新たなる集客戦略の方法!オウンドメディアを利用して遠くから攻める

最近、導入されている企業も増えてきたオウンドメディア。オウンドメディアとは、自社所有のメディア(媒体)のことを指します。
事業を行っている企業様や個人事業主の方であれば、自社のサービスをユーザーに伝えるために、Web上でホームページを持っている場合が多くあります。
たくさんのユーザーにサービスを知ってもらい、集客を行うためには必須の戦略。オウンドメディアとは、Webサイトや自社ブログ以外にも紙媒体で配布される企業広報誌などもそれに該当します。

メディアの種類

メディアそのものは大きく分けて下記3つに分類されるので、順番にご紹介しましょう。
◎オウンドメディア:自社所有のメディア(Webサイト・コラム・ブログ)など様々なメディア(媒体)を統合させ、足りないものを補い合い、ハブ(中心)的な役割をするもの
◎ペイドメディア:インターネットを使った広告、支払い費用が発生するため費用対効果を考えて活用するもの
◎アーンドメディア:ソーシャルネットワーク、SNSを活用して自社や製品、サービスの信用や口コミなどの評判を得ることを目的としたもの
Facebook、TwitterといったSNSのソーシャルメディアの活用により、事業を行う企業とそのサービスを利用する顧客及びユーザーの距離や接点が近いものとなりました。
ペイドメディアとアーンドメディアにも独自の長所であるメリットがあり、その反対側にはそれだけでは補えないデメリット部分もあります。

メリットとデメリット

例えば
◎ペイドメディア(広告)では伝えたいことがすべて掲載できるほどのスペースがなく文字数も限られています。そういった部分をサポートし、広告としての成果を狙ったものがオウンドメディアとなります。
◎アーンドメディア(SNS)は自由度が高い分、スピード力が必要となるため、そうなると本当に伝えたい部分をしっかりとアプローチできない場合もあります。やはり、信頼性という意味では、少し時間をかけてアプローチする必要があるため、オウンドメディアを活用して、伝えたい真意をうまく露出させたいところです。

なぜ今、注目が集まっているのか?

オウンドメディアに注目が集まっているのには、コンテンツマーケティングの時代になったからです。
ますます膨大化するネット社会において、操作ひとつ、クリックひとつで一度に大量の情報を手にすることができます。よって、売りたいサービスや商品を前面に出していくだけでは、ユーザーを抱え込むことはできなくなりました。
オウンドメディアは、やり方によっては「遠回りをして、真意に近づけていく方法」が、費用対効果も含めて効率がよいということもわかってきています。新たなる集客戦略ということになります。

ユーザーが求めているものを考える

売りたいサービスや商品とは違う、ユーザーが本当に必要としている情報を目に届くところに届けてあげることで、自社のサービスに手を伸ばし、再び訪れ、そしてサービスや商品に魅力を感じてくれるいちファンへと誘い込む手段が必要となります。
どれだけ素晴らしいサービスや商品であっても、人の心は移り気であり、また、たくさんのものがあれば、選択に迷い悩むことも出てきます。
その心理を逆に利用して、自社にしかできないアピールの方法を考え、他社からの乗り換えたいと思わせる心を誘導しながら、オンリーワンになっていきましょう。
自社の魅力を充分にアピールできる可能性があるものが、オウンドメディアとなります。

自社ファンを増やせる根拠は?

そしてもうひとつ、オウンドメディアが自社ファンを増やすメディアに向いているのかと申しますと、今まで躍起になってサイトを検索で上位表示するための基準として文章内で「キーワードの数を散りばめ、投入する」というところに意識していましたが、今はコンテンツの内容がとても重要とされています。

ユーザー視点が第一

ユーザーの立場に立った文章、ユーザーが求めるコンテンツであれば、ユーザーがこれらを必要とし、コンテンツを高く評価することで検索エンジンにて上位表示されるため、さらにコンテンツには人が集まってアクセス数も増えていき、このコンテンツのファンも増加していくことでしょう。

誰に届けたいコンテンツであるか?

オウンドメディアとは数種のインターネットメディアのハブ(中心)的な役割。
自社のメディアとして、ユーザー視点のコンテンツ(記事・コラム・ブログ)を届けていくこととなります。
そのためには必ずユーザー設定(ペルソナ)が必要になり、そのユーザーに対して「自分が伝えたいこと」ではなくて、「ユーザーが必要としていること」「ユーザーが求めていること」を分析したうえで、コンテンツを組み立てていく必要があります。

一過性のものではない財産としてのコンテンツ

オウンドメディアを構築していくメリットはなんといっても、コンテンツの価値が上がっていくことです。継続すればするほど財産としての価値があがるため、一過性のものではなく、且つ低コストで長期間にわたり、愛されるコンテンツへと育っていきます。

財産としてのコンテンツとなる条件

◎自社のサービスや商品の紹介から解放されたコンテンツであること。
◎サイトのページ数は100ページ以上であること。
◎カテゴリー・キーワードが明確であること。
◎設定したユーザーが興味関心を持つ内容であること。
◎他社よりも質の高いコンテンツであること。
◎入口と出口が明確であり繋がっていること。

まとめ

メディアとひとことで言っても、その用途がそれぞれにあるということをおわかりいただけたと思います。自社のサービスや商品に合わせ、ユーザーが必要としている情報を絞り出し、その目的に応じて各メディアのメリットを最大限に活かすことができるのも、「インターネットメディアならでは」でしょう。