WEB編集プロダクション事業│企画・執筆・校正までコンテンツ制作

編集プロダクションには『紙媒体』と『WEB系』の2つがあります。

 

紙媒体の編集プロダクションは、本や雑誌などの出版が主な役割になります。本や雑誌の場合は、企画から出版まで半年以上の期間を要します。

 

一方で、WEB系の編集プロダクションは、WEBサイト上のコンテンツ(記事や画像、動画など)の制作を行います。

 

 

WEB上のコンテンツは、新鮮さが重要であり、『速報性』が重要視されるのが特徴です。

 

そのため、メディアや目的によっては早いもので数日の入稿となるケースもあります。

 

とはいえ、中期長期的な戦略のうえで企画を立てるコンテンツにおいては、1カ月以上の時間を要するケースもあります。

 

 

編集プロダクションの役割

 

企業が記事制作を外注する先のひとつに『編集プロダクション』があります。

 

『編集』という言葉だけを聞くと、文章の構成や内容のチェック業務と思いがちですが、実はその業務は多岐に渡ります。

 

編集プロダクションの業務

記事の内容に応じた企画立案から構成案執筆校正・校閲までを行います。

 

記事作成には、サイトやページのデザイン制作を始め、取材や撮影のためにインタビュアーやカメラマンが現地に出向くこともあります。

 

紙媒体と異なり、速報性を意識した記事や広告はWEB系の編集プロダクションならではの業務といえます。

 

また、以下で紹介するオウンドメディアの制作・運用もWEB系編集プロダクションが得意な分野です。

 

当サイトを運営するワーククリエーションは、WEBメディア編集プロダクションを行っている会社です。

 

主に、オウンドメディアのコンテンツ制作(企画・構成・記事作成代行・校正)を行っています。

 

記事作成はもちろんのこと、特に他者が執筆した原稿の『SEO対策向けの編集や校正』を得意としています。

 

 

編集プロダクションが制作するサイト

編集プロダクションが請負い制作するサイトには、複数の種類があります。

 

コーポレートサイト

企業を紹介することが目的のサイトです。

企業の公式サイトになるため、会社の事を知ってもらいためのマストツールになります。

 

ランディングページ

商品・サービスの購入や申込みをしてもらうことを目的としたページです。

よくあるのは、メニューなどのリンクボタンがなく、単一のページで目的を達成させる作り方をしています。

 

オウンドメディア

本来は、企業が独自で持っているメディア全体を総称するため、広義の意味ではコーポレートサイトやECサイト、SNSアカウントなども含まれます。

 

狭義の意味では、コラム型コンテンツ(個人ブログではなくお役立ち情報のような記事)を指します。

現在は、コラム型コンテンツのことを指します。

 

ECサイト

ECサイトとは、インターネット上で実際に商品やサービスを直接販売できるサイトです。

販売戦略のひとつであり、リアル店舗と併用ができるので売上アップが見込めます。

 

リクルートサイト

自社の求人を求職者に魅力的にPRして応募を促すことが目的です。

専用のリクルートサイトをつくり、求職者を集める企業が増えています。

 

ポータルサイト

ポータルサイトとは、集客などの目的でつくられたサイトのことを指します。

 

さらに、ポータルサイトにも複数の種類があります。代表的なポータルサイトは、以下のサイトがあげられます。

 

1. 総合型ポータルサイト

話題のニュース、天気など、生活するうえで必要な情報が多く掲載されているのがポータルサイトです。

 

総合型ポータルサイトは、膨大な情報が必要であるため、一般的には運営が難しいとされています。

 

そのため、企業の大半は専門型ポータルサイトを運営しています。

 

代表的なサイトは『Yahooo!Japan』などがあげられます。

 

2. 専門型ポータルサイト

専門型ポータルサイトでは、ひとつの分野に特化した情報が掲載されています。

 

特定の情報に特化していて専門性が高いため、ページの閲覧数が多くなるのが特徴です。

 

専門的な情報を増やしていくことで、さらに専門性が高まることになります。

事例としては、『不動産』『健康系』『美容系』などがあります。

 

3. 地域型ポータルサイト

特定の地域に関する情報を提供するサイトを地域型ポータルサイトいいます。

 

たとえば、『観光名所や名産品の情報』『住民のための病院や求人情報』が掲載されています。

 

地域によっては、民間企業以外に行政や自治体が運営しているケースも多くあります。

 

4. 目的型ポータルサイト

目的を実現するために、情報を提供しているポータルサイトを指します。

 

たとえば、婚活サイトやユーザーの口コミを投稿する目的を持った『価格.com』などが該当します。

 

5. コミュニティ型ポータルサイト

ユーザー同士が交流を行うことを目的としたポータルサイトです。

代表的なコミュニティーポータルサイトには『Yahoo!知恵袋』があります。

 

ユーザーがある悩みや質問を投稿することで、別のユーザーが回答を行うことでサイトがつくり上げられていきます。

 

ユーザーが悩み解決のためによく使う検索キーワードでもヒットしやすく、SEO効果が高いのが特徴です。

その他にも、『検索型』『ブログ型』『社内専用』などがあります。

 

 

編集プロダクションに記事制作を依頼した場合のメリット

 

編集プロダクションに記事を依頼した場合、社内にライターがいなくてもメディア制作が行える点ですが、他には以下のような3つのメリットがります。

 

メリット1:企業が自社で行うよりもクオリティが高い

編集プロダクションの編集者やライターは、プロのスキルを持っているうえに、専門的な知識が豊富です。

 

執筆はもちろん、企画立案・校正・校閲など、編集に関わる作業一式依頼することができるので、必然とクオリティが高くなります。

 

対して、自社独自で行った場合は目的の記事がつくれないことが多く、つくれたとしても修正が多くなりコストが予想以上にかかってしまうケースもあります。

 

リスクを回避するためにも、記事の制作についてはプロの編集プロダクションに依頼をする方が得策である』といえます。

 

メリット2:ライターの探索や管理をしなくてもよい

ライターの確保して、添削やフィードバックを行うことは思いの外、労力を必要とします。

また、たとえ、ライターの確保ができたとしても、スキルの高い人材であるとは限りません。

 

編集プロダクションでは、依頼内容にあわせたライターの確保や手配を行ってくれます。

費用以外に時間にも余裕ができることが、外注をする大きなメリットといます。

 

メリット3:予算内で固定費の削減ができる

社内で高品質な記事制作を維持するためには、教育費や人件費が必要です。

 

継続的に行う場合は、多額の人件費が固定となってしまうため、予算的に厳しくなってしまうことも予測されます。

 

しかし、編集プロダクションを利用することで必要な時に必要な分だけを依頼できるため、予算内で固定費の削減が期待できます。

 

 

WEB上のルールについて意識を持つ

WEB上の文章には、さまざまなルールがあります。

たとえば、以下のようなルールです。

 

  • 表記ルール:「表記のゆれ」や「特定の漢字をひらがなにする」など
  • 引用ルール:コピペとみなされないようにするためのエビデンス付与の仕方
  • 薬機法:過大広告を行わないための法律に関する

 

「表記ルール」と「引用ルール」はSEO対策に関係があり、「薬機法」は法律に関わるため十分な注意が必要です。

 

本来であれば、WEB制作会社やライターならば知識を持っていなければなのですが、意外にもプロとしての意識が低い会社やライターが多く、ルールが守られていないケースもよく見かけます。

 

記事作成の依頼をする場合は、ライティングスキル以外にも上述のルールなどについて知識があるかの確認も忘れずに行いましょう。

 

編集プロダクションとクラウドソーシングとの違い

WEB上のメディア制作においては、編集プロダクション以外にも、クラウドソーシングなどで人材の確保ができるケースもあります。

 

しかし、クラウドソーシングを通しての委託は、企業ではなく個人になってしまい、数人を集めるために労力がかかります。

 

加えて個人の場合は、業務のスキルや経験値が求めているものよりも不足していることが大いにしてあるのです。

 

また、個人に依頼をした場合、万が一諸事情により業務を遂行できなくなったとき、本人が「代りを探すことができない」といったマイナス要素が目立ってしまいます。

 

そのため、総合的なクオリティを優先するならば編集プロダクションへの依頼が安心です。

 

 

編集プロダクション選び方

WEBサイトのコンテンツ制作(記事作成や画像処理など)を行う会社は、コンテンツマーケティング会社や編集プロダクションが担当していることが多くあります。

 

しかし、「コンテンツマーケティング会社」と一言でいっても、各会社によって得意とする分野は異なります。

 

当社では、特に他者が執筆した原稿の『SEO対策向け編集・校正』を得意としており、下記のようなお悩みを解決しています。

 

  • SEOの順位が下がっった。上位に上げたい。
  • 記事構成(プロット)をつくれる人がいないため、更新ができない。
  • 自社の編集者が不在であるため、外注ライターが執筆した原稿のジャッジができない。

 

ワーククリエーション在籍の編集プロダクションチームは、実践的なトレーニングを徹底して行っていることから、ハイレベルなスキルを持ち合わせています。

 

 

拘ったライティング事業とそのスタイル

当社は自社で実践的に育成したライターにて、編集および執筆を行なっています。

 

登録型・クラウド型の形式をとっていないため、執筆を行うライターの人物像やスキルが明確です。

 

社内のメンバーが中心となり、全国各地に所在しておる当社在籍のライターと共に、WEBメディアの質を高めるためにも発注者・ユーザー・受注者の3者が満足と納得のいくスタイルに拘った、コンテンツ・記事制作に取り組んでいます。

 

オウンドメディアやWEB記事を活用して、安定的なWEB集客をお考えの企業や個人事業主さまは、ぜひ、一度ワーククリエーションにお問い合わせください。

 

相談は無料です。代表者および担当者が、責任を持って対応させていただきます。

 

ワーククリエーションの実績・事例はこちら

 

電話によるお問い合わせ

052-253-9893
平日9:00~18:00

メールによるお問い合わせ

お問い合わせ

2021-03-23

error: Content is protected !!

© 2021 SEOライティング│株式会社ワーククリエーション