ライティング

主観的と客観的の違いがわかれば目的に沿った文章が書ける

2021-06-10

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

オオニシ
オオニシ
『主観的』と『客観的』な文章の違いと書き方をマスターできれば、相手に読み取ってもらいたいことが明確になります。特に、文章を書くことが仕事であるライターは、初期段階で使い分けられることが求められます。

文章は『主観的』と『客観的』な書き方の2つがあり、それぞれに違いがあります。

『誰に』『何を』『文章の目的』によって、どのように伝えるのか書き方によって異なるからです。

ここでは、主観と客観の文章の違いと使い分けについて、具体例を挙げながら解説します。

 

主観と客観の違い

主観的な文章と客観的な文章の最もわかりやすい違いは、誰の視点から書いているかという点にあります。視点が異なることで、読者の受け取り方も異なるのです。

主観的・客観的文章の違い

 

主観的な文章の視点は自分

主観的な文章とは、書き手の立場からの見方や意見を書いたものです。

例えば、以下のような文章は主観的な文章です。

・私は暑いと感じます。

・今日は大変暑い日です。

前者の「~だと感じる」や「~だと思う」などの表現は、書き手個人が感じた意見であり、すべての人が同じことを思うわけではありません。

また、後者の表現の場合も暑さの感じ方は人それぞれであるため、主観的な書き方ということになります。

主観的な文章の視点は「自分」にあります。主観的な文章は、書き手の個人的な意見や考え、経験であり、読者が実際にどう感じるかは個人差があります。

したがって、主観的な文章は、すべての読者が納得する文章ではないという点が特徴です。

 

客観的な文章の視点は第三者

客観的な文章とは、第三者の立場からの見方や意見を書いた文章です。

例えば、以下のような文章は客観的な文章です。

・今日は陽射しが強いので暑いです。

・今日は35度を超えているので暑いです

どちらも暑いことを伝える文章ですが、具体的な様子や気温が書かれているため、ほとんどの読者が暑いと感じる表現となっています。

このように客観的な文章の視点は「第三者」にあります。客観的な文章は、事実や根拠に基づいた文章であるため、多くの人が納得できる説得力のある文章であるのが特徴です。

 

主観と客観の使い分け

主観的な文章と客観的な文章は、それぞれ読み手に与える効果が異なります。そのため、文章の目的によって使い分けられます。

 

主観が使われる文章

主観的な文章は、個人のブログやSNS、口コミ、エッセイなどの記事で用いられます。

これらの記事は、書き手の思いや主張、経験を書くことを目的としているものです。読者は、共感しやすい読み物として楽しむためにこれらの記事を読みます。

主観で書かれた文章は、親近感があり、書き手の思いや経験を身近に感じられます。読者を惹きつけるためのブログやエッセイには最適な文章といえます。

 

客観が使われる文章

客観的な文章

客観的な文章は論文や新聞、コラムなどの記事で用いられます。これらの記事は、感情的な表現を用いず事実のみをわかりやすく伝えることを目的としているものです。

読者は、自身にとって有益な情報を得るためにこれらの記事を読みます。

客観で書かれた文章は、説得力があり情報を正しく伝える効果があります。書き手の考えや見解などを必要としないコラム文や説明文には最適です。

上述のような記事を書くとき、一般的に求められる書き方は客観的な文章です。

たとえば、WEBライターの仕事はコラム記事の執筆が多く、依頼書には『客観的な目線で文章で書く』ということが記載されていることもあります。

レギュレーションとは、記事の質を一定に保つために依頼者側が執筆者に対して設定している文字数や表現方法などの決まりのことです。

このような条件を満たすために、WEBライターは客観的な文章が書けることが必須のスキルとなります。

 

文章での主観と客観の書き方の違い

前述のとおり、主観的な文章と客観的な文章の違いは視点にあります。実際に書き分ける場合も、この視点がポイントになります。

主観的な文章に客観性をもたせるためには、第三者の視点から見て納得できる情報を追加するのです。

主観的な文章に客観性をもたせるためには、第三者の視点から見て納得できる情報を追加する

客観的な文章は客観的な事実を追加する

客観的な文章を書く場合は、客観的な事実つまり誰もが認める事実を書くようにします。

ポイント

例えば、人気のプリンの紹介を文章にするとします。「このプリンはとても美味しいです」と書くと主観的な文章になります。

味の感じ方や好みは人によって違うため、誰もが同じように感じるとは限りません。

対して、「このプリンは朝採れ卵を使っているため、卵の味が濃厚です」と書くと客観的な文章になります。

「採れたての新鮮な卵を使っている」という誰もが納得する事実を入れることで効果が多くの人に伝わります。

事実を入れることで文章に説得力が出て、読者にとってわかりやすい有益な情報となります。

重要なのは、誰もが納得できる事実を入れるという点です。誰が検証しても同じ結果が出ることや広く知られている知識などを入れるようにしましょう。

 

客観的な文章には具体的な数値や比較対象を追加する

客観的な文章では、具体的な数値や根拠を入れるようにします。

ポイント

例えば、「とても高い山」という表現は主観的です。

山を高く感じるかどうかは、個人によって変わります。また、登山の経験の有無など個人の経験によっても左右される可能性もあります。

客観的に表すには、「標高○○メートルの山」という風に具体的な数値を入れると誰もが高さを想像できます。

また、数値を入れずに表現する場合は比較対象を入れることもあります。

例えば、「日本で〇番目に高い山」などの比較する対象を入れることで、読者が比較対象を通しておおよその規模を想像することができます。

数値を入れる際にデータを利用する場合は、公的機関や専門機関などの信頼性の高い情報を使います。

根拠が定かではない個人のブログやSNSなどの情報は用いないようにしましょう。

 

WEB上で文章を書くには主観と客観を使い分ける

文章には自分を視点とする主観的な文章と、第三者を視点とする客観的な文章があります。

主観的な文章は親近感があって読者の共感を得ることができるため、ブログやエッセイなどに用いられます。

対して、客観的な文章は説得力があって情報を的確に読者に伝えるため、論文やコラム文に使われます。

WEB記事に必要とされるのは、一般的には「客観的な文章」ですが、記事の目的や内容によっては主観的な文章が必要な場合もあります。

主観的な文章と客観的な文章のそれぞれの特徴と効果を理解し、記事の目的によって使い分けられるようにトレーニングしましょう。

-ライティング
-

© 2021 SEOライティングスクール / 株式会社ワーククリエーション