SEO対策

SEOとは?初心者にもわかる!Googleで上位表示させる対策法

2021-04-15

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

オオニシ
オオニシ
SEOとは、Googleなどの検索エンジンで上位表示させる対策法です。ブログやオウンドメディア、ホームページなどで継続的・安定的に集客を行うために必要な施策です。

こんな方におすすめ

  • SEOとは何であるか何ができるのか知りたい人
  • SEOについて知りたいWEBマーケテイング初心者の人
  • Googleなどの検索エンジンで上位表示させるコツを知りたい人

WEB集客を行っている個人事業主や経営者の方、企業の担当者の方が取り組んでいる『SEO対策』。読み方は『エス イー オー』になります。

 

SEOとは、ブログやホームページなどのWEBサイトを、GoogleやYahoo、Bingなどの検索エンジンで検索された際、上位表示させるための手法や施策を指します。

 

Google・Yahoo・bing検索エンジンのイメージ画像

 

WEBを使って情報を発信する際に、多くの人に認知され閲覧してもらうために必要になる集客のための対策方法です。

 

この記事では、SEOの意味と基本知識、初心者にも実践できる対策の方法などを紹介します。

 

 

SEOとは?意味と基本知識を解説

SEOとは(Search Engine optimization / サーチ エンジン オブティマゼーション)を略したもので、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」になります。

 

上述のとおり、GoogleやYahoo、Bingなどの検索エンジンを使って検索した際に、WEB上の記事やコンテンツなどを上位表示させるための施策です。

 

また、SEOを用いた一連の施策のことを「SEO対策」と呼びます。

 

SEOの解説図

 

SEO対策をおこなっていないWEBサイトやブログなどは、検索順位が上位に表示される可能性が低くなり、検索から情報を求めているユーザーと接触する機会を減らしてしまいます。

 

そのため、公開されているWEBサイトやブログにユーザーが接触しやすくなるように、SEO対策が必要となるのです。

 

Googleには、検索順位の判断基準を行うための『アルゴリズム』があります。SEOはアルゴリズムによって検索順位が大きく左右されます。

 

アルゴリズムとは、プログラミングにおいて使われる言葉で、コンピューターで計算を行う際の「計算方法」のことをいいます。

何か問題を解いたり、何か作業をする上での手順やルールのことです。

 

オオニシ
オオニシ
Googleも、検索されたキーワードに対して最適な情報を提供するために、検索順位を決めるための手順・ルールをつくり、検索結果を表示させる仕組みが出来上がっています。この検索順位を決めるためのルールが『Googleアルゴリズム』です。

 

以下の情報とあわせて、アルゴリズムについても最初に理解をし、WEBサイトやブログ公開後はアルゴリズムの変動が起きていないか注意しながら対策を行っていきましょう。

 

SEO対策にはキーワード選びが重要

SEO対策によるキーワード選定について、詳しくは後述しますが、検索エンジンがブログやWEBサイトのチェックを行う際必要になるのが、『キーワード』です。

 

ユーザーは検索エンジンの検索窓に、問題や悩みなど解決したいことのキーワードを入力します。

SEO対策キーワードのイメージ図

 

キーワードと記事の内容が合致しており、且つ、ユーザーの問題や悩みを解決に導いてあげられる、信頼性の高い有益なコンテンツ(記事内容が良質であること)であれば、検索エンジンの評価対象となります。

 

そのためには、検索者の『検索意図』を考えてキーワードを選定することになります。

 

検索意図の解説イメージ図

 

オオニシ
『検索意図を考えてキーワードを選定する』とは、「ユーザーがどのような情報を知りたくて検索しているか」「知りたい情報に対してどのようなキーワードを使うのか」情報の発信者が予測を立てる行為にあたります。

 

ブログやWEB記事をつくる際は、ユーザーがどのようなキーワードを使って検索するのかをよく考えてから記事作成に取り掛かりましょう。

 

SEO対策はコンテンツの質が第一

SEO対策をおこない、検索されたキーワードでWEBサイトやブログを検索エンジンで上位に上げることで、露出が増えます。

 

そのためには、前述のとおりコンテンツ(記事内容)の質が第一です。

 

コンテンツの質を高めるイメージ図

 

すると、WEBサイトやブログに訪れる人が増え、効率的に集客をおこなうことができます。

 

効率的に集客をおこなうことができれば、ユーザーが商品を認知する機会が増え、問い合わせや購買などに繋がる可能性が高くなるのです。

 

また、検索順位の高いWEBサイトはユーザーからの信頼を得やすく、企業のイメージアップにも繋がります。

 

そのため、WEBを使ったサービスや集客をおこなうのであれば、集客や成約率アップに繋がるなど多くのメリットが見込めるSEO対策を行うことは必須になります。

 

間違ったSEO対策は逆効果!

SEO対策は、正しく活用することができれば大きな力を発揮しますが、間違った方法でおこなってしまうと検索順位を下げてしまうおそれがあるため注意が必要です。

 

2016年以前までは、選定したキーワードを記事内に数多く詰め込む方法が『Googleアルゴリズムでは正しい』とされていたこともありました。

 

キーワードを数多く入れることで、検索エンジンに見つけてもらいやすくなるからです。

 

しかし、2017年2月にアルゴリズムがアップデートされたことにより、以前のSEO対策では通用しなくなったのです。

 

SEO対策では「キーワードが重要」とはいえ、『本文中に不要に詰め込む方法』は文脈が崩れるため、ユーザーにとって有益とはいえませんでした。

 

間違ったSEO対策としてWEBサイトの評価を落としてしまいます。

 

GoogleのWEBマスター向け公式ブログでは、以下のように掲載されています。

 

今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。

その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

引用:Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : 日本語検索の品質向上にむけて

 

以降も、ユーザー視点に立ったアルゴリズムの更新は定期的に行われています。

 

ブログやWEB記事に掲載している情報も、常にブラッシュアップさせていくことが検索エンジンの評価につながります。

 

E-A-Tの3つの評価基準

現在(2021年4月)のアルゴリズムにおいては、価値の高い記事やコンテンツが評価されるようになり『E-A-Tの3つの評価基準』をもとに順位が決められていきます。

 

そのため、SEO対策をおこなう際は、しっかりと現在の評価方法に適しているか、確認してから取り掛かるようにしましょう。

 

EATとは、Googleが独自に定めた以下の3つの評価基準の頭文字をとって表現した造語です。

 

E-A-T

  • Expertise(専門性):識や経験・スキルを持っているか
  • Authoritativeness(権威性):どのくらい認められているか
  • Trustworthiness(信頼性):信用に足るものか

検索アルゴリズムが進化していく中で、GoogleはWEBページの品質を正しく評価するための項目として3つの評価基準を重要視しており、SEOを行う上で重要な概念となっています。

 

E-A-TについてはこちらもCHECK

SEO対策で重要視されるE-A-T!Google評価基準のポイント

続きを見る

 

 

基本的なSEO対策の方法

SEO対策には、大きく分けて『内部SEO対策』『外部SEO対策』『コンテンツSEO』と呼ばれる3つの方法が存在します。

 

内部SEO対策

テキストはもちろん、図解や装飾などユーザーが見てわかりやすいコンテンツにすることが最も重要です。

 

内部対策の方法説明図

 

また、関連記事を必要に応じて内部リンクとして設定します。

 

WEBサイト内部に関わる要素や条件を満たして、WEBサイトの評価を上げる方法です。

 

こちらもCHECK

SEOに重要なのは内部対策!基本を押さえれば外部対策にもつながる

続きを見る

 

外部SEO対策

外部のWEBサイトから自社のWEBサイトを評価してもらうために、外部のWEBサイト内に自社のWEBサイトへのリンクを設置してもらう方法です。

 

外部対策と被リンクの説明図

 

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、検索エンジンで情報を集めるユーザーにとって、有益となる記事コンテンツを提供してWEBサイトの評価を上げる対策のことを指します。

 

それぞれWEBサイトの評価を高めるために重要な要素ですが、内容は多岐に渡るため、効果の高い方法から実践していくことが重要です。

 

今回は、3つのSEO対策の中でも効果が高く、本質的なSEO対策となる『コンテンツSEO対策』について解説します。

 

SEO対策の基本は「ユーザー目線に立つ」

SEO対策をおこなううえで、基本となるのが『ユーザー目線に立つ』という考え方です。

 

検索エンジンでキーワードを上位表示させるためには、ユーザーの検索意図を洗い出し、本当に必要とされる情報を盛り込んだ文章などのコンテンツを作る必要があります。

 

コンテンツの質

  • 文章やレイアウトなど視覚的な見やすさ
  • 中身の充実
  • 引用元に依存しないオリジナリティ
  • 信頼できる情報提供
  • ユーザー目線に立った情報提供

 

SEO対策はコンテンツの質が重要である説明図

 

自分が一方的に伝えたいものではなく、検索で訪れるユーザーにとって有益な情報が盛り込まれたコンテンツの作成を目指すようにしましょう。

 

コンテンツSEO対策の基本的な流れ

コンテンツSEO対策の基本的な流れです。

 

  1. キーワード選定
  2. 検索をおこなうユーザーの分析(ペルソナ設定)
  3. 競合・上位表示されているWEBサイトの分析
  4. 分析した結果を基に有益なコンテンツを作成

 

それぞれの流れでおこなう作業については、以下のとおりです。

 

1.キーワード選定

自社の「美容サイト」に集客をおこなう場合、キーワード選定ツールを用いて「ほうれい線 消し方」というキーワードで検索順位の上位表示を狙うと仮定。

 

2.検索をおこなうユーザーの分析(ペルソナ設定)

「ほうれい線 消し方」で検索する可能性が高いユーザーの特徴をメモに書き出す。

 

「ほうれい線 消し方」の場合、「ほうれい線が気になり始める30代~40代の女性」「自宅で手軽にできる方法が知りたいと考えている」などがユーザーの特徴として考えられる。

 

3.競合・上位表示されているWEBサイトの分析

現在「ほうれい線 消し方」というキーワードで検索順位が上位になっているWEBサイトを上から10位まで分析。

 

分析した結果、上位のWEBサイトには「自宅で手軽にほうれい線を消す方法が1~2種類」が書いてあるとわかった。

 

4.分析した結果を基に有益なコンテンツを作成

1~3で得た情報をまとめ、「ほうれい線が気になり始める30代~40代女性向け」に「自宅で手軽にほうれい線を消す方法」を上位WEBサイトよりも情報が充実するように「3~4種類の方法」を盛り込んだコンテンツを作成する。

 

 

SEO対策で注意すべき点

SEO対策をおこなう場合、いくつかの注意点があります。事前に注意点を知っておくことで、効率的な対策が行えます。

 

今回は、中でも初心者が陥りやすい2つの注意点について解説します。

 

効果があらわれるまで時間が必要

SEO対策は、行った直後に効果があらわれるわけではありません。

 

一般的に検索エンジンでWEBサイトが評価されるには、3カ月~6カ月程度の期間を要するといわれていますが、ワーククリエーション式SEO対策なら早くて3週間~1.5カ月で上位表示が可能です。(キーワードによる)

 

とはいえ、一般的に考えた場合、正しくSEO対策をおこなっているのであれば「すぐに効果が出ない」と焦らずに、しばらく様子を見るようにしましょう。

 

キーワードによって難易度が異なる

SEO対策はキーワードによって難易度が大きく異なります。競合が多く人気の高いキーワードの場合、正しくSEO対策をおこなったとしても上位表示が困難なケースもあります。

 

そのため、最初はキーワードボリュームの低いものを選定して、記事を増やしていくことでサイト全体が評価され

 

 

基本知識を理解したら実践してみよう!

SEOとは、検索エンジンで狙ったキーワードを上位表示させるために必要なスキルのことです。

 

SEOを習得し、正しい方法でSEO対策をおこなうことで、自社のWEBページに効率的に集客をおこなうことができます。

 

SEO対策には、大きくわけて『内部SEO対策』『外部SEO対策』『コンテンツSEO対策』の3つの方法が存在しますが、初心者でも「コンテンツSEO対策」の基本を理解すれば、実践することが可能です。

 

しかし、間違った方法でSEO対策をおこなうとWEBサイトの評価を落としてしまうおそれがあるため、しっかりと正しい方法か確認してから実践するようにしましょう。

 

また、「効果があらわれるまで数週間~数カ月の時間がかかる」「キーワードによって上位表示が安易か否か難易度が異なる」というSEOの特徴や注意点も念頭においておくことが大切です。

 

ワーククリエーションでは、『SEO対策』『SEOライティング』について、初心者の方向けにセミナーや講座を開催し、ご要望にあわせて個別相談も行っています。

お気軽にご相談ください。

 

お問合せ

-SEO対策

error: Content is protected !!

© 2021 女性の起業をサポート│株式会社ワーククリエーション