ライター講座:よくある質問

SEOライター養成講座のよくある質問

受講を検討されている方からの、よくある質問にお答えします。

 

未経験者の受講可否

ライティングやライター未経験者ですが、セミナーや講座に申込むことはできますか?

はい。もちろん未経験者の方も受講可能です。

セミナーや講座は、ライター未経験者や初心者の方が理解しやすい内容になっています。

最近は、自己流で始めた駆け出しライターさんが、稼げないお悩みを抱えて現状を脱却するために学ばれる人が多くなってきましたが、未経験の方もいます。


仕事の開始時期

ライター未経験者ですが、講座を受けるとすぐにライターの仕事をはじめることができますか?

ライティングの基礎的なスキルなら、2カ月前後で身に付くため、受注単価を選ばなければ受講期間中からライターの仕事を始めることができます。

講座修了時には、ポートフォリオとなるブログやメディアサイトを所持しているため、受講期間中よりも案件が選べる状況になっています。


ライターの収入事情

子どもが病気をして長期休暇をしたことが原因で、パート勤務ができなくなったため、在宅でできる仕事を模索しWEBライターにたどり着きました。

学ばずにクラウドソーシングに登録しましたが、思うように仕事が取れないうえに、報酬が少なくてわずかな収入にしかなりません。

クライアントからは、原稿に対してのフィードバックももらえず、先が見えないことに不安を覚えます。どうすれば、WEBライターとして稼げるようになるのか知りたいです。

また、WEBライターとSEOライターでは収入が違いますか?

最近の駆け出しライターさんのなかで最も多い悩みが、こちらの相談の内容と同じです。

在宅でできるクリエイターの仕事は、WEBライター以外にも複数あります。例えば、WEBデザイナーやプログラマーなどが当てはまり、誰もが技術を習得しなければならないことがわかっています。

しかし、文章を書くという行為は幼少のころから「生活の一部になっている」ことから、同じクリエイター職でもWEBライターの場合は「学ばなくともスタートできる」と安易に思ってしまいます。

そのため、理想と現実のギャップが大きくなってしまうのです。WEBライターは技術職です。経験がないのにすぐに稼げるほど、簡単ではありません。

とはいえ、確かに文章を書くという行為は日常的に行えることであるため、専門家からライティングを習い、しっかりとトレーニングを積み実績を重ねていくことで、理想の収入が得られるようになります。

検索エンジンの検索結果で上位表示させるSEOライティングを実装できれば、一般的なWEBライターよりも需要があります。

ライタースキルを持ち、自ら能動的にクライアントを獲得していくなら、キーワード選定や編集、サイト制作に携われる「SEOライター」の方が報酬は高くなります


高単価案件を獲得する方法

クラウドソーシングで、記事を書いたことがありますが、単価が低くてほとんど収入にならずやめてしまいました。高単価案件を獲得する方法を知りたいです。

SEOライター養成講座では、高単価案件を獲得することをめざしてトレーニングを行います。高単価案件に繋がる知識や技術を3~6カ月間でマスターしていただきます。(コースによって異なる)

ライター業務で報酬が得られるのは、個人差はありますが早い人なら受講を始めて2カ月前後です。

大抵、高単価案件は誰でも簡単に応募ができるクラウドソーシングなどで公開されておらず、紹介などでライターを探すことが多く、基本的には非公開になってます。

とはいえ、公開案件の中でも単価が高い案件を探す場合は、求人サイトで募集案件を探すとよいでしょう。

クラウドソーシングよりも、フィードバックがもらえる確率も高くスキルアップにつながります。

また、SEOライター養成講座では、ブログやメディアサイトを構築を課題にし、開設・運用までできるスキルが身に付けられるため、初心者ライターの壁となる実績が必然と積みあがり、「高単価案件の獲得」「第2の収入源づくり」につながります。


フリーランスライターで仕事をするには

今は会社員で事務の仕事をしています。将来的にフリーランスとして独立したいと考えています。フリーランスのライターとして仕事をする方法が知りたいです。

ライターとして実績がない状態でフリーランスになっても、生活ができるほどの収入を得ることは難しいため、必ず専門家から学ぶことが必要です。

ライターの基礎力は文章力です。文章力を向上させるには、「書く」「添削」「フィードバック」の繰り返しが必要です。

まず、講座やスクールで専門家から学べる環境づくりから始めましょう

SEOライター養成講座では、受講期間中からライターの仕事を始めることができます。また、実績づくりのために、自身でブログやメディアサイトを開設したり、当社が運営するメディアへの寄稿が可能です。

SEOライター養成講座なら、ライターとして独立・起業するためのフォローアップ・サポート環境が揃っています。


自営業兼ライターになるには

自営業者です。ライターとして収入を得るほかに、自分の事業のWEB集客につかえるライティングスキルを身に付けたいと思っています。

受講することは可能ですか?

はい、もちろん可能です。

ライティング技術は、ライターとして収入を得ていただくこともでき、ご自身のビジネス・事業のWEB集客に使えます。

ライティングをマスターすると、自社のWEB担当やライターの育成ができます。

また、いずれ外注化する場合でも、自身が基本的なライティングスキルを身に付けておくことで、外注ライターに向けて確実な指示出しが行えます。


ライター業務にパソコンの必要性

パソコンを持っていません。スマートフォンやタブレットでライターの仕事をはじめることはできますか?

ライターの仕事をはじめるのであれば、パソコンは必須です。

ライターは仕事の打ち合わせもオンラインで行うことが多いので、インターネット環境も整えておく必要があります。また、ライターになるスキルを身に付けるためのトレーニングにおいても、パソコンは必要です。


「SEOライター養成講座」のカリキュラムと受講費について

文章を書くことが好きなので、ライターになりたいと思っています。セミナーと説明会を受けてみて自分にもできそうだと思ったら、本格的に講座を受けたいと思っています。

講座で学べるカリキュラムや受講費について詳しい内容を教えてもらえますか?

『プレセミナー&講座説明会』への参加者の方には、その場で講座のカリキュラムや受講費について詳しくご案内をさせていただいています。また、『女性ライター起業塾』の公式ページ、もしくはこちらのページにカリキュラムを記載していますので、ご覧ください。

概要のみお伝えすると、基礎コース(12万円~(税別):添削3本×3回・期間3カ月)/WEBメディア制作コース(33万円~(税別):添削無制限:期間9カ月)いずれも、コミュニティの利用が可能で、案件をお渡ししたりスキルアップ情報などは、永年サポートします。(変動する場合あり)

ほかには、「文章力トレーニング講座」「1DAY実践講座(記事構成のつくり方)」「SEOライティング講座」「ライティング講師養成コース」などがあります。

説明会では質問についても、当日受付けています。また、内容については変動する場合があるため、最新情報については『プレセミナー&講座説明会』でお尋ねいただくか専用フォームからお問合わせください


授業の進め方について

以前、他のライティングスクールに通っていましたが一斉授業だったのでついていけずに挫折しました。

ライティングスキルを身に付けて、できればライターとして収入を得たいと思っています。こちらではどのように授業を行っていますか?

女性ライター起業塾では、グループで授業や勉強会を行うこともありますが、執筆トレーニングにおいては、基本、マンツーマン学習としています。(一部、グループ講義あり)

個々のスキルや生活環境がそれぞれ異なるため、この方法が最善だと思っています。

したがって、「ついていけない」「置いてけぼりになる」といった心配はまったく無用です。どなたでも安心して学んでいただくことができる環境となっています。


課題の可否・提出期限と回数

受講期間中は課題はありますか?また、提出期限や回数は決まっていますか?

文章力に自信がないので、受講期間内にライティングスキルがマスターできるかが不安です。

課題はあります。トレーニングを行い「執筆→添削&フィードバック」を繰り返すことで、文章力が向上します。

当社の特徴のひとつに、「文章作成に苦手意識がある人をプロライターにした実績」があります。受講者さんご本人が諦めさえしなければ、当社はライティングで収入が得られるところまで伴走します。

受講期間中にマスターしていただけるように、全力でサポートします。万が一、受講期間内に目標スキルが達成できない場合でも、サポートは永続的に行いますので安心して受講してください。


現在、パートの契約社員で仕事をしています。子どもの保育園の送迎や家事との両立が大変なので、次の契約更新時は更新せずに、できればフリーライターとして仕事を始めたいと思っています。今から受講を始めて6カ月後には、収入が得られるようになるでしょうか?

受講中、トレーニングの時間をどのくらい確保できるかにもよりますが、カリキュラムに沿って課題の本数もクリアしていただければ、通常は可能です。

ただし、ライターとして仕事を始める場合も受注単価や本数によって収入は異なります。そのため、目標の収入額にあわせて時間の確保も行うようにしてください。働き方についても、サポートを行っていますので、お気軽にご相談ください。


取材案件の対応について

紙媒体のライターの場合、取材を行うことが多いと思いますが、WEBライターは在宅でできる仕事のみでしょうか?

人と接することが好きなので、取材した記事を書きたいのですが、家庭の都合が急に入ってきたりすることを考えると気軽に受けることができません。

紙媒体専門のライターに限らず、WEB専門のライターにも取材案件はあります。取材案件は、リアルに人の声を記事にできる楽しさや喜びがあることから、ぜひ身に付けていただきたいスキルのひとつです。

取材案件が苦手な人は「受けない」という選択ができます。対して、「受けたい」けれど、ご質問のような事情がある場合は、下記を参考にしてください。

今は現地に行かずに、オンライン会議システムなどのツールを使って取材することが多々あります。生活をしていれば誰しも、どうしても外せない緊急事が入る可能性はゼロではありません。

ですから、まずはオンライン取材から始めてみて、万が一のときは代理が立てられるように事前に準備をしておくことが大事です。

タイムスケジュールが安定しない間は、ひとりで案件を請けるよりも、当社のようにライターの育成と案件の管理を行っている会社に所属してライター業を始められることをおすすめします。


自分のスキルに明確な自信がない場合

フリーライターとして3年間、仕事をしてきました。もともとは独学で始めたこともあり、いまいち自分のスキルに自信が持てずにいます。受注した案件で執筆をして、クライアントに納品をしてもフィードバックがないため、できているのかいないのか判断に迷うことが多くあります。

また、ライターの経験を活かしながらキャリアアップもしていきたいため、専門家からしっかりと習う方がよいということはわかっています。今の自分に足りていなところはどんなところで、どういったところが必要かを教えてもらいたいです。

ライターとして独学で始めてしまい限界を感じている人からも、多くご相談を受けます。特にフリーの場合は、フィードバックや評価がもらえる環境がほとんどありません。

添削をしてフィードバックをするには労力がかかるため、発注元であるクライアントは、よほどのことがない限り自社で編集をしてしまいます。かなりひどい文章であれば発注を打ち切りますが、継続して受注できているのであれば、極端にできていないわけではないのかもしれません。

とはいえ、可もなく不可もなくルーティン業務になってしまっているのであれば「キャリアアップしていける環境ではない」といえます。まずは『SEOライター養成講座』の説明会を受講いただいた後、メールや個別で相談を受け付けています。そのうえで、今のあなたに合わせた講座をご紹介させていただきます。お気軽にご相談ください。


WEBライターとブロガーについて

ブログを開設してアフィリエイト広告を始めたいと思っています。WEBライターかブロガーかどちらで収入を得た方が良いのか迷っています。どちらが適切でしょうか?

WEBライター・ブロガーともに共通していえるのは、マーケティングの知識とSEOライティングのスキルが必要という点です。

WEBライターのスキルを持っていることで、案件とブログの記事作成はもちろん、校正や他者に指導をするなどの仕事が受けられる実力も身に付きます。

また、ブログの場合は企業案件と文章の書き方やテイストが異なります。ブログの書き方が習慣化(自由度が高い)されると、形式ばった企業案件のテストライティングで通らなくなる可能性があります。

どちらにも通用する文章力を高めたい場合は、まずはWEBライターのスキル取得を推奨します。

ライターを始める3ステップ

ライター無料講座

WEBライター養成講座・プログラムヘッダー画像

無料
9日間~

プレセミナー&講座説明会

3,000円(税込)
2.5時間(アフターフォローあり)

ライター起業塾のご案内

WEBライターキャリアスクールヘッダー画像

30.000円(税別)~ (毎月人数限定)
1カ月~(講義2時間×3回+添削3回~)

2023-11-29