ライティング

ロジカルライティングとは?劇的に文章をわかりやすくする書き方

2020-06-24

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

こんな方におすすめ

  • ライティングスキルを身に付けたい人
  • 誰が読んでもわかりやすい文章力を身に付けたい人
  • ブログ集客でSEO対策を行うために文章の基本を知りたい人

文章で、コミュニケーションを図ることが求められるようになった近年。

『ロジカルライティング』は、よい文章を書く上で基本となる書き方のひとつです。

特に、WEB上で読まれる文章においては、『誰が読んでも論理的でわかりやすい』ということが条件になってきます。

ここでは、ロジカルライティングの概要と、書き方について解説していきます。文章力を向上させるために、ぜひ参考にしてください。

 

ロジカルライティングとは

ロジカルライティングとは、英語ではLogical Writingの表記となり、その名のとおり『論理的に書く』ライティングを意味します。

ロジカルライティングは、書類作成や会議のプレゼン、社内外メールといったビジネスシーンで活用されますが、現代においては『WEBライティング』を行う際の代表的な書き方です。

ロジカルライティングとは論理的でWEBライティングでは代表的な書き方

ロジカルに文章を書くことで、読み手にわかりやすく内容を伝えられることはもちろん、書き手も頭を悩ますことなく書き進められるのが特徴です。

 

ロジカルライティングを使う本来の目的

前述のとおり、ロジカルライティングは論理的に文章を書くことです。

しかし、ロジカルライティングを活用する本来の目的は、『情報や要求を伝えて、書き手が望むように読み手に行動してもらうこと』です。

仕事で資料やメールで文章を作成するのは、何かしらの目的があるはずです。

オオニシ
たとえば、社内で「出張の目的を伝えて許可をもらう」「イベントに掛かる経費の申請を行い承認してもらいたい」ときなど、自分の目的を実現させるためには、わかりやすい文章でないと協力を得ることができない可能性が出てきます。

また、遠回りな難解な文章を書いてしまうと、相手は読み解くのに時間が掛かってしまううえに、誤解をしたまま読み進めてしまうことがあります。

しかし、ロジカルライティングを用いて文章を書くことで、読み手にわかりやすく伝えることができます。「相手に望んだとおりの行動をしてもらえる、わかりやすい文章をつくる」ために活用するのが、ロジカルライティングです。

 

WEBライティングにはエモーショナルライティングもある

WEB上で文章を書く場合は、WEBライティングを用います。

実は、WEBライティングには大きく分けて2つの書き方があります。

ロジカルライティング以外に、『エモーショナルライティング』があります。

それぞれの特徴

ロジカルライティングは、情報の伝達(共感重視)

エモーショナルライティングは、感情の表現(収益重視)

 

ロジカルライティング・エモーショナルライティング違い

 

目的によって使い分ける

WEB上でライティングを行うには、何かしらの目的があるはずです。

目的を達成するためには、以下のように使い分けることが大切です。

ポイント

ロジカルライティング:方法や手段を伝えたいとき

エモーショナルライティング:ベネフィットを強調させたいとき

まずは、ロジカルライティングの基本を理解することで、エモーショナルライティング必要性を実感できます。

こちらもCHECK

エモーショナルライティングでお客様の感情を揺さぶり購買へと促す

続きを見る

 

ロジカルライティングの書き方

ロジカルライティングは、WEBライティングにおいて非常に有効なテクニックです。以下では、ロジカルライティングの書き方について解説します。

文章作成を行う前に、まず『文章構成』をつくるところから始めます。

 

文章構成をつくる

文章構成とは、『誰に』『何を』『伝えるのか』を明確にしたレイアウトのことです。

このとき、あらかじめ目次となる見出しを作成しておきます。

見出しを作成することで、何を書くべきかがわかり、また過不足なく書くための素材を集めることもできます。

一見遠回りのように思いますが、文章構成があることで、読み手に伝わる良い文章が一度で書けるため、強いては時間短縮にもつながるのです。

 

総論・各論・結論を書く

ロジカルライティングは、「総論・各論・結論」の3つの構成から成り立つのが基本です。それぞれどのような意味を持つのか解説します。

 

総論

日本語は基本的に、伝えたい物事を最後に伝えるように構成されることが多い言語です。

しかし、ロジカルライティングにおいてはまず総論として、文章全体で伝えたい物事(テーマ)を先に宣言します。

先に簡潔に内容を説明することで、読者は何について書かれた文章なのかを整理した上で読み進めることができます。

また、早い段階で文章の全容を説明することで、書いてある情報を必要としている読者が離脱するのを防ぐこともできます。

 

各論

総論で記事の大まかな概要を把握してもらった後は各論を展開し、より具体的に内容を理解してもらいます。

つまり、実際に書き手が何を伝えようとしているのか、細かく説明をしていく場面です。

この各論が、「読者の求める情報」になる部分です。読者が疑問を残す点がないように文章を書いていきましょう。

各論を書き進める中でも、説明する情報をいくつかの見出しにわけると、読者が情報を整理しやすくなります。

 

結論

各論で詳細な説明をしたら、最後に全体のまとめとして、記事の結論を出します。

総論と各論で何を伝えたかったのかを再確認させることで、読者に対してより深く情報を刷り込むこどくとができます。文章の中で説明した内容の要点を網羅し、短く簡潔にまとめて書きましょう。

この総論・各論・結論の「型」に沿って文章を書いていくのが、ロジカルライティングの基本です。場面ごとの役割や書くべき内容を意識して、相手に伝わる文章を執筆しましょう。

 

ロジカルライティングのコツ

ロジカルライティングのコツを知って実践することで、より確実に技術を身に付けることができます。

ロジカルライティングが実践できているかを判断するためには、文章の中で話がつながっているかを意識します。

どこかで話が飛躍すると、物事の結論を理解するための根拠が不足してしまい結果的に読者に疑問を残してしまうことになります。

 

書き終えた後の推敲が大事

文章を書くときは、多くの情報を書き出すようにして書き上げてから、後で推敲(すいこう)を行いましょう。

推敲とは、文章をよくするために整えることです。

難しく考えながら書き進めると、とかく時間が掛かってしまい、一向に書き終えられないことも考えられます。

書き出してから、取捨選択することでよい文章が出来上がります。

ポイント

推敲に慣れるまでは、音読をしてみてひっかかるところがないかなど、チェックを行うと間違いに気づきやすくなります。

内容に対して、「ほかに説明すべきことはないか」「説明している内容に矛盾はないか」を考えながらチェックを行いましょう。

ロジカルライティングのコツは読者目線に立って書く

一文は短く書く

一文を書くときは、短くすることを意識すると、読みやすい文章をつくることができます。目安は一文60~80文字程度です。

長文になると、文章の区切りを見つけにくくなり、読者の混乱や誤解を招いてしまいます。一文に対してひとつ以上の説明はしないように心がけましょう。

加えて意識しておくべきなのが、文章に対する解釈は人それぞれだということです。

自分で論理的な文章が書けていると思っても、読者はそう感じない可能性もあります。

文章が論理的であるかどうかを決めるのは、書き手ではなく読者です。

専門的な用語を使う場合は解説を入れるなどして、常に相手が理解できるような文章を考える姿勢を持つのも、ロジカルライティングを行うコツです。

 

初心者はロジカルライティングから覚えよう!

ロジカルライティングは論理的-エモーショナルライティングは直感的

ライティングの種類はロジカルライティングだけではありません。ロジカルライティングとよく並べて紹介されるのが、読者の心を動かすための文章をつくる、エモーショナルライティングです。

エモーショナルライティングは、物事の説明に加えて、読者に最後まで文章を読み込んでもらうストーリーを展開していきます。

対してロジカルライティングは、型に当てはめることができれば論理的な説明が可能になる書き方です。

ライティングを始めたばかりの人は、まずロジカルライティングをして、文章を構成することに慣れていくのがよいでしょう。

 

ロジカルライティングで読者に伝わる文を書こう

ロジカルライティングとは、相手に望む行動をとってもらうために、簡潔に伝わる文章を書くテクニックです。

「総論・各論・結論」の構成の型を意識して当てはめることで、ライティングに慣れていない人でも、論理的に文章を書き進めることが可能になります。

ライティングは、書き方の基本をマスターしてそのうえで反復練習を行うとマスターできます。

文章力を磨くためにも、積極的にロジカルライティングを実践した文章を書いて、ライティングスキルを向上させていきましょう。

-ライティング

© 2021 SEOライティングスクール / 株式会社ワーククリエーション