WEBマーケティング

サーバーとドメインとは?初心者にもわかりやすく解説

2022-05-10

オオニシ
オオニシ
自社(自己)でホームページやオウンドメディア・ブログを構築・運用・運営をする場合は、「サーバーのレンタル」「ドメインの取得」が必要です。「サーバー」「ドメイン」について述べています。

 

ホームページやブログ、アフィリエイト、ポートフォリオサイトなどを構築する場合は、『サーバー』と『ドメイン』について正しい理解が必要になります。

 

ここでは、サーバーとドメインの基本的な知識について、初心者にもわかりやすく解説します。

 

サーバーについて

まずは、「サーバーの意味」と「ホームページとサーバーの関係性」について知っておきましょう。

 

サーバーとはWEB上の土地

サーバー上にWEBサイトやメールなどのデータをアップロードすることで、インターネット上で情報が公開できる仕組みになっています。

 

そのためサーバーは「WEB上の土地」と表現されることが多くあります。

 

サーバー・ドメイン

 

サーバーには、用途に応じて以下のような種類があります。

 

ポイント

  • WEBサーバー:WEBサイトのデータを保管する
  • メールサーバー:メールの送受信に使われる
  • FTPサーバー:ファイルの送受信に使われる

 

上記の中で、ホームページの作成に関連するのはWEBサーバーです。

 

サーバーの役割

 

ホームページは、WEBサーバーに保管したデータを、ユーザーのリクエストに応じてWEB上で返すことで閲覧できるしくみになっています。

 

ホームページ作成ではレンタルサーバーを利用

サーバーを利用するには2パターンあり、「自社(自己)で構築」する場合と、「レンタルサーバー」があります。

 

サーバーを自分で構築する場合は、専用のコンピューターを設置して常時電源を入れた状態で管理することになります。

 

サーバーの構築や運営には専門的な知識を持った専属の管理者が必要であり、個人で維持管理するのは非常に大変です。

 

対して、レンタルサーバーの場合は運営会社が一連の維持管理を行ってくれます。

 

企業内で専用のネットワークを設置する以外は、自社のホームページ用にはレンタルサーバーを利用すると良いでしょう。

 

 

ドメインについて

ホームページやオウンドメディア・ブログを所有するには、同時にサイトのURL(アドレス)が必要になります。

 

サイトのURLの中の後半部を「ドメイン」と呼びます。

 

ドメインとはインターネット上での住所のようなもの

ドメインとは、インターネット上で住所のような役割をしています。ここでは、一般的なドメインについて解説します。

 

下記のように、URLの「domain.co.jp」の部分をひとまとめで「ドメイン」と呼んでいます。

 

ドメイン名イメージ画像

 

サードレベルドメイン』は、自由に表記を選択できますが、世界でたったひとつしか存在できないため、すでに使われている場合は使用することはできません。

 

セカンドレベルドメイン』には複数の種類があり、さらに『トップレベルドメイン』は数多く存在します。

 

トップレベルドメインの代表的なものには、「com」「net」があります。

 

また、「co.jp」は日本で登記している法人しか使えないなど、取得に条件が必要なドメインもあります。

 

オオニシ
ドメインの取得については、後述しています

 

ホームページ作成では独自ドメインを取得

自社のホームページやオウンドメディアを作る際は、独自でドメインを取得することになります。

 

独自ドメインとは、自社(自己)で取得するオリジナルのドメインのことで、一般的には「サードレベルドメイン」の箇所に、自社の社名やサービス名などを用います。

 

独自ドメインを取得した後は、1年毎に更新し続ける限り自社(自己)の所有として利用できます。

 

独自ドメインをひとつ取得すると、「ホスト名」と「サードレベルドメイン」の間に別のドメインを設定して、メインサイト以外のサイトが増やせます。

 

独自ドメインでない場合は自社運用に不向き

ホームページ作成ツールには、誰もが簡単に作成ができる「無料ホームページ制作ツール」と「CMS」と呼ばれる若干の知識が必要なアプリケーションソフトがあります。

※「CMS」の中でも「WordPress」が代表的。

 

WordPressとは
参考WordPressとは?WEBサイトやブログ制作に最適なツール

続きを見る

 

主に、「無料ホームページ作成ツール」では、あらかじめ割り振りが決められたドメインを使用することになります。

 

割り振られたドメインは、「独自ドメイン」とはいわず自社(自己)所有にはなりません。

 

無料ホームページのサービス提供会社に、間借りしているような状態になります。

 

サービスが終了すると、ホームページのコンテンツ(中身)がすべて削除されてしまうため、後に独自ドメインへを取得しても、データの引継ぎができなくなります。

 

再び、イチからコンテンツの制作が必要になります。

 

したがって、手間暇やWEB集客、信頼性の観点から自社のホームページとしてホームページ無料制作ツールで与えられたドメインをビジネスで利用するには不向きです。

 

自社でホームページを持つ場合、顧客からの信頼を得られる独自ドメインの取得は必須です。

 

 

サーバーとドメインを利用する

以下では、独自ドメインとレンタルサーバーの利用方法について解説します。

 

1.レンタルサーバーの契約

レンタルサーバーは、サーバーサービス提供会社の中から選びます。レンタルサーバーには以下のものがあります。

 

 

レンタルサーバーの利用には初期費用と利用料がかかります。

 

サーバーと独自ドメインがセットで登録できるサービスもあり、その場合は割引が受けられることもあります。

 

・初期費用

レンタルサーバーを利用する最初に支払う費用で、千円から5千円くらいが一般的です。

 

レンタルサーバー会社によっては、キャンペーンや条件などで、初期費用が無料になる場合もあります。

 

・利用料

サーバーを利用していく際にかかる月額の利用料で、レンタルサーバーの会社やプランによって異なりますが、およそ月額数百円から3,000円程度です。

 

金額の違いは、使える容量(ファイルなどを格納するスペース)や閲覧されるスピードの速度などが挙げられます。

 

サーバーに、取得した独自ドメインを紐づけることでホームページ構築の準備が整います。

 

ホームページ構築のための具体的な設定方法などは、レンタルサーバーごとに異なります。目的と設定のし易さ、予算などを考えて、自社(自己)に合ったサーバーとプランを選択しましょう。

 

オオニシ
サーバーとドメイン代を合わせても、年間5,000円~30,000円程度で収まるので、ホームページをより良い状態で運用するには欠かせない必要経費です。

 

2.独自ドメインの取得

独自ドメインは、独自ドメイン取得サービスから取得します。有名なドメインサービス会社には下記のものがあります。

 

 

費用については、以下で説明します。

 

・取得費用

ドメインを取得する際にかかる費用です。

 

ドメインの取得には、取得費用と更新費用がかかりますが、費用はどの会社もほぼ同じです。

 

ただし、キャンペーンなどを行っているときに契約すると、初年度は通常よりも費用が安くなります。

 

具体的な金額は、ドメインごとに違います。具体的な金額は、ドメインサービス会社で確認してください。

 

・更新費用

ドメインの取得後、同ドメインを所有するには1年ごとに更新が必要です。

 

たとえ、年の途中で使わなくなったとしてもその年に支払った更新費用は戻ってきません。

 

初年度は、数十円や数百円だったドメイン代が2年目以降は数千円になる場合もあります。

 

ドメインを取得する際は、2年目以降に掛かる更新費用についても確認をしておきましょう。

 

 

サーバーとドメインはWEB集客には必須

サーバーはホームページのデータを保管する場所でWEB上の土地、ドメインはURLの一部でWEB上の住所です。

 

どちらもホームページ作成には欠かせない要素です。

 

ホームページは無料ホームページサービスを使って作ることもできますが、ユーザーの信頼性が低く、サービス終了のリスクもあります。

 

WEB集客を図るのならば、レンタルサーバーと独自ドメインを使って自社のホームページを作成しましょう。

 

女性が理想の収入を手に入れる方法

ブログマーケティングスタートプログラム講座ヘッダー ワーククリエーションでは、女性の経済的自立支援を目的に「ブログを使って女性がひとりで月商7桁を実現し理想の収入を手に入れるために」ブログマーケティングについてレクチャーしています。

セミナーでは「ビジネスモデルのつくり方」「働いていない間もお金を生みだす仕組みづくり」を学んでいただけます。

プログマーケティング・スタートプログラムでは、ブログづくりに特化した「スタートBOOK」を配布中。「オンラインサロン」にも参加していただけます。まずは「知ってみる」ことがとても大事。そのうえで、学びをスタートさせましょう。

ブログマーケティング・スタートプログラムの詳細を確認する

 ワーククリエーション社長ブログバナー 

SEOコンサルタント・ライティングコーチ@オオニシヨウコ

子どもが4歳と3歳のときに離婚。一家の大黒柱として、子ども2人を育て上げた、シングルマザー。

2015年、『女性が子育てしながらも家族の介護をしながらも、働き続けながら収入が得られる環境づくり』を理念に会社を創立。ライター経験ゼロから独学で、ライティング事業を立ち上げる。

ライター育成事業にて、300人以上のプロライターを輩出しながら、編集プロダクション事業を運営し、働く場所を提供。 同時に、200人以上の事業主・経営者の方にライティングの指導を実施。

SEOの知識とライティング技術をフルに活かし、企業の集客・売上、個人の方の就労に貢献しながら、月商7桁・年商8桁を達成。

わずか30日で、Googleの検索結果で上位表示させるSEOライティングには、同業他社からも定評あり。

現在は、これまでの実績をフルに活かして経済的自立を目ざす女性に「ブログを使ってひとりで月商7桁を実現する方法」を教える『女性の起業塾』を開校。同時に、集客を目的としたWEB記事作成サービスも行っている。

ダウンロード販売用コンテンツバナー

-WEBマーケティング

error: Content is protected !!

© 2022 SEOコンサルティング│株式会社ワーククリエーション