SEOライティング

SEOに強いタイトル!付け方で検索順位やクリック数が大きく変わる

2021-05-20

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

オオニシ
オオニシ
SEO対策にはいくつかのルールがあります。中でも特に効果が表れやすいのは、『タイトル』の付け方です。検索順位やクリック数が大きく影響します♪

こんな方におすすめ

  • SEOライティング全般を知りたい人
  • SEOに強いタイトルの付け方を知りたい人
  • SEO対策でタイトルの役割や重要性を知りたい人

ブログやWEB記事へのアクセスを、GoogleやYahooなどの検索エンジンから増やすためには、タイトルの付け方が非常に重要です。

検索結果で上位表示させるSEOを意識したタイトルの付け方には、基本のルールがあります。

ここでは、SEOを意識してブログやWEB記事を書く際の基礎知識からタイトルの付け方などを紹介します。

タイトルは、『titleタグ』と呼ばれることもあります。

 

タイトルの役割と重要性

タイトルの基礎知識について解説します。タイトルの役割や重要性について知っておきましょう。

 

タイトルの役割

タイトルとは、ブログやWEB記事の最上位にある大きい見出しを指します。

WEBサイトや各ページを構成する言語であるHMTLで、下記のように『titleタグ』で囲まれた部分の一文がタイトルです。

タイトルの役割は、検索エンジンやユーザーにページや記事の内容を伝えることです。

Googleなどの検索エンジンの検索結果の一覧でタイトルが表示されます。タイトルの下部には、記事内容の要約文であるディスクリプションも表示されています。

検索エンジンは、『ユーザーが検索の際に使用するキーワード』と、『タイトルに使われているキーワード』から、ユーザーの検索意図と記事の内容を読み取り、下記内容をチェックしながら順位付けをしていきます。

ポイント

  • 一覧表示されたタイトルと本文が一致しているか
  • 記事本文でユーザーが知りたいことが網羅されているか
  • 誰が読んでもわかりやすい言葉や文章で書かれているか
  • ユーザーにとって有益な情報を得られる記事であるか

このことから、タイトルの最大の役割は、ユーザーと検索エンジンの双方にページの内容をわかりやすく簡潔に理解してもらうことであるといえます。

 

タイトルの重要性

SEO対策において、ブログや記事のタイトルは非常に重要です。

SEOでは記事をクリックされるためにはタイトルが重要

 

タイトルの付け方が運営者にとって、どのように影響するのか見ていきましょう。

 

1.クリック率に影響する

前述したとおり、タイトルは検索エンジンの検索結果一覧で表示されます。

ユーザーは記事を開くまでは、本文に何が書かれているのかがわからないため、まずはタイトルを見て内容を想像します。

そして、タイトルから自分にとって知りたい有益な情報が書かれていると判断すればクリックして記事を閲覧します。

つまり、ユーザーが興味を持つ魅力的なタイトルをつけることで、ページがクリックされる確率が上がるのです。

 

2.検索順位に影響する

タイトルは、検索順位に直接影響します。

検索順位が上がる可能性がある適切なタイトルは、主に下記が条件になります。

ポイント

  • 検索キーワードが入っている
  • 文字数が25~32文字程度である
  • タイトルの前方にメインキーワードが置かれている
  • 記事の内容と一致していて、ユーザーが知りたいことがタイトルで見て一目でわかる

記事の内容が知りたくなるようタイトルであれば、クリックされて閲覧数が増えます。

さらに、ユーザーが知りたいことが網羅された内容であれば、ページでの滞在時間につながります

検索エンジンは評価のひとつに滞在時間も含んでいるため、検索順位が上がる可能性が高くなるのです。

また、すでに公開している記事で上位表示されていない場合、タイトルを見直すことで検索順位が上がることがあります。

まずは、タイトルを見直してみるとよいでしょう。

 

3.SNSで拡散した時は流入に影響する

SNSで記事のリンクを貼って投稿した場合、URLとともにタイトルタグに設定したタイトルが表示されます。

見た人が、クリックしたくなるようなタイトルをつけておくことで、SNSからの流入が見込めます。

タイトルはSNSで拡散されたときにクリック率に影響する

SEO対策の1つとして語られることの多いタイトルですが、SNSでの拡散にもつながるのです。

 

タイトルをつけるときのポイント

タイトルをつけるときは、「クローラー」「ユーザー」「記事との一致」の3つを考えます。

クローラーとは、インターネット上に存在するWebサイトや画像などのあらゆる情報を取得し、自動的に検索データベースを作成する巡回プログラムのこと

以下では、「クローラー」「ユーザー」「記事との一致」の3つについて解説します。

 

1.検索ロボットを意識する

Googleでは、WEBサイトの情報収集はクローラーと呼ばれるロボットによって行われています。

クローラーがWEBサイトを巡回して集めた情報を、インデクサと呼ばれるロボットがデータベース化してランク付けしたものを検索結果として順番に表示させています。

クローラーがWEBサイトを巡回して集めた情報をインデクサがデータベース化してランク付け

WEBサイトを検索結果で上位に表示させるためには、タイトルはクローラーが認識しやすいものにしなければなりません。

つまり、クローラーが認識しやすいタイトルとは、ユーザーが認識しやすいタイトルでもあります。

 

2.ターゲットのことを考える

ターゲットとは、自社(自己)サイトのブログや記事を読んでもらいたい人物のことを指します。

ブログや記事を作成するときは、あらかじめターゲット層としてユーザーの人物像を設定します。

ターゲットは、性別や年齢、職業、悩み、などを具体的に設定することで、ニーズや検索者の検索意図が見えてきます。

ペルソナ設定とは顧客ターゲットを絞り込むこと

ターゲットをさらに詳しく掘り下げた人物を『ペルソナ』という

検索意図に沿ったワードを検索キーワードといい、タイトルに意図的に入れることでユーザーが記事に関心を持ちます。。

タイトルをつける際は、常にユーザーを意識し、そのニーズを満たすことを考えるようにしましょう。

 

3.記事内容との一致を意識する

タイトルは、ブログや記事の内容と一致するものでなければなりません。

たとえ、ユーザーを惹きつける内容にしたタイトルでクリック率が上がったとしても、タイトルと記事の内容が一致していなければユーザーの評価を得ることはできません。

特に記事に書かれている内容に対して、効果や利益を誇張したタイトルをつけるとユーザーがページを開いた際に疑問やギャップを感じてすぐにページを離れてしまう可能性があります。

タイトルはブログや記事の内容と一致させる

タイトルをつける際は、記事の内容を適切に表したものであることを意識するようにしましょう。

 

 

SEOに有効なタイトルをつけるコツ

適切なタイトルをつけることは、SEO対策をする上で簡単で効果的な方法です。

より有効なタイトルをつけるコツとして「キーワード」「文字数」「固有のタイトル」の3つがあります。

 

検索キーワード

上述のとおり、タイトルに必ず入れるのが、『検索キーワード』です。

検索キーワードとは、ユーザーが知りたいことや悩みを解決するためにインターネット検索する際に、検索窓に入力する言葉のことです。

設定したターゲットが検索結果においてヒットさせたいものをコンテンツのキーワードとして選定します。

検索キーワードとは、検索する際に検索窓に入力する言葉

 

前述のとおり、Googleのクローラーはタイトルから記事の内容を判断します。

ページの内容を的確に表したキーワードをタイトルに入れることで、Googleへのページ内容のアピールができます。

キーワードを入れる際は、以下の注意が必要です。

 

必要なキーワードだけを入れる

キーワードは、「数多く入れればよい」というわけではありません。

タイトルに入れるキーワードは、必要なものだけを入れるようにします。

同じキーワードを繰り返し入れてキーワードを羅列したような不自然なタイトルにすると、Googleからの評価を下げてしまうこともあります。

文章の流れ上の例外はありますが、タイトルの短い文章の中に同じキーワードを何度も入れないようにしましょう。

また、本文に関係のないキーワードを入れると、ユーザーが求めていた情報とページの内容が違うということが起こります。

ユーザーの利便性を損なわないためにも、不必要なキーワードは入れないようにしましょう。

 

キーワードは可能な限りタイトルの前方に配置する

上位表示を狙いたい重要なキーワードは、できるだけ文章の前方に配置します。

検索するデバイスや環境によって、タイトルの末尾が省略される可能性があるためです。

 

文字数

タイトルの文字数は25~32文字以下にします。

文字数が多いと、検索結果で表示された際に省略されてしまうためです。

タイトルの文字数が長いと検索結果で省略される

 

パソコンによる検索の場合に表示される文字数は30~35字までです。

対して、スマートフォンによる検索の場合の方がやや多く36~41文字以内です。

パソコンとスマートフォン双方からの検索を考えると、25~32文字以内に収めるのがよいでしょう。

どうしても文字数が多くなってしまう場合は、検索結果で末尾が省略されてもWEBページの内容がわかるようにするなどの工夫をする必要があります。

 

固有のタイトル

記事のタイトルは、ページごとに固有のものをつけるようにしましょう。

クローラーが記事に書かれている情報を判断する際に、同じサイト内の複数のページ(記事)で同じタイトルが使われていると、各ページの内容が判断できません。

結果としてGoogleの評価が下がり、上位表示には程遠くなってしまいます。

また、サイトに訪問するユーザーにとっても、タイトルが重複している記事がいくつもあると混乱してしまいます。

ひとつのサイト内に、ひとつの検索キーワードで複数の記事を書くといったことは、原則あり得ません。

そのため、検索キーワードとユーザーの検索意図を理解して1記事ずつ作成を行えば、『タイトルが重複する』といったことは避けられます。

 

SEOにおけるタイトルは記事の魅力を伝えるもの

タイトルとは、titleタグで囲まれた文章のことで検索結果の一覧で表示されます。SEOにおいてタイトルは非常に重要であり、検索順位に直接影響します。

タイトルをつけるときのポイントは、ユーザーと検索エンジンの双方に記事の内容をわかりやすく伝えることです。

検索意図に沿ったキーワードを盛り込んだ簡潔なタイトルは、Googleの評価の向上だけでなく、ユーザーの興味を惹くことにもつながります。

記事を作成するときは、魅力を最大限に読み手に伝えるために、SEOを意識しながらより適切なタイトルを考えてみましょう。つに

-SEOライティング

© 2021 SEOライティングスクール / 株式会社ワーククリエーション