ライター ワーク

WEBライターとアフィリエイトの違いを知って副業から始める

2022-06-10

オオニシ
オオニシ
WEBライターとアフィリエイトは相互関係にあります。「WEBライターを仕事にすることで、アフィリエイトでも成果を出しやすく」「アフィリエイトをすることでWEBライターとして短期でスキルアップ」が期待できます。

 

文章を書いて報酬をもらう職業のひとつにWEBライターがあります。

 

WEBライターは、パソコンとインターネット環境があれば資金がなくても始められることから、副業でもできる在宅ワークとしても人気を得ています。

 

一方で、自分でブログなどのWEBサイトを運用して、広告で収入を得る成功報酬型のアフィリエイトに挑戦する人も増えています。

 

しかし、WEBライターもアフィリエイトも、「WEB記事をつくる行為が同じ」であることから「それぞれの違いがわかりにくい」印象を受けている人もいるのではないでしょうか。

 

ここででは、WEBライターとアフィリエイト、それぞれの違いについて詳しく解説します。

 

WEBライターとアフィリエイトの違い

はじめに、WEBライターとアフィリエイトの違いについて、報酬の形態を例に説明します。

 

WEBライターは成果報酬

WEBライターとして、仕事をして収入を得るまでの流れは以下のようになります。

 

WEBライターの仕事の流れイメージ図

 

  1. クライアントからWEBライターに執筆の依頼をする
  2. クライアントの指示のもと執筆して記事原稿を作成する
  3. WEBライターからクライアントに原稿を納品する
  4. クライアントからWEBライターに原稿作成に対する報酬を支払う

 

WEBライターの仕事は、クライアントからWEB上の記事となる原稿の執筆依頼を受けるところから始まります。

 

執筆依頼の内容は主に、クライアントが運営しているWEBサイトに準ずることが大半です。

 

WEBライターは、クライアントから提示されたテーマやキーワードに沿って、記事となる原稿を作成します。

 

成果報酬は、完成した原稿をクライアントに納品することで、得られます。

 

報酬は、一文字あたりで計算されることが多く、この場合は「執筆文字数×文字単価」で計算されます。

 

報酬の相場は、一文字あたり1円以下から2~3円程度で、ジャンルや専門性などによって違いがあります。

 

クライアントによっては、執筆に関するマニュアルや記事の見本を渡され、自ら執筆する記事のテーマを決める必要がなく、初心者でも比較的取り組みやすいのが特徴です。

 

とはいえ、ライターの基礎となる文章スキルは当然求められるため、WEBライティングについて学んでおきましょう。

 

こちらもCHECK

WEBライターの仕事に直結するSEOの知識とSEOライティング

続きを見る

 

WEBライターの一般的な報酬や始め方について、下記のページで詳しくお伝えしています。あわせてご覧ください。

 

参考WEBライターの始め方と稼ぐ方法!初心者に必要なスキルとブログ開設

続きを見る

 

アフィリエイトは成功報酬

アフィリエイトを始めるには、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)を利用します。

 

ASPとは、企業が消費者に紹介したい商品やサービスを登録する「広告代理店・仲介業者」を指します。

 

アフィリエイトで収益を得るまでの仕組みと流れは以下のとおりです。

 

アフィリエイトの仕組みと流れイメージ図

 

  1. 自分自身でブログなどのWEBサイトを構築する
  2. ASPに登録する
  3. ASPの情報をもとに広告主の商品・サービスを紹介しブログに広告を掲載する
  4. ブログに訪れたユーザー(読者)が広告をクリックし、購入や契約に至る
  5. 広告主である企業がASPに広告費を支払う
  6. ASPを経由してアフィリエイターに報酬が支払われる

 

アフィリエイトは、クライアントから依頼を受けるWEBライターとは違い、ブログなどのWEBサイトを自分自身で運用します。

 

運用するブログやWEBサイトに、企業の広告を掲載します。

 

WEBサイトに訪問した読者となるユーザーが、掲載している広告をクリックしたり何らかの行動を取ったりすることで、報酬になる仕組みになっているのです。

 

そのため、ブログを読んでくれる読者が多ければ多いほど、広告がクリックされる確率が高くなります。

 

WEBサイトの読者を増やすには、ブログのジャンルや内容に対してニーズがあることが必要です。

 

アフィリエイトで得られる報酬は、広告のクリック数や商品の購入などに対し、仲介業者であるASPからアフィリエイター本人に支払われます。

 

そのため、より多くのユーザーとなる読者に訪問してもらえるように、Googleなどの検索エンジンの検索結果で上位に表示されることが必要です。

 

検索エンジン上で上位表示されるための行う施策をSEO対策といいます。成果報酬を上げるためには、必須の対策です。

 

アフィリエイトは、自らがサイトを運用するため、クライアントの指示のもと執筆するWEBライターとは異なり、掲載するコンテンツや記事の内容は自由に決められることが特徴といえます。

 

 

WEBライターとアフィリエイトにとって「記事」の違い

WEBライターとアフィリエイト違いの一つに、「記事の扱い方」があります。

 

その違いについて説明します。

 

WEBライターが執筆した記事は直接の資産にならない

WEBライターは、クライアントから依頼を受けて記事の原稿を執筆し納品します。

 

執筆した原稿の納品後は、所有者はクライアントとなり、原稿の修正や取り下げなどの権限も共にクライアントに移ります。

 

例え、記事によって収益が出たとしても、お金を受け取る権利はクライアントにあるため、執筆に対する成果報酬以上の収益を得ることはできません。

 

よって、WEBライターが執筆した原稿は、自分の資産にはなりません。

 

アフィリエイトは執筆した記事が運用者の資産になる

アフィリエイトは、自らが運用するWEBサイトに記事を掲載するために執筆を行います。

 

記事の所有者は、WEBライターと違い、WEBサイトの運営責任者である自分です。

 

そのため、記事の修正なども自由に行うことができ、記事から発生する広告による収益を受け取る権限があります。

 

WEBサイトに掲載した記事に対して閲覧者が増えて、広告による成功報酬が増えれば、執筆した記事が資産になっていきます。

 

 

WEBライターとアフィリエイトの得られる収入の違い

前項に関連して、WEBライターとアフィリエイトでは、得られる収入に違いがあります。

 

以下で、それぞれの違いについて説明します。

 

WEBライターは収入発生までが短期的

WEBライターの収入は、記事の原稿作成に対して発生します。

 

クライアントから執筆依頼を受け、納品すれば報酬が得られるため、金額の大小にかかわらず、執筆すれば収入を得られます。

 

さらに、原稿納品後1カ月ほどで報酬が支払われるため、収入発生までが比較的短期的であるといえます。

 

しかし、クライアントが1社しかない場合は、継続的な案件でない限り、単発的な収入で終わってしまいます。複数のクライアントの確保に努めることが必要です。

 

アフィリエイトは長期的に収入が得られる

アフィリエイトの収入は、WEBサイトに掲載した広告を、閲覧するユーザー(読者)がクリックしたり、商品を購入したりすることで発生します。

 

ブログなどのWEBサイトは、公開直後はまだ認知されていないため、直ぐに多くのユーザーが訪れるわけではありません。

 

アフィリエイトで報酬が得られるほどのアクセス数を確保するには、取り扱うジャンルやキーワードによって異なりますが、目安としては数カ月~1年ほどは必要です。

 

しかし、一定のアクセス数が確保できれば、広告がクリックされる確率も高まり、成功報酬が増えて、かつ長期的な収入につながります。

 

アフィリエイトブログの始め方については、下記の記事で詳しくお伝えしています。あわせてご覧ください。

 

参考アフィリエイトブログの始め方!大きく稼ぐために基本知識とコツを解説

続きを見る

 

 

WEBライターとアフィリエイトは補えあえる

これまで述べた、WEBライターとアフィリエイトについて、「収入源」「記事の権限」「収入が得られるまでの期間」3つの比較は以下のとおりになります。

 

項目 WEBライター アフィリエイト
収入源 執筆に対する成果報酬 運用サイトの成功報酬
記事の権限 依頼元のクライアントに移る WEBサイトを運用する自分が持つ
収入が得られるまでの期間 納品後、1カ月ほど
(短期で収入が得られるが単発でることも多い)
ブログ記事のアクセス数が確保できるまで数カ月~1年ほど
(ただし、長期的な収入につながる)

 

WEBライターとアフィリエイトは、収入の得方も将来的な収益も異なります。

 

それぞれに、メリット・デメリットがあるため、双方並行して取り組むことでマイナス面を補えます。

 

また、アフィリエイトを運用するには、WEBライターのライティングスキルが必要であり、アフィリエイトを実装することで、WEBライターのスキルが高まります。

 

よって、WEBライターとアフィリエイトは相互の関係にあるといえます。

 

これから「WEBライターをめざす人」も、すでに「WEBライターとして収入を得ている人」も、アフィリエイトブログを立ち上げて、収入の柱をさらに増やしていきましょう。

 ワーククリエーション社長ブログバナー 

SEOコンサルタント・ライティングコーチ@オオニシヨウコ

子どもが4歳と3歳のときに離婚。一家の大黒柱として、子ども2人を育て上げた、シングルマザー。

2015年、『女性が子育てしながらも家族の介護をしながらも、働き続けながら収入が得られる環境づくり』を理念に会社を創立。ライター経験ゼロから独学で、ライティング事業を立ち上げる。

ライター育成事業にて、300人以上のプロライターを輩出しながら、編集プロダクション事業を運営し、働く場所を提供。 同時に、200人以上の事業主・経営者の方にライティングの指導を実施。

SEOの知識とライティング技術をフルに活かし、企業の集客・売上、個人の方の就労に貢献しながら、月商7桁・年商8桁を達成。

わずか30日で、Googleの検索結果で上位表示させるSEOライティングには、同業他社からも定評あり。

現在は、これまでの実績をフルに活かしてキャリアアップと経済的自立をめざす女性に「ライティングスキルを使って収入の柱を増やす方法」を教える『WEBライター・キャリアスクール』を開校。『稼げるWEBライター養成講座』でプロライターの育成を行っている。同時に、集客を目的としたWEB記事作成サービスも行っている。

ダウンロード販売用コンテンツバナー

-ライター, ワーク
-,

error: Content is protected !!

© 2022 SEOコンサルティング│株式会社ワーククリエーション