ライター

【副業から始めるWEBライター】未経験者や初心者向けに詳しく解説

2022-02-26

オオニシ
オオニシ
副業・本業のどちらでも、「得たい収入」や「やりたい業務」によって関わり方を決められるのが「WEBライターという働き方」です。とはいえ、いきなり独立を考えるのではなく、まずは副業から始めて収入の柱を増やしながら次第に大きく稼ぐことを推奨しています。

ひとつの働き方だけにこだわらず、複数の仕事を持つことや、在宅でできる副業を始める人が増えています。

 

なかでも、誰もが日常的に「文章を書く」という行為を行うことから、未経験でもWEBライターへの取り組みやすさを感じるため、副業としても非常に人気があります。

 

「副業」とは、WEBライター以外の仕事をメインに持ちながら、空いている時間を有効活用してライティング案件を始めることを意味します。

 

また、副業から始める「在宅ライター」と、就業しながらスキルを磨く「企業内ライター」の違いは、任せられる業務内容の幅です。

 

当然、在宅ライター」よりも「企業内ライター」の方が執筆以外の実務を任されるため、早期のキャリアアップ・スキルアップが期待できます。

 

副業から始めて、一定のスキルが身に付いてから企業への転職を視野に入れておくと、最終的に独立や起業へのハードルも低くなります。

 

ここでは、副業・未経験から始めるWEBライター(在宅ライター)の仕事内容や収入、仕事の始め方などの基礎知識について解説します。

 

副業・本業:WEBライターの概要

 

副業から始める場合も、WEBライターの具体的な仕事内容や収入、始めるメリットについて知っておきましょう。

 

WEBライターの仕事内容

WEBライターは、インターネット上に掲載される記事を執筆する仕事です。

 

執筆する記事には、コラム文やメールマガジン、商品の広告文など複数あります。

 

ジャンルは、旅行やグルメなどの趣味に関わるものから、マーケティング系や医学や法学といった専門的なものまで多岐にわたります。

 

世の中にある情報化できるものはすべてといってもよいでしょう。

 

また、WEBライターの仕事は、単に執筆するだけではありません。

 

依頼される案件によっては、以下で紹介する業務もWEBライターの仕事内容に含まれます。

 

リサーチを行う

執筆前に記事の内容について、インターネットや書籍などを使って下調べをします。

 

もともと知識があることでも、エビデンスとなる情報をしっかり確認しておくことで間違いのない文章がつくれます。

 

文章構成作成をつくる

文章構成とは、文章の流れを示す目次であり設計図のようなものです。文章構成があることで、記事全体のイメージがつかめます。

 

文章構成作成と執筆がセットで依頼される場合もあります。

 

取材を行い執筆する

取材とは、記事に掲載する素材の取材や専門家へのインタビューなどです。

 

インタビューの相手から多くの情報を引き出すことで、素材が集まり、より良い記事の作成ができます。

 

取材には、掲載用の簡単な写真撮影が含まれる場合もあります。

 

専用のWEBシステムに入稿する

執筆した記事は基本的には文書データで納品しますが、クライアントの指示のもと専用のWEBシステムに入稿するまでが仕事に含まれることもあります。

 

専用のシステムの多くはCMS(Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム)と呼ばれるもので、WEBサイトをつくる際に利用します。

 

WEBサイトのコンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウト情報などを一元的に保存・管理するシステムのことです。

 

一般的に多くの企業や一個人が利用しているCMSでは、WordPressというアプリケーションソフトが有名です。

 

ライター自身がブログを構築して運用する際にも、WordPressが必要になるため、あらかじめ知識を得ておきましょう。

 

こちらもCHECK

WordPressとは
WordPressとは?WEBサイトやブログ制作に最適なツール

続きを見る

 

WordPressなどの専用のシステムに投稿した文章は、一度書いて終わりというわけではなく、優良な記事に近づけるためにさらに加筆修正などを行いながら手を加えて育てていきます。

 

そのため、記事を整えていくための編集スキルをもっていると、どの企業やクライアントからも重宝されます。

 

WEBライターの収入

WEBライターの主な報酬形態は、文字単価と記事単価が一般的です。

 

  • 文字単価:1文字△円×文字数
  • 記事単価:1記事:△円

 

金額は、1文字1円以下という単価から、1記事数万円という単価のものまでさまざまです。

 

その違いは、WEBライターとしての経験年数ではなく、記事の内容やライターのスキルによります。

 

たとえば、簡単なリサーチでも書き連ねることができる内容であれば、比較的単価が小さい傾向にあります。

 

オオニシ
とはいえ、リサーチに時間を要しない案件は、単価が小さくても「時間換算にした場合、相応の対価になる」といえます。「いかに効率良く執筆を進められるか」が、報酬の大小を決定します。

 

対して、専門的な知識を要する記事は、ライターとしての経験値や専門スキルを求められるため単価が高くなります。

 

また、同じWEBライターでも、SEOライティング(詳しくは後述)ができるなど、通常よりも貢献できるスキルが高い場合も、単価の高い仕事獲得につながります。

 

副業でWEBライターを選ぶメリット

副業としてWEBライターを選ぶメリットは3つあります。

 

初心者でも始めやすい

WEBライターになるためには、経験や資格必要ありません。

 

発注者が「初心者可」とうたっていれば、条件さえ満たせば比較的チャレンジしやすい仕事です。

 

条件とは、主に下記の内容が挙げられます。

 

  • 好奇心があり調べごとが苦にならない
  • 丁寧な文章を書くことを心がける
  • 指示書を理解する力がある
  • コミュニケーションが図れる
  • レスポンス・納期が守れる

 

実際に、初心者でも応募可能な仕事もあり、初心者から始めてWEBライターとしてスキルを高めていく人が大勢います。

 

ただし、ライターとして経験を積み効率良く収入を得られるようになるには、積極的に取り組みながら実績を積んでいくことが必要です。

 

WEBライターになるための必要なスキルについては、下記の記事で詳しく述べています。

 

こちらもCHECK

WEBライターになるには?必要なスキルと仕事を始める方法

続きを見る

 

時間や場所を選ばず手軽に始められる

WEBライターは、パソコンとインターネット環境さえあれば時間や場所を選ばずにできる仕事です。

 

そのため、通勤時間や昼休みの時間を活用して、執筆前の情報収集を行うなど、空いている時間を有効に使って仕事ができます。

 

また、本業が忙しい場合には受ける案件をひかえめにすることや休日を活用するなど、本業に影響がないようにスケジュールを組んで働くことも可能です。

 

今の時代に必要な技術や知識が身に付く

WEBライターを続けていくと、文章力が磨かれてライティング技術はもちろん、マーケティングについてもスキルが身に付きます。

 

また、WEBライターはさまざまなジャンルの記事を書くので、これまで知らなかったことや興味のなかった分野に新たな知識が広がります。

 

さらに、WEB記事を書くのに必要なSEOやWEBの知識も身に付きます。

 

これらの知識や技術は、WEBライターとしてだけではなく、本業などのさまざまな場面で考え方や実践力として活かせます。

 

文章の基礎・ライティングに関する記事一覧バナー

 

 

WEBライター副業:仕事の始め方

 

WEBライターの概要についてわかったところで、次は実際の仕事の始め方について解説します。

 

WEBライターとして、副業から仕事を始めるには、主に3つの方法があります。

 

  • クラウドソーシングに登録する
  • WEBメディアのライター求人に応募する
  • 企業のライター募集案件に応募する

 

以下で、それぞれについて紹介します。

 

クラウドソーシングサイトを利用する

WEBライター未経験や初心者で仕事を始めるのであれば、クラウドソーシングを利用するのがよくいわれている方法です。

 

オオニシ
WEBライターとしてスキルを高めるためには、当社は「クラウドソーシングサイト」の利用はおすすめしていませんが「このような仕組みがある」ということを知っていただくために紹介します。

 

クラウドソーシングとは、企業や個人がインターネット上で不特定多数の人に業務を発注する業務形態です。

 

大手のクラウドソーシングサイトには、クラウドワークスやランサーズ、サグーワークスなどがあります。

 

クラウドソーシングを利用する際は、登録料や会費はかかりませんが、仕事が発生した後、報酬から手数料が引かれるしくみです。

 

そのため、「思いの外手元に残らない」ということも起こります。

 

クラウドソーシングで募集している案件には、未経験者や初心者でも応募できるものがあるので探してみましょう。

 

方法は、『登録→プロフィール作成→応募』の順に進めます。

 

ただし、多くの案件には応募者の実力を図るために『テストライティング』が行われます。テストに合格しなければ、仕事を請けることはできません。

 

未経験や初心者であっても挑戦する場合は、少なくともWEBライティングについては勉強しておきたいところです。

 

参考WEBライティングに必要な基本ルールと注意点を理解する

続きを見る

 

WEBメディアのライター募集に応募する

広告会社やWEBメディア運営会社の多くは、メディアに寄稿してもらいたいライターを募集しています。

 

募集内容はメディアに記載されているため、得意分野のジャンルのメディアを見つけたら運営会社などをチェックしましょう。

 

実績を求められることが多いですが、なかには経験が少ないライターでも応募が可能なメディアもあります。

 

WEBメディアの運営会社と直接契約するため、報酬についてはクラウドソーシングのように手数料が引かれることはありません。

 

企業の求人募集に応募する(業務委託)

WEBライターの仕事の始め方には、Indeedやマイナビなど求人サイトの業務委託・在宅ライター求人募集に応募する方法もあります。

 

企業は、社内で活躍してくれる求職者を探していることも多くありますが、副業でライター業務を行う場合は、雇用されるのではなく業務委託として契約します。

 

WEBメディアライターと同様、企業と直接契約するので報酬から手数料を引かれることはありません。

 

企業の募集案件については、若干経験のある初心者は可能であっても、まったくの未経験者は受け付けていないことが多くあります。

 

そのような時は、まずはライター講座で基礎スキルを習得し、次いでクラウドソーシングに挑戦するなど多少の実績を積んでから、企業の求人募集に応募するとよいでしょう。

 

また、企業が求めているスキルを持っている場合は、継続的に仕事を依頼される可能性があります。

 

さらに、企業の中には納品した原稿に対して、適切なフィードバックを行ってくれるケースもあります。

 

ライタースキルを高めていくためには、添削とフィードバックされることは極めて重要です。

 

そのため、ライティングスキルを高めるためには、企業と直接つながることが理想です。

 

 

副業から始めるWEBライター「稼ぐために必要なこと」

初心者や未経験者でも簡単に始められるWEBライターですが、基本的な文章力以外にも収入を上げるには必要なことが2つあります。

 

SEOに特化したライティングスキルを身に付けること」と「自分のブログやメディアを立ち上げること」です。

 

SEOとはSearch Engine Optimization(サーチ・エンジン・オブティマゼーション)の略で、日本語に訳すと『検索エンジン最適化』を意味します。

 

 

ひと言でいうと、GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果で上位表示させるための手法や施策を指します。

 

こちらもCHECK

WEBライターの仕事に直結するSEOの知識とSEOライティング

続きを見る

 

SEOライティングについて勉強する

WEBライターでしっかりと収入を得るためには、SEOに特化したライティングは必須のスキルです。

 

さらに、SEOライティングを行った記事に対してアクセス解析を行うことで、企業にとっては「どんなキーワードで検索されているのか」が明確にわかるようになるため、WEB戦略が適切に行えるメリットがあります。

 

こちらもCHECK

SEOライティング画像
SEOライティングとは?初心者にもわかりやすい6つの視点

続きを見る

 

WEB記事で、多くのユーザーに見つけてもらいアクセスを増やすためには、Googleなどの検索エンジンによる検索結果で上位に表示されることが条件となります。

 

そのため、クライアントはSEOライティングの知識と技術を持ち合わせたライターを必要としています。

 

SEOライティングは、手順通りに行えば身に付く技術です。

 

WEBライターとして長く働くことを考えるのならば、独学ではなく講座などを利用して本格的に学ぶと良いでしょう。

 

自分のブログやWEBサイトを開設する

WEBライター募集の案件に応募する際に、企業や発注者に自分のスキルを知ってもらう方法として、自分のブログやWEBメディアを開設しておきましょう。

 

自分のブログやWEBメディアとは、Amebablog(アメブロ)どのレンタルブログサービスを利用したものではなく、WordPressなどを利用して自らWEBサイトを立ち上げることです。

 

参考ビジネス向けなら無料ブログよりも有料ブログ!違いを知って始めよう

続きを見る

 

WEBライターの募集要項には、過去に執筆した記事を実績として見せることが応募の条件になっている場合があります。

 

ライター未経験者や初心者の場合は、見せられる実績がありません。

 

たとえ、多少の実績があっても、特にクラウドソーシング案件の場合は、受注して執筆した記事の公言ができないようになっています。

 

その点、自分のブログやWEBメディアを持っていることで、ライティングスキルや所持している知識を見せるための「ポートフォリオ」として役に立ちます。(ポートフォリオとはこれまで手掛けた作品のこと)

 

自分のブログやWEBメディアを開設するには、WEBやWordPressなどの知識が必要となりますが、講座などを通して学べば目的に沿ったものがつくれます。

 

ブログやWEBメディアを解説して所持することは、SEOライティングの知識と同様に、WEBライターの強みとなることなのでしっかり学ぶようにしましょう。

 

また、ブログやWEBメディアを持つことで、ライターとしての活動以外にアフィリエイトを運営することもできるため、収入の柱を増やしていくきっかけにつながります。

 

他にも、WEBライターとして稼ぐために必要なスキルについては、下記のページで紹介しています。あわせてお読みください。

 

参考WEBライターの始め方!必要な3つのスキルとブログ運用で稼ぐ方法

続きを見る

 

 

副業から始めるWEBライターの位置づけ

WEBライターの需要も高くなるに連れて、企業から求められるスキルも高くなり、未経験や初心者が挑戦できる案件は年々減りつつあるものの、ゼロではありません。

 

キャリアプランを考えてスキルアップしていけば、WEBライターとしてしっかりと収入が得られるポジションをつくることは可能です。

 

参考WEBライターのキャリアプラン!ライフイベントの多い女性に最適

続きを見る

 

しかし、実際は多くの人が『WEBライターでできることの可能性』を知らずにいます。

 

WEBライターの技術を活かせば、「編集ライター」「ライティング講師」にもなれて、WEBメディアを構築・運用(広告収入など)していくことも可能です。

 

参考WEBライターで自分メディアを構築・運用して独立起業をめざす!

続きを見る

 

また、正しい方法でスキルを身に付ければ、本業で他業種に就いたとしても、WEBライターを副業にして収入を得ることもできます。

 

ただし、副業ライターの場合は、限られた時間での作業となるため経験値がどうしても少なくなり、経験のない業務や案件を任せてもらえることが難しくなります。

 

「副業ライターのままでいくのか」それとも、仕事の幅を広げていくために「専業ライター」として活躍するのか、本人のやる気次第です。

 

 

副業から始めて収入の柱を増やしていくならWEBライターが最適

WEBライターは、インターネット上の記事を執筆する仕事です。

 

パソコンとインターネット環境があればできるので資金は必要なく、未経験者や初心者でも副業として始めやすいのが特徴です。

 

とはいえ、WEBライターの仕事は多岐にわたり、WEBライターで稼いでいくには「WEBの知識」「SEOライティングの技術」を持つことが必須です。

 

言い換えれば、「WEBの知識」「SEOライティングの技術」を学びながら実践で身につけていけば、副業から始めて大きく収入を得られる仕組みをつくれます。

 

時間を有効活用できる副業として最適なWEBライター。副業ライターに興味がある人は、ぜひチャレンジしてみましょう。

 

女性が理想の収入を手に入れる方法

ブログマーケティングスタートプログラム講座ヘッダー ワーククリエーションでは、女性の経済的自立支援を目的に「ブログを使って女性がひとりで月商7桁を実現し理想の収入を手に入れるために」ブログマーケティングについてレクチャーしています。

セミナーでは「ビジネスモデルのつくり方」「働いていない間もお金を生みだす仕組みづくり」を学んでいただけます。

プログマーケティング・スタートプログラムでは、ブログづくりに特化した「スタートBOOK」を配布中。「オンラインサロン」にも参加していただけます。まずは「知ってみる」ことがとても大事。そのうえで、学びをスタートさせましょう。

ブログマーケティング・スタートプログラムの詳細を確認する

 ワーククリエーション社長ブログバナー 

SEOコンサルタント・ライティングコーチ@オオニシヨウコ

子どもが4歳と3歳のときに離婚。一家の大黒柱として、子ども2人を育て上げた、シングルマザー。

2015年、『女性が子育てしながらも家族の介護をしながらも、働き続けながら収入が得られる環境づくり』を理念に会社を創立。ライター経験ゼロから独学で、ライティング事業を立ち上げる。

ライター育成事業にて、300人以上のプロライターを輩出しながら、編集プロダクション事業を運営し、働く場所を提供。 同時に、200人以上の事業主・経営者の方にライティングの指導を実施。

SEOの知識とライティング技術をフルに活かし、企業の集客・売上、個人の方の就労に貢献しながら、月商7桁・年商8桁を達成。

わずか30日で、Googleの検索結果で上位表示させるSEOライティングには、同業他社からも定評あり。

現在は、これまでの実績をフルに活かして経済的自立を目ざす女性に「ブログを使ってひとりで月商7桁を実現する方法」を教える『女性の起業塾』を開校。同時に、集客を目的としたWEB記事作成サービスも行っている。

ダウンロード販売用コンテンツバナー

-ライター
-,

error: Content is protected !!

© 2022 SEOコンサルティング│株式会社ワーククリエーション