当サイトに訪問していただきありがとうございます。

当社は、すべての人が幸せになることを願いながら、『女性の起業・経営を支えるための事業』を行っています。

『マーケティング』『ライティング』『SEO』の3つに特化した、WEB集客・経営コンサルティングで、女性の起業をサポートしています。

社名の『ワーククリエーション』は、『仕事・働くこと』を『自ら創造』し『生きていくチカラ』を養う場所という想いを込めてつけました。

 

近年、インターネットが生活の一部になったことで、性別関わらず働き方が選択できる時代になりました。

学生や20代前半からでも、起業やフリーランスとして仕事ができる環境が増えてきています。

 

とはいえ、結婚・出産を選択した子育て中の女性は、職場やビジネスにおいて成功体験を持たないまま、一時的であれ社会と距離を置かなければならない時期があります。

このように、女性がビジネスについて経験し学ぶ環境から縁遠くなってしまうことが、『経済的自立』から遠のいてしまう原因です。

 

2016年4月に『女性活躍推進法』が施行されたとはいえ、日本の根強い男性社会において、女性が起業をし、ビジネスを行うにはまだハードルが高いように思えてなりません。

特に、まじめな女性ほど、起業をしたものの誰にも相談することができず、ひとりで悩んでいる姿を見受けます。

 

中には、子育て期間中に社会と距離を置いてしまったことで、『働く場所がない。あえなく起業せざるを得ない』ケースもあります。

私たちが望むのは、一過性のものではなく、自分自身の強みや価値を活用した息の長いビジネス展開です。

起業をする以上は、自らの手でしっかりと収入が得られるチカラを身に付けながら、稼ぎ続けられる仕組みをつくっていくことが条件です。

 

当社が掲げている『起業の5原則』をもとに、ビジネスを構築していくことを推奨しています。

 

【起業のためのビジネスモデル5原則】

  1. 利益率が高い
  2. 在庫を持たない
  3. 定期的に一定額の収入が入ってくる
  4. 資本ゼロあるいは小資本で始められる
  5. 社会情勢に流されず自分でコントロールができる

 

表面だけではない、本当の意味で女性が活躍できる世の中は、子どもも男性も暮らしやすくなると考えます。

 

『起業を考えている女性』『起業をしたけれどひとりでは難しいと感じている女性』を当社は全面的にサポートいたします。

自分らしくビジネスをしながら、自分らしく生きられる人生を一緒に過ごしていきませんか?

ビジネススキルを高めて、他人に人生を委ねなくてもよいビジネスをつくり上げて、幸せな時間をともに過ごしていきましょう。


代表者プロフィール

株式会社ワーククリエーション
代表取締役 大西陽子

yoko onishi

1995年にWindowsが誕生時し、IT時代に突入したと同時にコンピューターシステムに興味を持はじめ、パソコンインストラクターへ転職。

大手電機メーカーに3年間常駐し、1,000人以上の社員にパソコンのサポートを行なった経歴を持つ。同時に独学で始めたホームページ制作を企業から請負い、コンテンツ制作を手掛け始める。

その後、人材ビジネス業界に転職し、10年間女性の再就職支援や労務管理業務に携わる。

20代で結婚、出産、子どもを引き取り離婚。ひとり親となった自らの経験と就労支援の実績から、2015年に「女性が子育てしながらも家族の介護をしながらも、働き続けられる環境づくり」をコンセプトに法人会社を創立。

コンテンツマーケティング事業と、WEBライター育成事業を立ち上げる。

コンテンツマーケティング事業では、クオリティが高くSEOに特化した記事作成・ブログやコラムサイトなどのコンテンツ制作に定評あり。

『売り込まなくてもお客さまがWEBで見つけてくれるホームページを制作』することで、事業立ち上げ時からセールスをせずとも執筆依頼は後を絶たない。

WEBライター育成事業では、女性の経済的自立支援の一環としてライティングの技術指導を行ない、自宅で仕事をしながらもキャリアアップが図れる環境と仕組みをゼロからつくりあげた。

その後、4年間で300人以上のライターを育成し、SEOと営業に強いプロライターを輩出。
同時に、専門職および経営者様のためのライティング教育を行う。

コラム記事で安定的に集客ができるコンテンツづくりを体系化したことで、企業のマーケティング研修なども数多く実績を持つ。