誰もがインターネットを使って情報をリサーチする現代において、企業がコーポレートサイト(ホームページ・公式WEBサイト)を持つことは必須の条件となりました。しかし、成約率を上げるにはコーポレートサイトだけでは十分ではないことは、ご存知でしょうか?

SE0

自社の商品やサービスをより多くの人に知ってもらうためには、会社概要が書かれた企業のコーポレートサイト(ホームページ)よりも、SEO記事を公開するオウンドメディアが有効です。

コーポレートサイトは、企業名を知っている人からでないとGoogleなどの自然検索から見つけてもらのは難し、

なぜなら、コーポレートサイトは掲載できる内容や文字数などのボリュームが限られていて、Googleなど検索によってお客さまから見つけてもらうための条件が揃っていないからです。

対して、オウンドメディアは、ユーザーや見込み客の問題や悩みを解決するためのコラム(お役立ち情報)で発信を行うため、自然に見つけてもらうための条件を揃えることが可能です。

 

コーポレートサイトはWEB上の名刺のような存在

『会社概要』や『事業紹介』が掲載されているコーポレートサイトは、ユーザーにどのような企業であるか知ってもらうことを目的としています。わかりやすくいうと、コーポレートサイトはWEB上の名刺のような存在です。

そのため、企業名を知っている人からはインターネット上で検索をしてもらえますが、単に貴社の存在を知らないユーザーからは「見つけてもらいにくい」という性質も持ち合わせています。

コーポレートサイトは上述のとおり、「ユーザーにどのような企業であるか知ってもらうことを目的」としているため、情報量が限られてしまい、以下のような条件が満たされていないことが多くあります。

WEBの特性を活かして、より多くのユーザーや見込み客に貴社の存在はもちろん、商品サービスの魅力を知ってもらうためには、Googleなどの検索結果で上位表示されることが大前提になります。

 

検索エンジンで上位表示されるための対策『SEO』

Googleで検索された際にユーザーや見込み客に見つけてもらうためには、検索結果で上位表示されなければなりません。

そのためには、『SEO対策』が行われていることが前提条件となります。

SEO(エス イー オー)とは、Search Engine Optimization(サーチ エンジン オブティマゼーション)の頭文字を取って略したものです。

日本語に訳すと、「検索エンジン最適化」となり、Googleなどの検索結果でユーザーにとって、最適なWEBサイトやページを表示するためのシステムです。

コーポレートサイトにもSEO対策を行うことで、検索結果で上位表示される可能性が高くなるのです。

とはいえ、上述したようにコーポレートサイトでは、ユーザーが知りたい情報が限られてしまい、SEOで上位表示されるための条件が不足してしまうことが大いにしてあります。

 

検索でお客さまに見つけてもらえる『オウンドメディア』

SEOを有効活用するためには、ユーザーの悩みや問題が解決できる情報が掲載されたオウンドメディア(企業者自社で所有するお役立ち情報などのコラム型サイトなど)が有効です。

オウンドメディアでは、ユーザーにとって有益な情報をコラム記事にして発信します。すると、コラム記事を読んだユーザーは、「ここなら自分の悩みや問題を解決してくれそう」という気持ちからファン化しやすくなり、結果、広告費を抑えて長期的・安定的な集客ができます。

その時に、重要となるのは「ユーザーの有益となるコンテンツ」が、準備されているかどうかです。ユーザーの有益となるコンテンツとは、「サイトに訪れた人が読んで役に立つ文章や情報 」のことを指します。

 

成果を出すために必要な『コンテンツ制作』と『SEOライティング』

Googleで上位表示されることだけを意識するのであれば、コンテンツはさほど拘らなくてもよいのかもしれません。しかし、現在においては、文章がわかりやすいものであることはもちろん、ユーザーが求めているものであることが重要です。そのためには、ユーザーの検索意図を把握し、企画構成を作成する必要があります。

1. 文章やレイアウトなど視覚的な見やすさ

書いている内容に注意することはもちろん、文章やレイアウトな視覚的な見やすさにも気を配りましょう。

色使いや組み合わせ、文章の改行スペースや図の配置など、気を配ることでユーザーは何度もサイトに訪れてくれます。

 

2. ユーザー目線に立った情報提供

企業が伝えたいことを発信することは大事ですが、一方的な発信は逆効果となります。「ユーザーが知りたいと思うこと」を前提に、情報の伝え方を工夫する必要があります。

情報提供は常に、『ユーザーファースト』を心がけます。

 

3. 中身の充実

リサーチが不足している状態で、すでに公開されている競合サイトの内容などを参考に文章を書こうとすると、記事の中身が薄い内容になってしまうことがあります。ひとつのテーマを深堀して書くためには、徹底したリサーチは欠かせません。

書くことに困るときは、情報が足りていないケースが大いにしてあります。構成の段階でしっかりとリサーチを行います。

 

4. 引用元に依存しないオリジナリティ

特に専門的な記事を書くときは、根拠となるエビデンスが必要です。その場合は、信ぴょう性のあるサイトや記事から引用を行うケースがあります。

とはいえ、エビデンスを付けているからといって、引用元に依存をしてしまうとオリジナリティが欠けたコンテンツになってしまいます。引用元に依存しない、オリジナリティが高い記事作成を行います。

 

5. 信頼できる情報提供

インターネット上のいわゆる二次情報などを参考に情報収集を行うと、事実からかけ離れてしまうことが多々あります。ユーザーやGoogleなどの検索エンジンから信頼を得るためには、二次情報ではなく一次情報から情報収集を行うことが必要です。

時間をかけてでも、信頼できる情報提供を心がけます。

 

高品質なコンテンツ重視のSEOライティング

オウンドメディアと、コンテンツ重視のSEOライティングは非常に相性がよいとされています。2021年現在では、ユーザーファーストを考えた記事作成を行うことでGoogleにも評価がされやすくなっています。

ワーククリエーションでは、検索結果で上位表示されるための高品質なコンテンツ制作を行うために、SEOライティング技術を駆使した記事作成を行っています。

企画から執筆・校正、編集まで丁寧に行う工程には競合他社からも評価をいただいています。高品質なコンテンツ重視の記事作成をお考えの企業様は、お気軽にお問い合わせください。

電話によるお問い合わせ

052-253-9893
平日9:00~18:00

メールによるお問い合わせ

お問い合わせ