ChatGPT SEOライティング ブログコンテンツ

ChatGPTで効率化!SEOブログ記事の作成法とプロンプト24選

2023-07-18

生成AIツールChatGPTの登場により、適切に活用することで、SEOブログの作成においても時間短縮ができるようになりました。

 

本文でお伝えするChatGPTの特徴を理解した上で、ブログ作成に活用することで「執筆時間の短縮」「コストの削減」「アイデアの生成」など恩恵は多々あります。

 

本記事では、ChatGPTの特徴とSEOブログのつくり方の説明、プロンプト(命令文)の事例を紹介します。

 

オオニシ
ChatGPTで記事を生成する基本操作についてさらに詳しく学びたい方は、現在開催中のセミナーにご参加ください。下記のバナーをクリックすると、セミナーのご案内ページが開きます。

「ChatGPTで簡単にブログをつくる方法」無料セミナーの詳細とお申込みはコチラ

 

\気になる目次をクリックするとジャンプできます/

Contents
  1. 公式ChatGPTとは『自動応答チャット生成AI』
  2. ChatGPT-3とChatGPT-4:2つのモデルの特徴と比較
  3. SEOブログの記事作成にChatGPTは活用できる
  4. ChatGPTをSEOブログ記事の生成に使うメリット
  5. ChatGPTのデメリットと留意点
  6. ChatGPTを活用してSEOブログを作成するときの注意点
  7. SEOブログ記事作成にChatGPTを使うコツと3つの活用例
  8. ChatGPTでSEOブログの記事作成をするときの注意点
  9. AI活用の前に必要な『SEOの知識』と『ライティングスキル』
  10. 【SEOの知識】ChatGPTを活用したブログづくりのポイント
  11. AI活用の前に必要な『ライティングスキル』
  12. ブログ記事制作にAIを活用!事例別プロンプト24選
  13. SEOブログ作成でおすすめChatGPT-4のプラグイン
  14. AI生成コンテンツの法的および道徳的な考慮点
  15. SEOブログ記事の成果を測定する方法
  16. よくある質問
  17. ChatGPTと共栄しながらSEOブログ記事を作成しよう

公式ChatGPTとは『自動応答チャット生成AI』

公式ChatGPTとは、2015年に設立された『OpenAI』という団体が開発し、2022年11月に公開された自動応答チャット生成AIのことをいいます。

 

ChatGPT公式ページURL (OpenAIが運営)

 

ChatGPT公式サイトの言語は英語になっていますが、AIチャット機能の質問と回答は日本語に対応しています。

 

ChatGPT公式サイトの画面

ChatGPT公式サイトTOP画面

ChatGPT入力画面

 

公式ChatGPTはパソコンとiPhoneで使える

ChatGPTは、パソコンのブラウザやスマートフォンの専用アプリで無料で利用できて、基本的にはどちらも使い方は同じです。

 

ChatGPT公式サイトのアプリはiPhoneのみ公開されています。(2023年7月現在)

Androidは、ブラウザ版の使用になります。

 

使い方は、ChatGPTのチャットに質問文や『プロンプト』という命令文を送信することで、WEB上にある情報を基に会話形式で回答してくれます

 

ChatGPTとの会話は、まるで人間とやりとりしているかのように自然であることが特徴です。

 

公式ChatGPTは公開されて2カ月後には利用者が1億人

ChatGPTは、公開されてから2カ月後の2023年1月には利用者が全世界で1億人に到達しました。

 

SNSと比較した場合、サービス開始から利用者1億人に到達までに要したそれぞれの期間は、以下のとおりになります。

 

  • TikTok:9カ月
  • Instagram:2年4カ月
  • Facebook:4年半
  • Twitter:5年半

 

利用者が多いSNSと比較しても、ChatGPTが世間に浸透したスピードがいかに早いかがわかります。

 

ChatGPTは、会話以外にもExcelのマクロなどのプログラミング文や、メールの文面を考えること、文章を要約するなど、テキストで表現できる回答に対応しています。

 

質問した際に、望んだ回答が得られるように、回答方法や条件を細かく指定することで、より精度の高い回答が返ってきます。

 

オオニシ
ChatGPTを正確に使いこなすためには、ChatGPTが得意・不得意とすることを把握し、欲しい回答を得るための質問力も求められます

 

2024年2月時点・ChatGPTの最新情報

2024年2月時点でのChatGPTの最新情報は、以下になります。

 

OpenAIは定期的に新機能を追加しており、最新バージョンではより自然な応答と特定タスクに特化したモデルが導入されています。

 

また、学習データが定期的に更新され、最新データセットに基づくトレーニングにより、以前のバージョンよりも正確な結果が得られるようになっています。

 

さらに、モデルのパフォーマンス改良が行われており、最新バージョンは以前のバージョンよりも高速で効率的な応答が期待できます。

 

生成AIツールを活用した「ChatGPT×SEOライティングでブログをつくる方法」を詳しく知りたい方は
↓↓こちら↓↓をクリック!

 

 

ChatGPT-3とChatGPT-4:2つのモデルの特徴と比較

最新の技術は日々進化しており、私たちの生活に新しい便利さをもたらしています。

 

とくに、対話式で音声でも話すことができる人工知能、ChatGPTの進化は目覚ましいものがあります。

 

ChatGPTには2つのバージョンが存在しており、それぞれが異なる機能と応用範囲を持っています。現在、主に使用されているのはChatGPT-3と最新のChatGPT-4です。

 

本章では、第3世代であるChatGPT-3と、さらに進化した第4世代のChatGPT-4についてお伝えします。

 

2つのバージョンがどう違うのか、それぞれがどんな便利な機能を持っているのか説明します。

 

ChatGPT-3とは

ChatGPT-3は、自然言語処理を行うための大規模なAIモデルで、多様な対話形式のサポート、文章生成と編集、知識の統合と応用、言語の理解と生成、クリエイティブなコンテンツ支援などの機能を備えています。

 

テキストベースの対話に非常に柔軟で、命令文を適切に行えば、専門的なトピックについても訓練で得た情報を用いて応答します。

 

ChatGPT-4の新機能

ChatGPT-4は、GPT-3にさらに多くの改善が加えられています。

 

ChatGPT-4は、より広範囲のデータとコンピュータプログラムにおいてデータを処理する高度なアルゴリズムを用いて訓練され、理解力と文脈への適応能力が向上しています。

 

また、ChatGPT-4は添付ファイルの読み取りやプラグインの利用が可能となり、さまざまな外部サービスやデータベースへのアクセスを容易にし、応答の範囲と精度を大幅に拡張しています。

 

※ChatGPT-4でおすすめのプラグインについては、後の章でお伝えします。

 

ChatGPT-3とChatGPT-4を比較すると、最大の違いはその反応の質です。

 

ChatGPT-4は、ChatGPT-3よりも詳細で正確な回答を提供し、より複雑な会話や多言語対応にも強みを持っています。

 

ChatGPT-4を活用することで、ユーザーはより信頼性の高い情報を得ることができ、さまざまな用途での実用性が向上しています。

 

生成AIツールを活用した「ChatGPT×SEOライティングでブログをつくる方法」を詳しく知りたい方は
↓↓こちら↓↓をクリック!

 

SEOブログの記事作成にChatGPTは活用できる

ChatGPTを活用してSEOのブログ記事を作成することは可能です。

 

ChatGPTは自然言語を理解し、テキストを生成する能力を持っているため、指定された話題に沿った記事を作成できます。

 

ただし、ChatGPTが生成する記事はあくまでテキスト情報に基づいており、必ずしも正確性や最新性が保証されているわけではありません。

 

そのため、ChatGPTによって書かれた記事は、事実確認や最新情報の更新、文体の調整など、人間によるレビューと編集が必要です。

 

SEOブログを書く際、ChatGPTができることには以下のようなことがあります

 

  1. 記事のアイデア生成:ChatGPTは特定のトピックやキーワードに基づいて、ブログ記事のアイデアを提案できます。

  2. 記事の構成案の作成:ChatGPTは記事の大まかな構成案を作成し、各セクションの内容についての提案ができます。

  3. 記事の下書きの作成:ChatGPTは指定されたトピックに基づいて、記事の下書きを生成します。

  4. 文章の改善:ChatGPTは既存の文章を改善するための提案を行い、より読みやすく魅力的な内容にします。

  5. FAQセクションの生成:ChatGPTはよくある質問とその回答を生成し、ブログ記事にFAQセクションを追加できます。

  6. キーワードリサーチのサポート:ChatGPTは関連キーワードの提案や、特定のキーワードに基づいたコンテンツのアイデアを提供できます。

  7. タイトルと見出しの生成:ChatGPTは魅力的なタイトルや見出しを提案し、記事のクリック率を向上させることができます。

  8. メタデータの作成:ChatGPTはSEOに最適化されたタイトルやディスクリプションを生成します。

 

上述から、ChatGPTにできることを把握して、SEOブログ作成に役立ていきましょう。

 

生成AIツールを活用した「ChatGPT×SEOライティングでブログをつくる方法」を詳しく知りたい方は
↓↓こちら↓↓をクリック!

 

ChatGPTをSEOブログ記事の生成に使うメリット

ChatGPTをSEOブログの生成に利用すると、WEBマーケティングの効率を高め、より質の高いコンテンツを提供するための手助けになります。

 

効率的な執筆、コスト削減、そして新たなアイデアの発見など、ChatGPTはブログ運営者やコンテンツクリエイターにとって強力なツールとなります。

 

執筆時間の短縮

ChatGPTを使うと、ブログ記事を書くのにかかる時間を大きく短縮できます。

 

目次の構成、執筆の下書き、最終的な校正や編集など記事化するまで、ChatGPTが助けてくれます。

 

例えば、通常は目次の構成を作成するには2~3時間ほどかかりますが、ChatGPTを活用することでわずか3分で作成が可能になりました。

 

これまでかかっていた時間が不要になり、素早く記事を作成できるため、空いた時間で高品質なコンテンツを量産できます。

 

コストの削減

執筆時間の短縮は、人件費の削減にもつながります。

 

ChatGPTの使い方とSEOをマスターすることで、低コストで高品質なSEOブログの作成が可能です。

 

また、定期的なコンテンツ更新の効率化により、長期的なコスト削減にもつながります。

 

アイデアの生成

ChatGPTは、さまざまな話題やテーマに関する内容を整理した上でアイデアを提供できます。

 

とくに、SEOに重点を置いたブログ記事のアイデアをすぐに考えることができます。

 

これにより、記事の多様性と魅力が増し、読者の興味を引きつけ、検索エンジンでのランキング向上にも役立ちます。

 

生成AIツールを活用した「ChatGPT×SEOライティングでブログをつくる方法」を詳しく知りたい方は
↓↓こちら↓↓をクリック!

 

 

ChatGPTのデメリットと留意点

上の章でお伝えしたように、ChatGPTはWEB情報をもとに自然な会話ができるAIです。

 

しかし、検索エンジンの検索結果で、ブログを上位表示させるには、検索ユーザーの「検索意図」を読み取ることが必要です。

 

ChatGPTは、人間の検索意図や購買心理を読み解くことはできないため、客観的な文章でない事が多く不足事項や重複事が多いのが特徴です。

 

オオニシ
よって、現段階ではブログ記事の作成を100%に任せることはできません。ChatGPTをブログ作成に活用したいと考えている人は、「SEOライティング」の取得が必要です。

 

SEOライティングは、検索ユーザーが知りたい情報を丁寧に隈なく書き、検索エンジンにわかりやすく伝える執筆技法です

>>SEOライティングとはユーザーファーストを意識した検索される文章

 

ChatGPTを活用した際のデメリットは、主に3つ挙げられます。

  • 文脈を理解する能力に限界
  • 情報の信頼性と正確性の問題
  • 虚偽の情報を悪用目的で拡散される危険性

 

以下では、上記のデメリットから、ChatGPTができないことや苦手とする事柄、活用するうえでのマイナス点をお伝えします。

 

常に最新の情報が反映されるわけではない

ChatGPTによる回答は、一定の期間までのWEB情報をもとに生成されていることが、以下のように明言されています。

 

ChatGPT is not connected to the internet, and it can occasionally produce incorrect answers. It has limited knowledge of world and events after 2021 and may also occasionally produce harmful instructions or biased content.

和訳:ChatGPTはインターネットに接続されておらず、誤った回答が生成される場合があります。2021年以降、世界や出来事に関する知識は限られており、有害な指示や偏ったコンテンツが生成される場合もあります。

※2024/3/13現在

引用元:Open AI・What is ChatGPT?

 

実際、ChatGPTに「2021年以降の出来事について答えられるか」と尋ねてみると、上記の引用文と同じような内容の回答が生成されました。

 

2021年までの知識しか持っていないことを回答するChatGPT

 

上記のことから、ChatGPTには最新の事柄や事件、技術革新についての質問や、情報収集ができないことがわかります。

 

オオニシ
ChatGPTで収集した情報を利用する際は、提示された内容が最新のものであるか確認が必要になります

 

間違った情報を出力する場合がある

ChatGPTを利用する際は、提示された情報が「間違っている可能性がある」という前提で使用しなければなりません。

 

そのため、利用者には「ChatGPTの情報すべてが正しいわけではない」という認識のうえ、得た内容や情報を精査するスキルが求められます。

 

ChatGPTに命令文を打ち込むこと、AIはWEB上の情報を収集したうえで回答を生成します。

 

そのため、ChatGPTの回答は間違ったWEB情報を学習している可能性や、文面のつじつまが合わないテキストを生成することがあるのです

 

以下の画像は、ChatGPTに「しりとりをしよう」と送信したところ、見当違いな回答が生成された例です。

 

しりとりで誤った回答を生成するChatGPT

 

回答を見ておわかりいただけるように、ChatGPTはしりとりのルールを理解していないようです。そのため、間違った回答をしています。

 

情報収集をしようとChatGPTを利用した場合、しりとりでなくても質問のルールを理解していない場合や、間違った情報を正しいことのように回答する可能性があります。

 

ChatGPTを情報収集に利用する場合は、質問者自身の質問内容に対するリテラシーが求められます

 

オオニシ
しりとりは一例ですが、情報収集したい内容に質問者が精通していない場合、結果的にChatGPTによる回答の真偽を確かめる作業に、必要以上の時間を割くことになります

 

質問者は、質問したい分野に対して最低限の基本知識を持っていて、ChatGPTの回答が正しいか否かを判断できる事柄について質問するとよいでしょう。

 

生成AIツールを活用した「ChatGPT×SEOライティングでブログをつくる方法」を詳しく知りたい方は
↓↓こちら↓↓をクリック!

 

 

ChatGPTを活用してSEOブログを作成するときの注意点

ブログを、Googleなどの検索エンジンの検索結果で上位表示させるにはSEOを施します。

 

SEOとは、Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オブティマゼーション)を訳した言葉で、日本語で『検索エンジン最適化』を意味するマーケティング用語です。

 

SEOの基本的なことは、下記の記事で詳しくお伝えしています。

こちらもCHECK

SEOとはユーザー視点のコンテンツ重視で検索エンジンから集客する施策

続きを見る

 

検索結果で上位表示させるブログ作成は、毎日投稿しなくてもよい代わりに、検索ユーザーが知りたいことや問題解決へと導けるコンテンツになるように、リサーチを入念に行いながら作成します。

 

そのため、ブログ作成の時間を「ChatGPTを利用して効率化したい」と考える人も増えていますが、検索エンジンで上位表示させる対策を行う記事は『オリジナリティ』と『情報の鮮度』が重要です。

 

前章「ChatGPTのデメリットと留意点」でお伝えした「2021年以降に追加されたWEB情報は結果に反映されない(2023年現在)」「間違った情報を出力する場合がある」といったChatGPTの特性を考えると、SEOを考慮したブログを作成する場合、独自の経験や体験や最新の情報までを、「生成AIのChatGPTではできない」といえます。

 

SEOに効果的な記事作成は、誰が読んでも納得と共感が得られる客観的な書き方が必要です。

 

そのため、自問自答しながら記事作成を行い、不足している情報についてはChatGPTで質問し、回答を要約して加筆したりすることで客観的な文章がつくれることもあります。

 

主観的と客観的な書き方の違いについては、下記の記事で紹介しています。

参考主観的と客観的の違いを理解して読み手視点に合わせた文章を書くコツ

続きを見る

 

本章では、「ブログ作成のすべての工程に対して、ChatGPTの使用は完全ではない(不向きである)こと」「GoogleからのAIコンテンツへの評価」を解説します。

 

SEO記事にはオリジナリティと情報鮮度が重要

上述のとおり、SEOとは、ホームページやECサイトなどのWEBサイトおよびブログなどの記事を、検索エンジンの検索結果の上位1ページ目に表示させるために用いる施策や手法を指し、結果的に集客数や売上アップにつなげる戦略になります。

 

SEOとは検索結果で上位に表示させる施策や手法イメージ図

 

SEOの実装には、ユーザーと検索エンジンから評価されるように、ユーザーの役に立つ情報を網羅した有益なコンテンツ記事の制作が必要です。

 

オオニシ
ユーザーと検索エンジンの両者にコンテンツを評価されることにより、検索結果で上位表示されやすくなることが理由です

 

記事の内容は一次情報であることが求められる

ユーザーと検索エンジンから評価されるブログやWEB記事をつくるには、書かれていることが一次情報であることが求められます。

 

一次情報とは「自分が直接体験をすることで得た情報。または、自ら行った調査や実験で得た情報」という意味を指します

 

すでに、どこかで別の誰かが発した言葉やWEBサイトで使われている二次情報や三次情報では、オリジナリティに欠けてしまうからです

 

Googleをはじめとする検索エンジンは、体験談や専門性の高い知識に基づいた一次情報などの独自性を重要視しています。

 

さらに、検索エンジンは検索者が使うキーワード(検索クエリ)によって、記事に掲載されている内容を読み取り『情報の鮮度』を計測して、記事内の情報は最新のものであるか判断します。

 

そのため、情報の鮮度が高ければ高いほど、検索エンジンからの評価も高くなるのです

 

オオニシ
情報の鮮度とは、例えば新発売の商品や最新で行われているイベントに関すること、または最新のニュース報道や、システムに関するアップデート情報などを指します

 

対して、長期間に渡って内容が大きく変わらないレシピやQ&Aなどの情報については、鮮度による影響はほぼないといえるでしょう。

 

ChatGPTは2021年以前のWEB情報である

前述したように、ChatGPTは2021年以前のWEB情報を基に回答を生成しています。(2023年7月現在)

 

このことから、ChatGPTで生成した文章を記事にしたとしても、オリジナルの情報でないうえに、情報の鮮度も欠けているためSEO効果を発揮できないことがわかります。

 

また、ChatGPTが、正しい情報であるかのように回答した内容が間違っていた場合、気づかずにそのまま記事化してしまわないように注意が必要です。

 

読み手が先に間違いに気づいたときや、あるいは、情報をうのみにしてほかに拡散した後に間違っていることを知った場合は、読者からの信頼を失うこととなります。

 

信頼を失うと、これまでブログにアクセスしていた読者やユーザーが離れてしまう恐れがあります。

 

オオニシ
ChatGPTからの情報すべてをうのみにせず、表示された回答を基に自身で真偽を確かめたうえで、自分で文章を考えることで、前述したリスクを回避できます。

 

GoogleからのAI生成コンテンツに対する評価

ChatGPTを始めとしたAI生成コンテンツについて、Googleは以下のように述べています。

 

AI や自動化は、適切に使用している限りは Google のガイドラインの違反になりません。検索ランキングの操作を主な目的としてコンテンツ生成に使用すると、スパムに関するポリシーへの違反とみなされます。

引用元:AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス

 

上記の引用元の情報からわかるように、AIで生成したコンテンツという理由で、検索エンジンからペナルティを与えられることはありません。

 

AIを使用したコンテンツであっても、有益な情報が網羅されているコンテンツであれば、検索エンジンからの評価対象となります。

 

ただし、AIの回答する文章が一次情報でない点や、情報の鮮度に欠ける点を加味すると、冒頭でも述べたとおりブログ記事作成のすべての工程をChatGPTに100%任せることは難しいといえます。

 

SEO効果の高いブログ記事を作成するならば、ChatGPTを使う場合は、記事制作の一部(構成や見出しなど)を活用し、必要最低限の利用にとどめるとよいでしょう。

 

生成AIツールを活用した「ChatGPT×SEOライティングでブログをつくる方法」を詳しく知りたい方は
↓↓こちら↓↓をクリック!

 

SEOブログ記事作成にChatGPTを使うコツと3つの活用例

SEOブログ記事作成のすべての工程をChatGPTに任せることは難しいとはいえ、一部の工程の手助けをしてもらうことで、記事作成全体にかける時間を短縮できるでしょう。

 

ここでは、SEOブログ記事作成にChatGPTを活用できる使い方を、3つ紹介します。

 

【活用例1】ChatGPTにタイトルを考えてもらう

ChatGPTに完成したブログ記事の内容を簡潔に説明し、「タイトルを考えてください」と指示することで、タイトル案を数個提示してくれます。

 

ただし、AIはよくある言葉の並び順からタイトル案を生成します。

 

案をそのまま使用すると、ほかのサイトの記事との差別化ができない可能性があるため、タイトル作成の参考程度に留めておきましょう

タイトルは、ユーザーが見たときに自分が必要としている情報であるか、クリックするか否かの判断材料になる重要な部分です。

 

生成されたタイトル案の語句の一部を言い換えることや、インパクトある言葉を付け加えるなどして改善するとよいでしょう。

 

【活用例2】ChatGPTに大まかな文章構成案を考えてもらう

ChatGPTに、ブログ記事のターゲットや選定したキーワードを伝えることで、下図のように文章構成案を生成してくれます。

 

オオニシ
文章構成の基本的な考え方やつくり方については、後述する『SEOライティング』の項目で詳しくお伝えしますが、簡単にいうと『記事作成の土台となる目次部分』にあたります。

 

SEOを題材にした文章構成案を回答しているChatGPT

 

タグとは、WEB記事の見出し(目次)を示すときに使用する印のようなものになります。

 

タグを正しく用いることで、検索エンジンにブログの内容も正しく伝えることができるのです。

 

タグについては、下記の記事で詳しくお伝えしています。併せてご覧ください。

参考HTMLタグを最適化しよう!SEO対策に効果的な使い方や注意点

続きを見る

 

ChatGPTへの命令文にタグについて加えることで、上図のように大きな見出しから小さい見出しまで考えてくれるため、文章構成のベースに活用できます。

 

オオニシ
ブログ記事の見出しは、検索順位に影響する重要な要素のひとつです

見出しが重要である理由は、検索順位を決めるためにWEBサイトから情報収集をしている検索エンジンのシステムである『クローラ』が、見出し(hタグ)を読み取り、何が書かれているかを把握して情報を集めているからです。

見出し名が記事の内容やタイトルに適したものであるほど、評価が高まります。

 

ChatGPTに文章構成案を考えてもらう際は、生成された文章構成案や見出し名が、他社サイトの既存記事と重複していないか、最終的に人の目で判断して活用するとよいでしょう

 

【活用例3】ChatGPTに執筆した文章の添削・校正をしてもらう

ChatGPTに、自分が執筆した文章を送信することで、誤字脱字や語句の言い換えをするなどの添削や校正をしてもらえます。

 

文章の改善点を回答することや、専門用語をわかりやすい言葉にすることもできるため、自分の文章に対して客観的な意見が欲しいときに役立ちます。

 

しかし、人が書いた文章特有の細かなニュアンスや言い回しを理解することはAIにとって難しく、単調な文章に修正されてしまう可能性があります。

 

文章の誤字脱字修正をするChatGPT

 

間違っていない言葉でも、修正されることがあります。

 

そのため、「ChatGPTが修正した言葉」「自分で考えた言葉」どちらが適しているのかを見極めたうえで、参考にするとよいでしょう

 

執筆した文章への添削の必要性について、下記の記事で詳しくお伝えしています。

参考SEOライティングで成果を出す!文章の添削を受ける6つのメリット

続きを見る

 

生成AIツールを活用した「ChatGPT×SEOライティングでブログをつくる方法」を詳しく知りたい方は
↓↓こちら↓↓をクリック!

 

ChatGPTでSEOブログの記事作成をするときの注意点

これまで紹介した活用例を参考にして、SEOブログの記事を作成することで、記事作成の時間を短縮でき、ChatGPTから客観的な意見を聞けるメリットがあります。

 

SEOを用いたブログ記事を作成するためにChatGPTを活用する場合は、以下の注意点を把握して実践しましょう。

 

必ずファクトチェックを行う

先述したように、ChatGPTは間違った情報を学習し、質問者に提示する可能性があります。

 

間違った情報の真偽を確かめずに記事に使ってしまうと、ユーザーや検索エンジンからの信用を失うことや離脱を招き、検索順位を落とす結果を招いてしまいます。

 

ChatGPTで生成された情報を活用する場合は、必ず人間の目によって情報が正確であるか確かめる『ファクトチェック』を行いましょう。

 

ChatGPTへの質問や命令文は具体的に書く

ChatGPTに質問・命令する際は、できる限り具体的に細かく条件を指定して書くとよいでしょう。

 

あいまいで漠然とした質問文は、得たい回答とずれた文章が生成されてしまう要因になります。

 

たとえば、SEOについて知りたい場合は「SEOについて教えてください」ではなく、「SEOを用いた記事を作成する際に重要なことを、300文字以内で要約してください」と書きます。

 

このように、最も知りたい情報を具体的に示し、文字数を指定することで欲しい回答と生成される回答のギャップを最小限にできます

 

しかし、ChatGPTは日々学習しているため、日を改めて同じ質問をすると、異なる回答が返ってくる可能性があります。

 

得たい回答を導き出すために、質問や命令文の調整に時間を費やすことは避け、ChatGPTは作業を効率化するために使うツールであることを念頭に置いて利用しましょう。

 

 

AI活用の前に必要な『SEOの知識』と『ライティングスキル』

ChatGPTを活用してSEOブログ記事を書く場合、執筆者自身にSEOの知識とライティングスキルが備わっていることが大前提です。

 

先に述べたとおり、AIは検索ユーザーの検索意図を読み取ることができません

 

ChatGPTが生成した回答のどの箇所を修正すればSEO効果を発揮できるかの検討は、記事を作成する執筆者がSEOに関する知識やライティングスキルを保有していることが必要です。

 

また、生成された文章を自分の文章に置き換える際にも、質の高い記事を作成するにもライティングスキルが必要です。

 

たとえば、文と文のつなぎ目や文章で臨場感を伝えたいときなど、記事全体における訴求点の見極めは、人間によるライティングの知見や経験が欠かせません

 

検索結果で上位表示させるライティングスキルを『SEOライティング』と呼びます。

 

SEOライティングは、読者となるユーザーにとって有益な情報を網羅しながら、検索エンジンにもわかりやすく伝える記事作成を行います。

 

ユーザーファーストの解説図

 

ユーザーを第一に考えた文章の書き方を「ユーザーファースト」といいます。

 

ユーザーファーストとは、ユーザー視点に立って検索読者が求める情報を提供することです。

 

言い換えると、WEBマーケティングの視点を持つことで、結果「ユーザーファースト」の視点に立てるのです。

 

生成AIのChatGPTを活用したブログや記事作成で、効果的な結果を得るためには、SEOライティングの基礎知識が不可欠です。

まずは、SEOライティングの基礎をしっかり学び、検索エンジンに評価される記事を作成するスキルを身に付けましょう。

 

📢【お知らせ】📢

ついに『SEOライティング基礎・動画講座』を販売を開始しました!✨
※4つの動画(計・約3時間)とボリューム感満載130頁以上のテキストに選べる4つのコース

 

●こんな方に:ライター志望者 / ライター初心者  / アフィリエイター初心者 / SEO集客を実践したい起業家・経営者

 

SEOの基礎からしっかり学び、自分のペースでスキルアップできる内容満載の動画講座です。

ChatGPTを活用する前に、必須の知識を身に付けましょう!📝

 

▼SEOライティング基礎・動画講座のご案内です。

下記の画像をクリックすると、詳細ページが開きます。

『集客ブログやアフィリエイト記事作成』について詳しく知りたい方は↓↓こちら↓↓をクリック

SEOライティング基礎・動画講座バナー

今すぐチェックして、効果の高いSEOライティングをマスターしましょう!🚀

 

 

【SEOの知識】ChatGPTを活用したブログづくりのポイント

ブログにアクセスを増やすためには、SEOの知識とキーワード選定が重要になります。

 

SEOの知識を身に付けるには、検索エンジンの仕組みを把握しましょう。

 

検索エンジンの仕組みを知ることで、検索結果で上位表示させるためのコツがつかめます。

 

ここでは、SEOで行う数ある対策のうち、重要になる『検索エンジンの仕組み』と『キーワード選定』について解説します。

 

検索エンジンの仕組みを知ってSEOを理解する

SEOで成果を出すには、検索エンジンの仕組みについて理解が必要です。

 

Googleクローラとインデクサのイメージ図

 

Googleをはじめとする検索エンジンは、クローラとインデクサと呼ばれるふたつのシステムが動いています。

 

クローラは世界中にあるWEBを巡回して情報を収集し、集めた情報をインデクサがインデックスしていくことで、検索結果の順位に反映されます。

 

WEBサイトが検索結果で上位されるためには、質の高いコンテンツであることはもちろん、SEOによる内部対策や外部対策も必要です。

 

内部対策とは、検索エンジンにWEBサイトを見つけてもらいやすくするための施策です。

 

外部リンク・被リンクイメージ図

 

内部対策には、内部の関連性のある記事同士でリンクを貼ったり、altタグといわれる画像に代替えテキストを使用したりなどがあります。

 

 

外部対策は、外部サイトから被リンクやサイテーションなどによって評価を獲得するための施策です。

 

サイテーションとはイメージ図

 

サイテーションとは、WEB上で企業名やWEBサイト名を言及されることをいいます。

 

内部対策・外部対策については、下記の記事で詳しくお伝えしています。

参考SEO外部対策につながる内部リンクとは?重要である理由・やり方

続きを見る

 

どのようなブログが上位表示されやすいか、どのように検索順位が決定するかなど、検索エンジンの仕組みを把握しておくことで、SEO対策に効果的な策を講じられます

 

検索エンジンの仕組みやSEOブログのつくり方については、下記の記事で詳しく解説しているため、ご確認ください。

こちらもCHECK

クローラ・インデクサ┃検索エンジンの仕組みと上位表示をめざす方法

続きを見る

 

こちらもCHECK

ホームページ集客に必要なSEO!内部ブログでアクセスを増やすコツ

続きを見る

 

 

ChatGPTへの命令文にも必要なキーワード選定

記事を作成するには、まず適切なキーワード選定を行うことが必要です。

 

ブログが検索結果で上位表示されるためには、まず上位表示を狙いやすいキーワード選定から始めます。

 

ブログ立ち上げ当初はビッグキーワードを避ける

検索ボリュームが月間1万人以上あるようなキーワード(ビッグキーワード)で上位表示ができれば、多くのユーザーの流入を見込めますが、同じように上位表示を狙っている競合他社のサイトも多く存在します。

 

キーワードプランナー検索ボリュームを説明する画面

 

そのため、競合他社のサイトが多いキーワードでの上位表示は難しく、ブログを立ち上げたばかりの段階であれば難易度はさらに上がります。

 

ドメインパワーを高める要素

立ち上げたばかりのブログでは、ビッグキーワードで上位表示させることが難しいといわれている理由のひとつに、WEBサイトのURLとなる『ドメインパワー』が関係しています。

 

ドメインパワーとは、検索エンジンからのWEBサイトの信頼度を数値化した指標です。

 

ドメインパワーを高める要素イメージ図

 

GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、コンテンツの質や量、更新頻度、外部サイトからリンクを獲得する被リンク、ドメインの運用期間によってWEBサイト全体を評価します。

 

立ち上げたばかりのブログは、サイトのURLとして使用しているドメインの運用期間が短いため、ドメインパワーは強くありません。

 

そのため、ビッグキーワードを狙ったとしても、自分のブログより運用期間が長い競合他社のサイトに比べて評価を集めにくく、上位表示が難しいといわれています。

 

運用期間の長さのほかにドメインパワーを高める要素として、上の図のようにコンテンツの質や量、被リンクの質によってドメインパワーが高まります。

 

ロングテールキーワードを狙う

ブログを始めた当初は、検索ボリュームの小さなキーワード(ロングテールキーワード)を狙いましょう。

 

ロングテールキーワードは、月間検索ボリュームが10~100人という少人数なキーワードであると予想されているため、アクセス数だけでいうと多い数の流入は見込めません。

 

キーワード選定イメージ図

 

しかし、自身のSEOに関する知識やキーワードのジャンルにもより異なりますが、競合記事やサイトが少ないことから、比較的早期(平均2カ月前後)に上位表示(1~2ページ目)される傾向にあります。

 

コンバージョン(CV)につながり、ユーザーが使用すると思われるキーワードであれば、ロングテールキーワードを積極的に使用しましょう。

 

コンバージョン(Conversion)はCVとも呼ばれており、WEBマーケティング分野においては、ゴールとなる重要な指標のひとつであるため、集客数や売上げ数を上げるためには設定が必要です。

 

コンバージョンについては、下記の記事で詳しくお伝えしています。

参考コンバージョン(CV)とは集客や売上の目標達成数!成果を上げる方法

続きを見る

 

ロングテールキーワードは、ビッグキーワードに比べ、より細分化されたニーズを満たせられるため、『コンバージョン』につながりやすいというメリットがあります。

コンバージョンとは、商品の購入、資料請求などの自社の利益につながるような行動をユーザーが起こしてくれることをいいます。

 

ユーザーのニーズを満たすことができれば、ブログの信頼性が上がりドメインパワーが強化され、より検索ボリュームの大きいキーワードでも上位に表示させやすくなります。

 

キーワード検索ボリューム選定イメージ図

 

ロングテールキーワードを狙ったブログ記事が上位に表示され、ユーザーの流入を着実に増やしたうえで、徐々にビッグキーワードを狙っていくことが、SEO対策で成果を出す方法です。

 

ChatGPTへ大まかな文章構成案を生成してもらう際にも、何に関しての記事の文章構成案を書いてもらうのかを指示しなければなりません。

 

その際に、ブログの状況やトレンドなどを加味して選定したキーワードを伝えることで、SEOブログ記事の作成に役立てられます。

 

以下の記事ではキーワード選定について詳しく解説しているため、併せてご確認ください。

こちらもCHECK

初心者にもできるSEO!記事作成のキーワード選定・手順と集客対策

続きを見る

 

ブログは検証改善が必要

また、SEOブログやWEBサイトは「公開して終わり」ではなく、検証改善しながら育てていくものです。

 

とくに、新しいドメインは一時的に検索結果で上位表示されても安定性や集客導線が確立できていない可能性があります。

 

WEBにおける集客導線とは、ユーザーに商品サービスが認知されて購入やサービスの利用などの行動に至るまでの一連の流れを指します。集客で成果を出すには、「集客導線」を明確にします。

 

集客導線については、以下の記事で詳しく解説しています。併せてご確認ください。

こちらもCHECK

集客導線とは売上につながる顧客獲得に必要なWEB戦略

続きを見る

 

また、「記事へのアクセス数さえ増えれば必ずしも集客ができる」とは限りません。

 

1~3位の検索結果をめざし、検索順位が安定して集客効果が出るまでは、記事公開後3~6カ月ほどのスパンを考えておきましょう。

 

また、ワードプレスを使ってブログを運用している場合は、使用しているテーマも検索順位に影響するポイントです。

 

ブログ作成時に必要になる『SEOライティング基礎・オンデマンド動画講座』について詳しく知りたい方は、↓↓こちら↓↓をクリック!

生成AIのChatGPTを活用したブログや記事作成で、効果的な結果を得るためには、SEOライティングの基礎知識が不可欠です。

まずは、SEOライティングの基礎をしっかり学び、検索エンジンに評価される記事を作成するスキルを身に付けましょう。

 

📢【お知らせ】📢

ついに『SEOライティング基礎・動画講座』を販売を開始しました!✨
※4つの動画(計・約3時間)とボリューム感満載130頁以上のテキストに選べる4つのコース

 

●こんな方に:ライター志望者 / ライター初心者  / アフィリエイター初心者 / SEO集客を実践したい起業家・経営者

 

SEOの基礎からしっかり学び、自分のペースでスキルアップできる内容満載の動画講座です。

ChatGPTを活用する前に、必須の知識を身に付けましょう!📝

 

▼SEOライティング基礎・動画講座のご案内です。

下記の画像をクリックすると、詳細ページが開きます。

『集客ブログやアフィリエイト記事作成』について詳しく知りたい方は↓↓こちら↓↓をクリック

SEOライティング基礎・動画講座バナー

今すぐチェックして、効果の高いSEOライティングをマスターしましょう!🚀

 

 

AI活用の前に必要な『ライティングスキル』

SEOブログ記事は、コンバージョン獲得に向けて、検索者の検索意図を十分に図り、説得力と訴求力のある文章を書くスキルが求められます。

 

ここでは、ライティングの概要や、執筆ルールについて解説します。

 

SEOライティングでブログ記事を書く

SEOを用いたライティングは、SEOライティングとよばれています。

 

SEOライティングは、ユーザーの検索意図を考えながら文章構成を作成します。

 

検索意図の解説イメージ図

 

検索意図とは、ブログにアクセスしてもらいたいユーザー(ターゲット層やペルソナ)を前提にして、下記の2点を考えます。

 

  • 検索ユーザーがどのような情報を知りたくて検索しているのか
  • 知りたい情報に対してどのようなキーワードを使うのか

 

SEOライティングのイメージ図

 

SEOライティングについては、下記の記事でも詳しくお伝えしています。

こちらもCHECK

SEOライティングのコツ
SEOライティングのやり方│初心者にもわかる!書き方と8つのコツ

続きを見る

 

ペルソナを決めると文章構成も執筆もブレない

ペルソナとは、ターゲット層をさらに具体的にして、たったひとりのユーザーに的を当てた人物像になります。

 

ペルソナのイメージ図

 

ペルソナを決めて文章構成をつくれば、執筆をする際もスムーズです。

 

ブレない記事がつくれるため、誰が読んでもわかりやすく質の良いサイトコンテンツが作成できます。

 

ペルソナのつくり方については、下記の記事でお伝えしていますので参考にしてください。

参考【ペルソナの作り方】意味や具体的な決め方についてわかりやすく解説

続きを見る

 

文章作成の基本はロジカルライティング

また、SEOライティングは、ロジカルな文章で構成されているため『ロジカルライティング』という基本的な文章の書き方を用います。

 

ロジカルライティングは具体的には、PREP法やSDS法を用いて文章を論理的に書く方法です。

 

結論から述べ、情報を順序立てて説明する書き方であるため、何が書かれているのか人に伝わりやすい特徴があります

人に伝わりやすい文章は、ユーザーや検索エンジンからの評価に直結するポイントとなり、SEOに有効です。

 

 

ロジカルライティングを習得することで説得力のある文章を書けるようになるため、ブログやWEB記事の執筆が必要な人は積極的に習得しましょう。

 

基本的に、SEOライティングはロジカルライティングに加えて、SEOのルールを用います。

ロジカルライティングについては、下記の記事で詳しくお伝えしています。

参考ロジカルライティングとは?文章を劇的にわかりやすくする書き方

続きを見る

 

 

覚えておきたい執筆の表記ルール

ライティングには一定の表記ルールが存在します。

 

たとえば、『かんたん』『カンタン』『簡単』はどれも同じ意味ですが、表記が統一されていません。

 

ひとつの記事の中で表記が統一されていないことを『表記ゆれ』といい、記事内で統一されていることが理想とされています。

 

ほかにも、記事を書く際には誤字脱字や、使用に向いていない用語も把握して細心の注意を払わなければなりません。

 

上述した表記ルールや法的なルールは、読み手に誤解を与えないように、また、信頼度を高めるために用いられています

 

ルールを習得することで、品質が保持された記事が執筆できます。

 

表記ルールに関しては、『記者ハンドブック』という用語集の本が役立ちます。

 

記者ハンドブックは、送り仮名の付け方や同音異義語の使い分けを始めとした、新聞に登場する機会の多い日本語の使用方法をまとめた用語集です。

 

人に伝わりやすく、読みやすい記事を作成する際に重宝するため、活用しましょう。

 

しかし、ジャンルやターゲット層の設定によって、サイトの運用者が独自で決める表記ルールもあります。

 

また、企業の商品サービスのブランディングのために、表記を決めているルールもあります。使ってはいけない用語以外は、統一しやすいルールを定めましょう。

 

日本語の表記ルールやSEOに特化したライティング方法を解説しています。執筆の参考にしてください。

こちらもCHECK

覚えておきたい『日本語表記ルール一覧表』(記者ハンドブック参考)

続きを見る

 

一方で、化粧品や健康食品に関する記事を書く場合には『薬機法』とよばれる法律の知識が必要です。

 

また、『景品表示法』とよばれる商品やサービスの品質、内容、価格等を偽って表示を行うことを厳しく規制するとともに、過大な景品類の提供を防ぐために景品類の最高額を制限する法律もあるため、記事を書く際は注意を払いましょう。

 

薬機法と景品表示法については、下記の記事でお伝えしています。

こちらもCHECK

薬機法と景品表示法の違い|WEBライティングに必須の法的ルール

続きを見る

 

SEOライティングはプロから学ぶ

SEOの知識とライティングスキルを身に着けるには、専門家からライティングを学ぶことが必要です。

 

なぜなら、ライティングスキルは添削やフィードバックが無い状態では正しく身に付かないからです。

 

SEOや集客ができる文章の書き方を知らずにブログを書き進めていては、検索エンジンに評価される記事がつくれないため、検索結果で上位表示されることはありません。

 

検索結果で上位表示されることなく、公開したブログがユーザーに見つけてもらえないと、これまでの労力が無駄になります。

 

検索エンジンからの集客を自社で取り組みたい場合は、専門業者にコンテンツ制作を依頼するか、自社でSEOブログがつくれるようにコンサルティングを受けながらSEOライティングを学びましょう。

 

ワーククリエーションでは、『集客できるWEBサイト制作』と『SEOコンサルティング』、また、オンラインスクールで『SEOライティングの指導』を行っています。

 

お客さまの状況と課題にあわせてアドバイスいたします。ぜひ、無料相談をご利用ください。

 

 

ブログ記事制作にAIを活用!事例別プロンプト24選

ここでは、ブログ記事作成に利用できるプロンプト(命令文)例を、以下の事例ごとに紹介します。

 

  • ブログ記事のタイトルを考えてもらう
  • 大まかな文章構成案を考えてもらう
  • 文章の添削・校正をしてもらうため
  • 本文作成を補助してもらう 
  • ブログに使用する画像について案をもらう

 

上記の事例をChatGPTで使用するには、本文で紹介している例文を目的に合わせてアレンジしてください。

 

【プロンプト例】ブログ記事のタイトルを考えてもらう

前の項「SEOブログ記事作成にChatGPTを使うコツと3つの活用例」の「【活用例1】ChatGPTにタイトルを考えてもらう」で述べたように、ChatGPTは記事のタイトルを提案してくれます。

 

ここでは、ChatGPTにブログ記事のタイトルを考えてもらうためのプロンプトを紹介します。

 

文字数を指定したブログ記事タイトルを考えてもらう

ChatGPTにタイトル案を考えてもらう際、文字数を指定できます。

 

○○について書かれたブログ記事のタイトルを、25文字以上32文字以下で考えてください。

ChatGPTに指定した文字数内でタイトルを考えてもらう図

 

タイトルは32文字以内に収めることで検索結果でブログ記事タイトルが表示された際に、省略されずに全文が表示されます

 

また、タイトルはブログ記事の内容を簡潔に伝える役割もあるため、最小文字数で25文字のタイトルにして、検索結果からクリックされやすくなるように工夫をしましょう

 

文字数を指定したブログ記事タイトルを複数考えてもらう

タイトル案を複数提案してもらいたいときは、具体的な数を指定します。

 

○○について書かれたブログ記事のタイトルを3つ、25文字以上32文字以下で考えてください。

ChatGPTに指定した個数のブログ記事タイトルを提案してもらう図

 

プロンプト例では3つと指定していますが、提案してもらいた数を自由に設定できます。

 

具体的なペルソナ像とキーワードを指定してタイトルを考えてもらう

タイトルに含めたいキーワードと、具体的なペルソナの属性を指定したプロンプト例です。

 

ペルソナの属性をプロンプトに含めることで、ブログ記事で流入を図りたいユーザーに訴求できるタイトルが生成されます。

 

キーワード「○○」を含んでいる、【具体的なペルソナの属性】を対象としたブログ記事のタイトルを提案してください。

ChatGPTに指定したペルソナ像を対象としたブログ記事のタイトルを提案してもらう図

 

上記の【具体的なペルソナの属性】の部分に記入する例として、「30代 女性 副業ライター」や「愛知県在住の30代男性 会社経営者」などが挙げられます。

 

含めたい/含めたくない単語を指定してタイトルを考えてもらう

キーワードのほかにも、タイトル案に含めたい、または含めたくない単語を指定できます。

 

キーワード「○○」のブログ記事タイトルを3つ、「○○」という単語を含めて考えてください。

ChatGPTに含めてほしい単語を指定して記事タイトルを考えてもらう図

 

キーワード「○○」のブログ記事タイトルを3つ、「○○」という単語を含めないで考えてください。

 

ChatGPTに含めない単語を指定してタイトルを提案してもらう図

 

【プロンプト例】大まかな文章構成案を考えてもらう

ここでは、大まかな文章構成案を考えてもらうプロンプト例を紹介します。

 

前の項「【活用例2】ChatGPTに大まかな文章構成案を考えてもらう」で述べたように、出力された文章構成案はそのまま使うのではなく、他社サイトの記事と似ていないか否かを必ず人の目で判断しましょう。

 

文章構成案を見出しタグとともに提案してもらう

プロンプトに「見出しタグを使って」と指定することで、出力された見出しをわかりやすく表示してくれます。

 

○○を題材にしたブログ記事の文章構成案を、見出しタグを使って考えてください。

ChatGPTに見出しタグを使って文章構成案を考えてもらう図

 

h2の見出しを指定した個数考えてもらう

指定した見出しのアイディアを複数得たい場合は、具体的な数を指定します。

 

○○に関する記事のh2の見出しを3つ作成してください。

ChatGPTにh2の見出しを指定した個数分考えてもらう図

 

上記の例では、中見出しであるh2を指定していますが、h3やh4などの小見出しを考える際にも活用できます。

 

ユーザーの検索意図に沿った文章構成案を作成してもらう

ユーザーの検索意図を詳しく命令すると、ターゲットに訴求できる文章構成案を考えてくれます

 

指定するユーザーの検索意図の例として「SEOについて知りたいマーケティング初心者」や「無理せずできるダイエット法を知りたい女性」などが挙げられます。

 

「○○を知りたい」という人が求めている記事の文章構成案を、見出しタグを使って作成してください。

ChatGPTに検索意図に合った文章構成案を提案してもらう図

 

指定したキーワードから顕在・潜在ニーズを考えてもらう

指定したキーワードで検索するユーザーの顕在ニーズ・潜在ニーズを教えてもらえます。

 

ニーズを把握することで、顕在顧客・潜在顧客のどちらに訴求するブログ記事にするか、文章構成案を作成する指標になります。

 

「○○」を検索するユーザーの顕在ニーズと潜在ニーズを教えてください。

ChatGPTに指定したユーザーの顕在ニーズと潜在ニーズを質問している図

 

コンテンツカレンダーを作成してもらう

ChatGPTは、コンテンツカレンダーの作成ができます。

コンテンツカレンダーとは、一定期間内に、どのような内容のコンテンツを作成・公開していくかの予定を立てるものです。

 

主に、SNSの投稿やブログ記事でマーケティング活動を行う際に活用できます。

 

コンテンツカレンダーを作成すると、中長期的なマーケティング戦略が可視化でき、作成するコンテンツのトピックのバランスがとりやすくなります。

 

また、つぎにどのようなコンテンツを作成するとよいかを確認できるため、投稿漏れを防ぐ役割もあります。

 

メインキーワード「○○」で、○月分のコンテンツカレンダーを作ってください。週2回、記事を公開します。

ChatGPTにコンテンツカレンダーをつくってもらう図

 

コンテンツカレンダーの作成を指示するときは、上記のように「どの期間のコンテンツカレンダーを作成するか」や「コンテンツを公開するペース」を具体的に指定しましょう。

 

【プロンプト例】文章の添削・校正をしてもらう

前の項「【活用例3】ChatGPTに執筆した文章の添削・校正をしてもらう」で述べたように、自分が執筆した文章をChatGPTに送信することで、文章の修正例を提案してくれます。

 

ただし、ChatGPTは細かな文章のニュアンスや言い回しを理解できないため、自分が考えた文章とChatGPTが提案した文章のどちらがユーザーにとって読みやすいかを見極めましょう

 

ここでは、ChatGPTに文章の添削・校正をしてもらうためのプロンプト例を紹介します。

 

文章の誤字脱字を修正してもらう

ChatGPTに文章を送信することで、誤字脱字を修正してくれます。

 

以下の文章の誤字脱字を修正してください。「本文を入力」

ChatGPTに誤字脱字を修正してもらう図

 

 

文章の推敲をしてもらう

ChatGPTに文章を送信することで、文章を推敲してくれます。

 

先に述べたように、ChatGPTが生成した文章が必ずしも正しいとは限らないため、自分の表現方法とどちらがよいか判断しましょう。

 

以下の文章を推敲してください。「本文を入力」

ChatGPTに文章の推敲をしてもらう図

 

正しい文法に修正してもらう

ChatGPTは「い抜き言葉」や「ら抜き言葉」などの文法的な間違いを修正してくれます

 

以下の文章を、正しい文法に修正してください。「本文を入力」

ChatGPTに送信した文章の誤字脱字を命令している図

 

単語を指定して文章に追加してもらう

SEO効果を狙うために、執筆した文章にキーワードを含めたい場合があります。

 

その場合、ChatGPTにキーワードを指定して修正してもらうことで、送信した文章内に自然にキーワードを入れてくれます

 

以下の文章に、「○○」を追加して修正してください。

ChatGPTに文章内に指定した単語を含めるように命令する図

 

ネガティブな文章をポジティブに変換してもらう

ChatGPTは、ネガティブな文章をポジティブな文章に変換できます。

 

以下のネガティブな文章を、ポジティブな文章に言い換えてください。

 

ChatGPTにネガティブな文章をポジティブに変換してもらう図

 

一般的に、ブログ記事全体や各見出しの締めとなる文章は、ポジティブな内容にすることが理想です。

 

ネガティブな文章で話が終わってしまうと、読み手の不安をあおるだけの記事になってしまいます。

 

そのため、ネガティブな内容であっても、締めの言葉はポジティブな文章や改善策を記載して、ユーザーをフォローしましょう。

 

【プロンプト例】本文作成を補助してもらう

ChatGPTは、ブログ記事の本文を作成する際の補助としても利用できます。

 

ここで紹介したプロンプト例を使用して本文作成に役立てる場合は出力された内容が正しいか否かファクトチェックを欠かさず行いましょう。

 

また、つじつまの合わない文章が生成された際は、自分で文章や表現を修正することになります。

 

ChatGPTに本文作成を任せる場合は、ライターとなる執筆者自身が基本的なライティングスキルを持っていることが大前提です。

 

ここでは、本文作成を補助してもらうためのプロンプト例を紹介します。

 

問題と解決策を回答してもらう

ChatGPTに指定したトピックについての問題や解決策を提案してもらうことで、本文作成に役立てられます。

 

「○○」の問題と解決策を提案してください 。

ChatGPTに指定したテーマの問題と解決策を質問している図

 

ChatGPTに問題と解決策の提案をもらう場合、注意点があります。

 

前の項「2021年以降に追加されたWEB情報は結果に反映されない」で述べたように、ChatGPTは2021年以降に起きた事件や変化を回答に反映できません

 

トピックの内容が時代の流れによって問題点が変わる社会的な事柄や、法律や条例などのたびたび改正される事柄について質問する際は、情報が最新のものか注意しましょう。

 

2つ以上の物事を比較してもらう

ChatGPTは2つ以上の物事を比較して、どのような共通点・相違点があるかを回答してくれます。

 

「○○」と「□□」を比較してください。

ChatGPTに物事を比較してもらう図

 

具体例を挙げてもらう

ChatGPTには、問題によって起こりうる弊害や、マーケティング戦略のやり方などの具体例を回答してもらえます。

 

「○○」の具体例を教えてください。

ChatGPTに具体例を質問している図

 

メリットとデメリットを挙げてもらう

ChatGPTは、指定したキーワードについてのメリットとデメリットを教えてくれます。

 

「○○」のメリットとデメリットを教えてください。

ChatGPTに物事のメリットとデメリットを質問している図

 

一般的に、メリットとデメリットはユーザーからのニーズが高い情報です。

積極的に記事内に、メリットとデメリットの項目を足しましょう。

 

よくある質問と回答例を出力してもらう

ChatGPTにキーワードに関連したよくある質問やQ&Aを質問すると、例を回答してくれます。

 

さらに、質問に対する回答例とともに出力してもらうようにすると、一般的な回答例も参考にできます。

 

「○○」についてよくある質問と回答例を教えてください。

ChatGPTによくある質問と回答を尋ねる図

 

よくある質問は、ユーザーが記事を閲覧する際に、理解度を深める補助的な役割を果たします

 

ユーザーが知りたい情報を網羅しているブログはユーザーと検索エンジンに評価されます。

 

すると、SEO効果を得られ、ブログの上位表示に役立ちます

 

炎上リスクがあるか判断してもらう

文章をSNSに投稿する前やブログ記事を公開する前にChatGPTに炎上リスクを尋ねることで、客観的な意見がもらえます

 

コンプライアンス(社会的なルール)や、リテラシーに不安がある場合は、活用すると良いでしょう。

 

以下の文章は、炎上する可能性がありますか?「本文を入力」

ChatGPTに炎上リスクがある文章か尋ねる図

 

文章を要約してもらいメタディスクリプションにする

ChatGPTは、作成した文章を要約してくれます。

文章の要約を命令する際は、200文字以内に収まるように指示すると、メタディスクリプションの文章として利用できます

 

以下の文章を200文字以内で要約してください。「本文を入力」

ChatGPTに文章を要約してもらう図

 

 

 

文章の書き方を指定して出力してもらう

ChatGPTに文章を出力してもらう際は、文章の書き方を指定できます。

 

たとえば、文章の組み立て方には「結論→理由→具体例→結論」で文章を書くPREP法や、「結論→理由→結論」で文章を書くSDS法などがあります。

 

PREP法やSDS法で文章を書くと、内容がわかりやすくなることや、説得力を持たせられます。

 

「○○」について、PREP法で教えてください。

「○○」について、SDS法で教えてください。

ChatGPTに文章の書き方としてPREP法で出力するように命令している図

 

文章のフレームワーク「SDS法とPREP法」については、下記の記事で詳しくお伝えしています。

参考文章には型がある!ライティングにおすすめのSDS法とPREP法

続きを見る

 

【プロンプト例】ブログに使用する画像について案をもらう

ChatGPTは画像の生成はできませんが、画像のイメージを文章で表現してくれます

 

そのため、ブログ記事に使用する画像についての質問ができます。

 

ここでは、ブログ記事に使用する画像について案をもらうプロンプト例を紹介します。

 

記事内にどのような図解があるとよいかを教えてもらう

作成した記事にどのような図解があると、ユーザーの理解を助けられるかを尋ねられます。

 

生成された文章を基に、画像選定や図解制作のヒントにしましょう

 

「○○」についての記事で、ユーザーの理解を深めるためにあるとよい図解はどのようなものですか?

 

ChatGPTに記事にあるとよい図解について質問している図

 

ブログ記事のサムネイル(アイキャッチ)画像の選び方を教えてもらう

ChatGPTにブログ記事に使用するサムネイル(アイキャッチ)画像の方向性や、色彩などを尋ねることで、適切な画像例を文章で提案してもらえます。

 

「○○」についての記事のサムネイル画像は、どのようなものがよいか具体的に教えてください。

ChatGPTにブログ記事のサムネイル画像について質問している図

 

ブログ記事に、サムネイル(アイキャッチ)画像を設定すると、SNSで記事が拡散されたときに画像が表示されることで、タイムライン上で人目を惹きます

 

さらに、ブログに流入したユーザーがほかの記事を閲覧しようとするとき、サムネイル画像があることで読者の目に留まりやすくなります

 

サムネイルを見るだけで、ひと目で何が書かれている記事であるか、内容やイメージに沿った画像であると、なお良いでしょう。

 

 

SEOブログ作成でおすすめChatGPT-4のプラグイン

SEOブログを書く際には、ChatGPT-4のキーワード分析やSEOパフォーマンスの追跡を支援するプラグインが役立ちます。

 

以下に、SEOブログ作成におすすめのプラグインを紹介します。

 

Yoast SEO

機能:Yoast SEOは、WordPressサイトのSEOを総合的にサポートするプラグインです。メタデータの編集、リンク構造の最適化、読みやすさのチェック、サイトマップの生成などが含まれます。また、重要なSEO指標に基づいてコンテンツの最適化をガイドする機能も備えています。

評価:Yoast SEOは、初心者から中級者のWordPressユーザーにとって非常に便利です。SEOの基本的な側面を網羅し、簡単にアクセス可能なインターフェイスを提供するため、幅広いユーザーに推奨されます。

 

SEMrush

機能:SEMrushは、SEO、コンテンツマーケティング、競合分析、PPC、SMMのための強力なツールです。キーワードリサーチ、サイトの監査、バックリンク分析、競合他社の追跡、トラフィック分析など、デジタルマーケティングの全体的な健康を監視するための機能を提供します。

評価:SEMrushは中級から上級のマーケターやSEO専門家に、とくにおすすめです。多機能性と精度の高いデータにより、競争の激しい市場での戦略を立てるのに非常に有効です。

 

Ahrefs

機能:Ahrefsは、サイトのバックリンクとSEOの分析に特化したツールです。サイトエクスプローラ、キーワードエクスプローラ、サイト監査機能、ランクトラッカー、コンテンツエクスプローラなどが含まれます。競合サイトのSEO戦略を詳細に分析し、自サイトの強化に役立てることができます。

評価:AhrefsはSEO専門家やコンテンツマーケターに高く評価されています。とくに、バックリンク分析と競合分析の精度は業界内でもトップクラスであり、詳細なSEO戦略の構築に役立ちます。

 

Moz Pro

機能:Moz Proは、キーワードリサーチ、サイト監査、ページ最適化の提案、ランク追跡、リンク構築の洞察など、包括的なSEOツールセットを提供します。これにより、SEOのさまざまな側面に対して具体的な改善提案が得られます。

評価:Moz Proは、すべてのレベルの人に適しています。とくに、初心者にとって理解しやすく、すぐに実践に移すことができるガイダンスを提供します。

 

上記で紹介したプラグインを活用することで、SEOブログを効率的に作成でき、効果を大きく向上させることができます。

 

下記の記事では、ライターにおすすめのChatGPT-4のプラグインを紹介しています。記事作成に役立つため、ぜひ参考にしてください。

こちらもCHECK

ChatGPT活用でライターの作業を効率化して品質を上げる使い方

続きを見る

 

 

AI生成コンテンツの法的および道徳的な考慮点

AI生成ツール、ChatGPTでコンテンツを使用する際には、使用するユーザーが法的および道徳的な側面についての理解をしておくことが必要です。

 

以下に、その重要な点を示します

 

著作権と知的財産権の違反に注意する

ChatGPTが作成したコンテンツには、他の作品からの抜粋や引用が含まれることがあります。

 

著作権法や知的財産権法に違反しないよう、コンテンツの出典を適切に明示し、必要に応じて出典元から許可を取得しましょう。

 

プライバシーと個人情報の保護に気を付ける

ChatGPTを使用して個人に関する情報を処理する場合、個人情報保護法や一般データ保護規則(GDPR)などの規制に準拠が必要です。

 

個人情報を適切に取り扱い、プライバシーを保護しましょう。

 

偽情報と誤情報の拡散防止にファクトチェックを行う

ChatGPTは、誤った情報や偽情報を生成する可能性があります。

 

これにより、読者や利用者が誤った情報に基づいて判断を誤ることがあります。

 

そのため、コンテンツの信頼性を確保するためにファクトチェックや精査が必要です。

 

道徳的配慮と人間の監修が不可欠である

ChatGPTを使用する際には、道徳的な配慮と人間の監修が不可欠です。

 

とくに、敏感なトピックや重要な意思決定に関連するコンテンツを生成する場合は、道徳的なガイドラインと人間の判断に従うことが重要です。

 

上述した法的および道徳的な側面に注意を払うことで、ChatGPT活用の正しい理解と適切な使用を促進することができます。

 

 

SEOブログ記事の成果を測定する方法

SEOブログ記事は公開した後が重要です。成果を測定し、必要に応じて戦略を調整します。

 

測定には、Googleサーチコンソールやアナリティクスなど使用します。

 

サーチコンソールとアナリティクスの説明図

 

サーチコンソールは、サイトに訪問する前を計測し、アナリティクスはサイトに訪問した後(サイト内)を表示します。

 

Googleアナリティクス一覧リンクバナー

 

 

目標の設定を行う

成果を測定する前に、SEOブログ記事の目標を設定します。

 

たとえば、特定のキーワードでの検索順位の向上や、特定のページへのアクセス数の増加などです。

 

Googleサーチコンソールで測定する

サーチコンソールでは、ブログやWEBサイトがGoogle検索でどのように表示され、検索結果ページでどのようにクリックされているかをモニタリングできます。

 

検索クエリごとの表示回数、クリック数、CTR(クリック率)、平均表示順位などのデータが提供されます。

 

サイトマップをサーチコンソールに提出することで、Googleにウェブサイトの構造やコンテンツを理解させることで、インデックスされるようになります。

 

検索エンジンに認識してもらうためには、インデックスされることが必要です。

 

Googleアナリティクスで測定する

Googleアナリティクスは、ブログやWEBサイトのトラフィック(WEBサイトやページに訪れるユーザーの量や流れ)や、ユーザー行動を追跡するツールです。

 

SEOブログ記事の成果を知るために、Googleアナリティクスで記事へのアクセス数や滞在時間などが見れます。

 

コンバージョンを追跡する

ユーザーが、SEOブログ記事で望ましいアクションを起こしてくれるかを追跡します。

 

たとえば、記事を読んだ後に「お問い合わせフォームの送信」や「製品の購入」などのアクションです。

 

検索結果のクリック率の測定を行う

SEOブログ記事が検索結果で、どのくらいクリックされているかを見ることが重要です。

 

クリック率の測定で、記事のタイトルやメタデータの改善が必要かどうかがわかります。

 

クリック率は、Googleのサーチコンソールで確認できます。

 

コンテンツ分析

どのようなコンテンツがユーザーに価値を提供しているかを分析します。

 

ユーザーが最も興味を持っているトピックや形式を把握し、今後のコンテンツ制作に活かします。

 

上述した方法を使って、SEOブログ記事の成果を測定し、必要に応じて戦略を調整できます。

 

 

よくある質問

ChatGPTでブログをつくる際、よくある質問について回答します。

 

質問1.ChatGPTを使ってSEOブログを書く際、具体的にどのように活用すれば良いですか?

回答:ChatGPTはSEOブログのキーワードの提案やアイデアの生成、記事の導入文や目次(見出し)の作成などに活用できます。

手順は、企画を立てキーワードリサーチを行い記事の概要を決めてから、ChatGPTに適切な指示を行い目次や文章の生成を行います。

生成された文章をベースにして人間が編集を行い記事を構築します。

 

質問2. ChatGPTを使ってSEOブログを作成する際、注意すべきポイントはありますか?

回答:生成されたコンテンツを利用する際の注意点として、以下の点に留意しましょう。

  • SEOの基本原則に則って、適切なキーワードの配置や読者が求める情報を提供すること
  • ChatGPTが提供する生成されたコンテンツをベースに、独自の視点や情報を追加して内容を充実させること
  • コンテンツの信頼性と正確性を確保するために、信頼できる情報源を確認しながら生成された内容を検証すること

「ゼロのものを1にするとき」と「最終確認」は必ず人間が行うことで、ChatGPTを活用した質の高いコンテンツが作成できます。

 

質問3. ChatGPTを利用してSEOブログを作成する際、生成されたコンテンツの利用方法はありますか?

回答: ChatGPTを使用して生成されたコンテンツは、ブログの準備段階のアイデアやベースとして活用できます。

そのうえで、生成された文章は編集や改善が必要です。

生成された内容をベースにして独自の情報を加え、編集や最適化を行い、SEOに適した形に整えてから公開しましょう。

 

 

ChatGPTと共栄しながらSEOブログ記事を作成しよう

ChatGPTは、まるで人間と話しているかのように会話ができるAIです。

 

ただし、WEB上の情報をつなぎ合わせた情報であることと、情報の鮮度に欠けている点があるため、SEOブログ記事の作成を一任することは難しいといえます。

 

オオニシ
ときには、間違った情報が生成されることもあるため、回答は参考程度にとどめ、最終的には自分でオリジナリティあるブログ記事の作成が必要になります。

 

SEOに関する知識を高めてライティングスキルを高めることで、ユーザーと検索エンジンの両者から評価が得られるブログ記事を執筆できるでしょう。

 

ChatGPTに任せる作業を見極めて、効率よくSEOブログを作成しましょう。

 

参考ChatGPTの出現でライターは不要や失業にならないが専門性は必要

続きを見る

 

ChatGPTとSEOについての基本を理解することは、オンラインマーケティングにおいて重要です。

 

さらなる詳細や実践的なガイドについては、ChatGPTのキホンを学ぶ!オンデマンド動画セミナーのご案内をご覧ください。

 

生成AIツールを活用した「ChatGPT×SEOライティングでブログをつくる方法」を詳しく知りたい方は
↓↓こちら↓↓をクリック!

 
ChatGPT×SEOライティング動画講座(登録無料)

登録していただくと、下記の動画講座への参加と特典を受け取っていただけます

【3日で学ぶ!動画講座・INDEX】
  • Day.1:ChatGPTの概要とキホンを学ぶ(14分)
  • Day.2:AIツールとChatGPTで大幅に効率化しながら記事作成!(20分)
  • Day.3:AIツールを極める!SEOライティングの概要を学ぶ(21分)

【登録特典ガイドブック】

  • WEBマーケティング&SEO基礎編ガイドブック(全39頁)
  • 最短で文章力を磨くライティング基礎・ガイドブック(全28頁)
  • WEB集客SEOチェック表(全5ページ・12項目)

未経験者・初心者にもわかりやすい! 見込み客のニーズをキャッチして集客メディアをつくるメソッド!
↓登録は下記のボタンをクリック↓

 ワーククリエーション社長ブログバナー 

SEOコンサルタント・ライティングコーチ@オオニシヨウコ

22歳で結婚後、子どもが4歳と3歳のときに28歳で離婚。一家の大黒柱として、シングルマザーとして子ども2人を育て上げた自身の人生経験から、2015年に『女性が子育てや家族の介護をしながらも、働き続けられて収入が得られる環境づくり』を理念に会社を創立。WEBメディア制作事業・ライティング教育事業を立ち上げる。

ライティング教育事業にて、300人以上のプロライターを輩出しながら、編集プロダクション事業を運営し、子育て中の女性に働く場所を提供。同時に、200人以上の事業主・経営者の方にライティングの指導を行う。

SEOとライティングスキルをフルに活かし、企業の集客・売上、個人の方の就労に貢献しながら、月商7桁・年商8桁を達成。わずか30日でGoogleの検索結果で上位表示や500以上のキーワードで1~3位を獲得するSEOライティングには、同業他社からも定評あり。

現在は、これまで培ったSEOのノウハウとライティングによる実績をフルに活かして、個人事業主や中小企業を対象に『集客できるWEBサイト』の制作やコンテンツマーケティングのサポートおよびライティング指導を行っている。

-ChatGPT, SEOライティング, ブログコンテンツ