードであり、コンテンツ制作の際には大きく分けて下記の3つに反映されるものになります。

 

  • タイトル
  • ディスクリプション
  • 記事本文

 

目的に沿ったキーワードを選定するには、検索者(ペルソナ)の検索意図を考えることが重要になります。

 

検索意図の解説イメージ図

 

検索意図を抽出するためには、検索ユーザーがどのような情報知りたいと思っているのか、知りたい情報に対して検索窓に入れるキーワードを考える作業が必要になります。

 

検索意図の方向性が違ってしまうと、すべてのSEO対策にも影響を受けることになるため、注意が必要です。

 

競合記事のリサーチ

目的のキーワードで検索をした際、すでに上位表示されている記事を『競合記事』といいます。

 

また、記事以外にもオウンドメディアを制作するクライアントの競合他社が、どのようなキーワードでコンテンツをつくり、情報発信をしているかも重要なポイントです。

 

SEO対策を行うということは、競合よりも上位に表示されてより多くのユーザーに見つけてもらうことが、第一の目的です。

 

そのためには、競合のリサーチを行い、競合よりも優れたコンテンツをつくるなど、打ち勝つ施策を行わなくてはなりません。

 

つまり、『競合のリサーチ無くして打って出ることはできない』といえます。

 

記事を書く際は、SEOに特化した『SEOライティング』で記事作成を行いましょう。

 

こちらもCHECK

SEOライティングのコツ
SEOライティング書き方8つのコツ!検索結果で上位表示させる方法

続きを見る

 

3.ユーザーがたどり着ける形で記事をつくる

記事を書く上でSEOを意識することは、WEBライターとして必要なスキルになります。

 

オウンドメディアとしての目的を成立させるには、ユーザーに最も伝えたい情報までたどり着ける形で記事をつくることが必要です。

 

そのためには、文章構成のつくり方が重要になります。

 

文章構成のイメージ図

 

「わかりやすく読みやすい構成や文章になっているか」「潜在ユーザーが目を惹くような情報があるか」など、細かな意識をして構成しましょう。

 

発信者側が提供したい情報まで、ユーザーがたどり着ける形にすることが魅力的なコンテンツをつくる条件のひとつです。

 

 

オウンドメディアの特徴である注意点

オウンドメディアを企画・制作できるライターになるためには、特徴となる注意点についても知っておきましょう。

 

余裕を持って計画を立てる

企業がオウンドメディアを立ち上げるためには、企画・コンセプト設定・コンテンツ制作などさまざまな準備が必要になります。

 

コンテンツ記事は準備する数によって必要な時間が変わってきます。

 

また、依頼者の意見も取り入れながら進めていくことになるため、相手の確認に時間を要した場合は、予定通り進行するとは限りません。

 

そのことを踏まえて、余裕を持ってスケジュールの計画を立てましょう。

 

自然流入の効果が出るまではSNSと併用

オウンドメディアは、前述したSEO対策を行い、狙ったターゲットから自然流入されることで価値が高まります。

 

しかし、新規でWEBサイトやコンテンツ制作に取り組む場合は、SEOの効果が出るまでは3~6カ月以上かかることが予想されます。

 

こちらもCHECK

SEO効果イメージ図
SEO対策の効果が出るのはいつ?期間と方法を知って集客につなげる

続きを見る

 

オオニシ
検索結果で上位に表示される条件が整ってきたら、早くて1カ月前後で効果が現れます

 

SEO対策で効果が出るまでにはいくつかの要因が絡みますが、中でもURLとなるドメインパワーも大きな要素となります。

 

そのため、「オウンドメディアの運営」を決めたら、早めに取り掛かりましょう。

 

長期で運営が行える体制をつくる

オウンドメディアは、中期・長期に運営してはじめて最大の効果を発揮します。

 

言い換えれば、コンテンツを育てれば育てるほど、運営を継続すればするほど、オウンドメディアの恩恵が受けられるということになります。

 

よいコンテンツをつくっても、長期的に更新やメンテナンスが行えなければ十分な効果が期待できないため、長期で運営が行える体制をつくることも必ず念頭においておきましょう。

 

 

自分メディアを立ち上げることが最大の近道

ライターがオウンドメディア制作ができる知識とスキルを身に付けるには、自分メディアを立ち上げることが最大の近道であるといえます。

 

自分で実際に実践してみなければ、クライアントのWEBサイトやコンテンツの検証や改善策を練ることができないからです。

 

自分メディアを立ち上げれば、知識が身に付きスキルアップができるうえに、広告や物販を行えば収入源を増やすことも可能になります。

 

ワーククリエーションでは、下書き要員から卒業して、自分メディアが運営できるライターの育成を行っています。

 

ライターのキャリアアップに興味のある方は、ぜひこちらからお問い合わせください。相談は無料です。

 

当社へのお問合せ・ご相談はこちらから

 

TEL 052-253-9893
(受付:平日9時~18時)

 

SEO集客コンサルタント・ライティングコーチ@オオニシヨウコ

子どもが4歳と3歳のときに離婚。一家の大黒柱として、子ども2人を育て上げた、シングルマザー。

2015年、『女性が子育てしながらも家族の介護をしながらも、働き続けながら収入が得られる環境づくり』を理念に会社を創立。ライター経験ゼロから独学で、ライティング事業を立ち上げる。

ライター育成事業にて、300人以上のプロライターを輩出しながら、編集プロダクション事業を運営し、働く場所を提供。 同時に、200人以上の事業主・経営者の方にライティングの指導を実施。

SEOの知識とライティング技術をフルに活かし、企業の集客・売上、個人の方の就労に貢献しながら、月商7桁・年商8桁を達成。

わずか30日で、Googleの検索結果で上位表示させるSEOライティングには、同業他社からも定評あり。

現在は、SEOブログやオウンドメディア集客の制作指導や代行業を通して、女性の起業・経営をサポートしている。

-ライター
-,

error: Content is protected !!

© 2021 WEBサイト制作・運営│(株)ワーククリエーション