SEOライティング

Googleの評価基準が変わったことにより、『SEO対策』を見直している企業や事業者さまが増えています。

 

そこで、重要になるのがSEOに特化した『SEOライティング』です。

 

『SEO』とは、Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オブティマゼーション)を略した用語で、日本語に訳すと『検索エンジン最適化』を意味します。

 

ひと言でいうと、Googleなどの検索結果において上位表示するための手法や施策のことです。

 

『SEOライティング』は、ブログやWEBサイトに、検索エンジンからアクセスを集めるために必要な文章の書き方のことをいいます。

 

Googleの評価基準が変わったことから、これまで『WEBライティング』と一括りで言われていたSEO対策に特化したライティングスキルが、『SEOライティング』という呼び名で浸透してきています。

 

 

SEO対策の8割を占めるSEOライティング

『SEOライティング』は、SEOに特化したライティング技術のことを指します。

 

SEO対策とひと言でいっても、複数のルールがあります。なかでも、SEOライティングは『対策の8割を占めるほど重要な役割』といっても過言ではありません。

 

SEOライティングとなる要素は、以下の2点です。

 

ポイント

  • 検索エンジンとユーザーの双方にわかりやすく書く
  • ユーザーのニーズに応えたコンテンツである

 

SEOライティングのイメージ図

 

上図に挙げている2つのポイント、『ユーザーのニーズを満たすために有益案情報を隈なく書く』ことで必然と、『検索エンジンが有益な情報であると評価しやすく』なります。

 

 

 

 

コーポレートサイトはWEB上の名刺のような存在

SE0

『会社概要』や『事業紹介』が掲載されているコーポレートサイトは、ユーザーにどのような企業であるか知ってもらうことを目的としています。

 

わかりやすくいうと、コーポレートサイトはWEB上の名刺のような存在です。

 

そのため、企業名を知っている人からはインターネット上で検索をしてもらえますが、単に貴社の存在を知らないユーザーからは「見つけてもらいにくい」という性質も持ち合わせています。

 

コーポレートサイトは上述のとおり、「ユーザーにどのような企業であるか知ってもらうことを目的」としているため、情報量が限られてしまい、以下のような条件が満たされていないことが多くあります。

 

WEBの特性を活かして、より多くのユーザーや見込み客に貴社の存在はもちろん、商品サービスの魅力を知ってもらうためには、Googleなどの検索結果で上位表示されることが大前提になります。

 

 

検索エンジンで上位表示されるための対策『SEO』

Googleで検索された際にユーザーや見込み客に見つけてもらうためには、検索結果で上位表示されなければなりません。

 

 

そのためには、『SEO対策』が行われていることが前提条件となります。

 

SEO(エス イー オー)とは、Search Engine Optimization(サーチ エンジン オブティマゼーション)の頭文字を取って略したものです。

 

日本語に訳すと、「検索エンジン最適化」となり、Googleなどの検索結果でユーザーにとって、最適なWEBサイトやページを表示するためのシステムです。

 

コーポレートサイトにもSEO対策を行うことで、検索結果で上位表示される可能性が高くなるのです。

 

とはいえ、上述したようにコーポレートサイトでは、ユーザーが知りたい情報が限られてしまい、SEOで上位表示されるための条件が不足してしまうことが大いにしてあります。

 

 

成果を出すために必要な『コンテンツ制作』と『SEOライティング』

Googleで上位表示されることだけを意識するのであれば、コンテンツはさほど拘らなくてもよいのかもしれません。

 

しかし、現在においては、文章がわかりやすいものであることはもちろん、ユーザーが求めているものであることが重要です。

そのためには、ユーザーの検索意図を把握し、企画構成を作成する必要があります。

 

 

1. 文章やレイアウトなど視覚的な見やすさ

書いている内容に注意することはもちろん、文章やレイアウトな視覚的な見やすさにも気を配りましょう。

色使いや組み合わせ、文章の改行スペースや図の配置など、気を配ることでユーザーは何度もサイトに訪れてくれます。

 

2. ユーザー目線に立った情報提供>

企業が伝えたいことを発信することは大事ですが、一方的な発信は逆効果となります。

「ユーザーが知りたいと思うこと」を前提に、情報の伝え方を工夫する必要があります。

情報提供は常に、『ユーザーファースト』を心がけます。

 

3. 中身の充実

リサーチが不足している状態で、すでに公開されている競合サイトの内容などを参考に文章を書こうとすると、記事の中身が薄い内容になってしまうことがあります。

 

ひとつのテーマを深堀して書くためには、徹底したリサーチは欠かせません。

書くことに困るときは、情報が足りていないケースが大いにしてあります。構成の段階でしっかりとリサーチを行います。

 

4. 引用元に依存しないオリジナリティ

特に専門的な記事を書くときは、根拠となるエビデンスが必要です。

 

その場合は、信ぴょう性のあるサイトや記事から引用を行うケースがあります。

 

とはいえ、エビデンスを付けているからといって、引用元に依存をしてしまうとオリジナリティが欠けたコンテンツになってしまいます。

引用元に依存しない、オリジナリティが高い記事作成を行います。

 

5. 信頼できる情報提供

インターネット上のいわゆる二次情報などを参考に情報収集を行うと、事実からかけ離れてしまうことが多々あります。

 

ユーザーやGoogleなどの検索エンジンから信頼を得るためには、二次情報ではなく一次情報から情報収集を行うことが必要です。

 

時間をかけてでも、信頼できる情報提供を心がけます。

 

 

高品質なコンテンツ重視のSEOライティング

オウンドメディアと、コンテンツ重視のSEOライティングは非常に相性がよいとされています。

 

2021年現在では、ユーザーファーストを考えた記事作成を行うことでGoogleにも評価がされやすくなっています。

 

ワーククリエーションでは、検索結果で上位表示されるための高品質なコンテンツ制作を行うために、SEOライティング技術を駆使した記事作成を行っています。

 

企画から執筆・校正、編集まで丁寧に行う工程には競合他社からも評価をいただいています。

 

オウンドメディアで集客を始めたいけれど、ライティングができない女性起業家および個人事業主様はお気軽にお問い合わせください。

 

電話によるお問い合わせ

052-253-9893
平日9:00~18:00

メールによるお問い合わせ

お問い合わせ

2021-02-19

error: Content is protected !!

© 2021 SEOライティング│株式会社ワーククリエーション