ライター ワーク

ライターのキャリアプラン!女性が生涯を通じてできる仕事を考える

2021-03-15

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

オオニシ
オオニシ
WEBライターは技術職であるため、子育て中も働き続けられます。非常に、キャリアプランが立てやすい職業です♪

こんな方におすすめ

  • WEBライターとしてキャリアプランを立てたい人
  • WEBライターのキャリアに必要なことを知りたい人
  • 子育て中も変わらず遣り甲斐のある仕事に就きたい人

これまで、限られた人材しか挑戦できなかった『ライター』という職業も、クラウドソーシングの普及に伴い、WEBライターとして仕事に挑戦し始める人が増えています。

 

ライターは技術職であるため、フリーランスでも仕事ができることから、子どもを持つ女性でも続けやすく、キャリアプランが立てやすいのが特徴です。

 

しかし、WEBライターの場合は、WEBの知識なども必要であるため、実際は単に文章が書けるだけではライターを続けていくことはできません。

 

ここでは、ライターという職業のメリットや女性がキャリアを重ねていくために必要なことなど、ライターのキャリアプランについて解説します。

 

WEBライターの仕事内容と魅力

WEBライターの仕事は、文章を執筆するだけでなく多岐にわたります。

そして、仕事にはWEBライターならではの魅力があります。

 

WEBライターの仕事内容

WEBライターは、WEBサイトの記事となる文章を書く職業です。

WEB上の記事を書いて、主に、企業や個人事業主の方の集客や売上に貢献するのが仕事です。

 

新聞や雑誌などの紙媒体のライターとの大きな違いは、WEBの知識を必要とする点です。

 

参考WEBライターと紙媒体ライターの違いとは?書き方の特徴も解説!

続きを見る

 

具体的には、企業がユーザーに向けて発信する自社サイト(オウンドメディア)のコラム記事やブログなどの執筆があげられます。

参考オウンドメディアとは?基本的な知識と注目されている理由

続きを見る

 

執筆するジャンルは、日常生活に関するものから医療や金融系などの専門知識を必要とするものまで幅広くあります。

 

そのため、ライターの仕事は記事の執筆だけにとどまらず、執筆内容についてのリサーチはもちろん、インタービューを行うこともあります。

 

また、執筆した記事をWEB制作ツールに投稿をすることもあり、仕事内容は多岐にわたるのが特徴です。

 

クライアントの依頼のもと、さまざまなジャンルの記事の情報収集をしてWEBの知識に沿って執筆しWEB上に公開する、それがプロのWEBライターの仕事になります。

 

WEBライターという仕事の魅力

WEBライターの仕事には、3つの魅力があります。

以下で詳しくみていきましょう。

 

パソコンひとつでどこでも働ける

ライターの仕事は、パソコン1台あればできる仕事です。

さらに、インターネット環境があれば、仕事をする場所は選びません。

 

執筆だけならば、他に道具はいらずコストがかからないため、雇用されずフリーランスで働いているライターも多くいます。

そのためには、ライターとして基本スキルを磨き実績を積むことが重要なポイントになります。

 

自分の書いた文章が評価される

上述のとおり、WEBライターは企業や個人事業主の方の代わってWEB記事を書くことが主な仕事です。

 

そのため、依頼者のホームページや商品・サービスへの誘導ができるようなWEB記事が書ければ、高評価を受けます。

 

評価はライターにとって、良い仕事を継続するうえで大きな励みになります。

 

インターネットに関わる将来性のある仕事である

インターネットが生活の一部となった現代に置いて、WEBメディアの需要は非常に高まっています。

質の高いコンテンツをつくるために、WEBライターの存在はなくてはならないものになりました。

 

インターネットに関わる仕事は将来性があるため、確かなスキルを持ったライターは長きににわたって重宝されます。

 

 

女性がライターというキャリアを選ぶメリット

 

WEBライターという仕事は、働き方が選択できるところも魅力のひとつです。

 

働き方は大きく分けて、下記の3つです。

 

  • 企業に勤める
  • フリーライターとして仕事をする
  • ライタースキルを持って事業を興す(企業)

 

 

なかでも、女性がWEBライターでフリーランス(フリーライター)という働き方を選択した場合、『自宅で仕事ができる』と『仕事量をコントロールできる』点に人気があります。

 

自宅で仕事ができる

前述のとおり、ライターは技術職であることからフリーランスで働くことができます。

企業に勤務をせずに、自宅で働くことが可能であるため、女性が結婚や出産を経ても働き続けやすい仕事です。

 

ライターは、クライアントから提示された締め切りを守ることができれば、比較的自分で時間がコントロールできる職業です。

そのため、「家事や育児と仕事を両立させながら働く」ということができます。

 

また、子どもの突然の病気や怪我といったトラブルがあったとしても、自宅で作業をしているため「仕事の締切の都合に合わせながら対応ができる」というメリットがあります。

 

とはいえ、仕事を請ける以上は通常の勤務と変わらず、出社する状況と同じように考えて、日中は仕事を優先できる環境づくりが必要です。

 

子どもが自分の意志で行動できるようになれば、同じ部屋にいても仕事を優先することもできますが、そうでない間は子どもが就寝時などを利用して仕事をすることになります。

 

ライターの仕事は、思いの外集中力が必要です。

 

しかし、子どもが幼少の期間をどう過ごすかによって、女性のキャリアは変わってきます。

そのためにも、コツコツと技術を磨いていきましょう。

 

自分の生活に合った働き方ができる

フリーランスのライターは、仕事量を自分で調整しながら働くことができます。

より多くの収入を得たい場合は、時間を長くして働くことで収入を増やせます。

 

一方で、家事や育児をメインにして、空いた時間に働きたい場合は仕事量を抑えられます。

 

仕事量を抑えることで、収入を抑えて夫の扶養内で働くということも可能です。

 

自身の生活に合わせて、収入と仕事のバランスを調整しながら働けることは、大きなメリットです。

 

メリットを十分に活かすには、ライターとしての基礎力を磨いておくことが大前提となります。

 

 

WEBライターとしてのキャリアプラン

ライターのキャリアプランには、『ライターとしてキャリアを重ねる』と『ライターからキャリアアップを図る』の2つの道があります。

 

ライターとしてのキャリア

WEBライターになるために、資格は必要ありません。

WEBライターを名乗ればキャリアをスタートさせることができます。

 

しかし、クラウドソーシングなどで手軽に挑戦できる職業であるからこそ、企業や依頼者が求めるスキルのあるライターでなければ長く続けていくことができません。

 

ライターとしてのキャリアアップのひとつには、専門分野に特化したライターになることがあげられます。

 

趣味や過去の職業などに関連するものや実績を積んだジャンルを得意分野とすることで、専門分野に精通したライターへとキャリアアップが図れます。

 

専門ライターの強みは、より信頼性のある高品質な記事を書けることです。

そのためクライアントからの仕事の依頼が来やすくなり、記事の単価のアップも見込めます。

 

ライターからのキャリアアップの道

ライターとしてキャリアを重ねる以外に、これまでの経験値を活かしてさらに関連性のある職業にキャリアアップするという方法もあります。

 

キャリアアップの道には主に『編集者』『ディレクター』『コンサルタント』の3つの職業があります。

 

編集者

編集者とは、WEB記事の企画や編集を担当します。

執筆を担当するライターとは異なり、編集者の仕事は全行程を通して「公開できる記事」をつくることです。

 

編集者は、世の中のニーズを把握して記事の構成を企画して、さらにライターが執筆した記事に図解や写真などを挿入し、公開できる状態に編集します。

 

ただし、現在では編集とライター業務のどちらも行えるライターへのニーズが高まっています。

2つの業務を行える人は「編集ライター」とよばれています。

 

ディレクター

ディレクターは、WEBサイト全体の管理を担当します。

執筆や編集の知識だけではなく、WEBサイトの制作の経験や知識が必要となります。

 

また、サイト全体の統括として、マーケティング戦略を担うこともあります。

 

コンサルタント

ライターからコンサルタントになる場合は、WEB集客を行いたい企業や依頼者にノウハウを提供します。

 

ライターとして執筆を続けていると、自社所有サイトの構築やWEB集客の方法などの技術や知識が身につきます。

 

身についた技術や知識を企業や依頼者にアドバイスすることで、コンサルタントへの転身ができるのです。

 

 

ライターとしてのキャリアに必要なこと

 

ライターとして確実にキャリアを重ねるには、まずは文章力を身に付けることが先決です。

そのうえで、目的に応じた書き分けができるようになります。

 

広告などで『日本語が書ければ誰でもライターになれる』『30日で稼げる』など、意図も簡単にライター業務ができるようなキャッチコピーが見られますが、100%間違いであることを念頭に置いておきましょう。

仮にそうであったとすれば、単調なスキルアップが望めない下請け業務である可能性が高いため、注意が必要です。

 

確かな文章スキル

文章を書くことが仕事であるライターにとって、簡潔で読みやすい文章を書くスキルは必須です。

 

WEBライターとして身につけておきたい代表的な文章スキルには、以下の3つがあります。

 

1.結論を先に書く

WEBライティングの文章では、起承転結を基本とした小説やエッセイなどとは異なり、結論を先に書く構成を用います。

 

読者が最も知りたいことが先にわかる文章でなければ、読者は最後まで読むことなくWEBページを離れてしまう可能性があるためです。

 

結論を先に書く書き方をロジカルライティングといいます。

PREP法の説明図

 

ロジカルライティングの代表的なフレームワークに『PREP法』があります。

こちらもCHECK

ロジカルライティングとは?文章を劇的にわかりやすくする書き方

続きを見る

 

2.書き言葉を使う

言葉には書き言葉(文語体)と話し言葉(口語体)があります。

WEBライティングでは、書き言葉で文章を書きます。

 

書き言葉で書いた文章は、格式高く信頼性がある印象を読者に与えるため、コンテンツで使用する言葉としては適しています。

こちらもCHECK

話し言葉・書き言葉の違いとは?使い分けると文章の評価が上がる

続きを見る

 

 

3.わかりやすい表現を用いる

WEBページは誰でも閲覧できるため、わかりやすい文章で書かなければなりません。

専門用語や一般的ではない単語は、誰が読んでもわかる表現に置き換えます。

 

 

SEOの知識

WEBライターとして仕事をするためには、『SEOの知識』が必要です。

SEOとは、Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オブティマゼーション)の略で、日本語に訳すと『検索エンジン最適化』になります。

 

つまり、Googleなどの検索エンジンで検索した際に上位表示するための手法や施策のことを指します。

 

SEOに特化したライティングを『SEOライティング』といいます。

 

SEOライティングのイメージ図

 

SEOライティングは、WEB上の記事を書くライターであれば習得しておきたい技術のひとつです。

 

こちらもCHECK

SEOライティングのコツ
SEOライティング書き方8つのコツ!検索結果で上位表示させる方法

続きを見る

 

独学で学習することはできますが、SEO効果を実践的に知るためには自身でブログやコラムサイトなどの運営が必要です。

 

 

企業は、自社の商品やサービスを多くの人に知ってもらいたいと思っているため、ライターにはSEOライティングのスキルを求めています。

 

WEBライターとしてキャリアを重ねるためには、文章力に加えて『SEOライティング』を身に付けておきましょう。

 

『文章力』と『SEOの知識』この2つを確実に身につけることで、数多くいる他のライターとの差別化が図れます。

 

 

ライターのキャリアプランを立てるには確かなスキルを身につける

WEBライターはパソコンひとつあればできる仕事です。

結婚や出産を経て時間や働き方に制約のある女性がキャリアを積むのに適しています。

 

ライターを名乗る人は大勢いますが、企業や個人事業主となるクライアントが求めているのは「確かな技術を持つライター」です。

ライターとしてキャリアプランを立てるには、他のライターと差別化を図ることができるSEOライティングや文章スキルの習得が必要です。

 

WEBライターに必要な技術を手に入れて、女性が一生続けていけるキャリアをスタートさせてみませんか?

WEBライターの働き方がわかる無料メール講座はこちら♪

ワーククリエーションでは、女性ライターの『キャリアアップや働き方』『スキルアップ』に関する相談を無料でお受けしています。

お気軽にお問合わせください。

 

お問合せフォーム

 

TEL 052-253-9893 (受付:平日9時~18時)

-ライター, ワーク

error: Content is protected !!

© 2021 SEOライティング│株式会社ワーククリエーション